経営コンサルタントの竹内謙礼の公式ブログ。

  1. 竹内謙礼の公式メルマガ
  2. 158 view

コロナ禍で見直さなくてはいけない「根っこ」の課題とは

こんにちは。いろはの竹内です。

 

毎年、夏が来ると思い出すのが日テレの「24時間テレビ」です。

 

次女がまだ小学生の頃、

24時間テレビの放送が近づくと、ソワソワし始めて、

いざ始まると、

 

「24時間ぶっ続けでテレビみるぞー!」

 

と張り切ってテレビの前に陣取るのが、

竹内家の夏休みの風物詩になっていたんですね。

 

ええ、今振り返れば、

 

少し変わった子だったんだと思います。

 

このあたりからですね。子育てに一抹の不安を抱えるようになったのは。

 

で、なぜかテレビ観戦に私も付き合わされるのが恒例で、

夜中の3時ごろ、うとうとし始めると、

ビシバシと頬を叩かれて「眠るな!」と怒られ、

明け方になると、「外に遊びに行くぞ!」と言われ、

車が一台も走っていない道路に立って、

 

「ほれ、早く記念写真を撮れ」

 

と謎の指示が毎年飛び、

その後、公園に移動して全力で遊び、

そのあとに徹夜状態でラジオ体操に出るというのが、

竹内家の夏休みの風物詩になっていました。

 

今振り返れば、

 

かなり変わった子だったんだと思います。

 

で、家に帰って、朝食の準備をしている母親に向かって、

「ママ―、私、朝まで起きていたんだよー! すごいでしょー!」

って自慢して、その直後に爆睡するというのが、

次女の夏休みのルーティンになっていました。

 

そんな次女も、今年で22歳。大学4年生です。

 

もう24時間テレビにも興味はありませんし、

父親にも興味がありません。

 

でも、今になって振り返れば、大騒ぎしていたわりには、

 

実質8時間ぐらいしかテレビを観ていなかったのではないでしょうか。(朝まで次女テレビ♪)

 

というわけで。

 

本日のメルマガは、

『商売の「センス」と「努力」』

についてお話をひとつ。

 

■募集■ オンラインセミナー
『2021年後半のコロナ禍の販売戦略』
8月25日 19:00~20:30
https://www.b-nest.jp/marketing/21_04.html

 

 

オリンピックで「金」を取るための条件

 

商売は、「センス」と「努力」の組み合わせで成立します。

お金を稼ぐ「センス」と、お金を稼ぐ「努力」が2つ重なり合って、

そこで初めて「お金を稼げる」という状態が整います。

 

このあたりの考え方は、スポーツでも同じです。

「センス」のある人が、人一倍の「努力」をすることで、

競技の中で頂点を取ることができるわけです。

 

さらに、お金儲けの「センス」というのは、

「商品」や「サービス」を意味します。

 

取扱っている商品やサービスが、

利益が薄かったり、ライバルが多かったりすると、

その時点で、お金儲けは不可能になります。

 

例えるのなら、運動神経が悪く、スポーツが嫌いな人に、

「オリンピックに出ろ!」と無理やり言っているようなものです。

 

一方で、お金儲けの「努力」というのは、

「販促」を意味します。

 

集客の広告戦略やホームページの活用、POPやセールスレター、接客やSNSなど、

これらの活動によっては、売上はどんどん右肩上がりで伸ばせるので、

「努力」して頑張れる人が、売上や利益を作っていけます。

 

こちらも例えるのなら、オリンピックに出るために、

日々、身体を鍛えて、持久力をつけて、実践を繰り返すことが、

いわゆるスポーツでいう「努力」の意味になるんだと思います。

 

このようにスポーツも商売も、

同じように「センス」と「努力」の組み合わせで、成立しているものなのです。

 

いいですか?

 

何事にも言えることなんですが、結果を出せる人というのは、

必ず「センス」と「努力」の両方を兼ね備えた人達です。

 

つまり、商売では、「商品力」と「販促」の両方が必要であり、

そのどちらかが欠けてしまっても、商売はうまくいかないんです。

 

さらに、「センス」がない人が「努力」をしても、

結果が出せないということは、

実は多くの人の周知している事実だったりします。

 

先ほどのスポーツの事例でいえば、

運動神経が悪く、スポーツが嫌いな人に、

努力させて、無理やりオリンピックに出させるようなことは、

やっぱり効率が悪く、誰もが辛い思いをする作業になります。

 

他にも、勉強が苦手な人を東大に行かせようとしたり、

歌が嫌いな人を歌手にさせようとしたり、

「やってみないと分からないこと」というのは、

世の中にたくさんあるかもしれませんが、

何年かやってみて「無理なんじゃないか」と分かっていることを、

ひたすらやり続けることほど、結果が出ないことはないんです。

 

つまり、「センス」である「商品」や「サービス」を選ぶことを間違えてしまうと、

頑張っている販促の「努力」が無駄になってしまうので、

商売の場合、もとにある「センス」から見直す必要が大いにあったりするんです。

 

さてさて。

 

みなさんのビジネスには、「センス」がありますか?

実際、商材やサービスを見直しただけで、

爆発的に売上を伸ばしたビジネスの事例はたくさんあります。

 

要は「センス」を見直して、その人にとって的確な「努力」をすることが、

売上アップの最短の改善策になります。

 

長年、つきあってきた商品やサービスを、

いきなり辞めてしまうことほど辛いことはありませんが、

コロナ禍で時代の流れが大きく変わる今、ビジネスの根本から見直す覚悟は、

経営者として持っておく必要はあると思いますよ。

 

■「センス」の見直し、改善、相談に乗ります。
月額5000円で専属の経営コンサルタントを。
『タケウチ商売繁盛研究会』電話相談、メール相談
https://e-iroha.com/kenkyukai

編集後記

8月25日に静岡市産業交流センター主催の、

無料オンラインセミナーを開催します。

 

【全国参加OK】『2021年後半のコロナ禍の販売戦略』
8月25日 19:00~20:30
https://www.b-nest.jp/marketing/21_04.html

 

2021年の後半の消費の行方は、

「ワクチン接種の進み具合」

「感染状況」

「オリンピック後の雰囲気」

この3つがカギを握っていると思います。

 

ただ、メディアや世論の様子を見ると、

オリンピック開催への反対派が多かっただけに、

全体的にネガティブなムードを引きずられるようになれば、

2021年後半は、やや厳しい消費になっていくかもしれません。

 

一方で、地域密着型のビジネスや、

ネットを活用した販促は活況になると思うので、

そのあたりは「努力」で賄える範囲内になるのではないかと思います。

 

2021年から2022にかけての予測もひっくるめて、

全国のみなさんに商売に役立つ情報が届けられればと思いますので

ぜひぜひ、25日のセミナーのご参加、よろしくお願いします!

 

■『2021年後半のコロナ禍の販売戦略』
8月25日 19:00~20:30
https://www.b-nest.jp/marketing/21_04.html

 

※メルマガの内容は出典とURLを明記していただけ
れば流用、拡散は大歓迎です。

※あれ? メルマガが届かなくなったぞ?
もう一度、メールアドレスを登録してみましょう!
https://e-iroha.com/melmaga/mailmagazine2.htm

竹内謙礼の公式メルマガの最近記事

  1. 凡人がコロナ禍で勝ち抜くたったひとつの方法

  2. なぜ、セールで安売りする人はバカにされるのか?

  3. 「100点」よりも「80点」の商品が売れる理由

  4. なぜ、性格が悪い人ほど仕事ができるのか?

  5. なぜ、あの人の話はいつも「スベる」のか?

関連記事

楽天市場等のネットビジネスで
多くの受賞履歴
あり。

大企業、中小企業問わず、実店舗ビジネス、ネットビジネスのアドバイスを行なう経営コンサルタント。有限会社いろは代表取締役。大学卒業後、雑誌編集者を経て観光牧場の企画広報に携わる。楽天市場等で数多くの優秀賞を受賞。現在は雑誌や新聞に連載を持つ傍ら、全国の商工会議所や企業等でセミナー活動を行い、「タケウチ商売繁盛研究会」の主宰として、多くの経営者や起業家に対して低料金の会員制コンサルティング事業を積極的に行っている。特にキャッチコピーによる販促戦略、ネットビジネスのコンサルティングには、多くの実績を持つ。著書に『売り上げがドカンとあがるキャッチコピーの作り方』(日本経済新聞社)、『御社のホームページがダメな理由』(中経出版)、「会計天国」(PHP研究所)ほか、多数。
竹内謙礼の無料動画セミナー 女子大生の看板サンプルブログ 羽沢横浜国大駅のブログ
経営コンサルトによる記事を検索してご覧頂けます!
アーカイブ
PAGE TOP