経営コンサルタントの竹内謙礼の公式ブログ。

  1. 竹内謙礼の公式メルマガ
  2. 86 view

コロナ禍の「敬老の日」を検索キーワードから読み解く

こんにちは。いろはの竹内です。

 

先日、愛犬(トイプードル)を連れて、

千葉県の九十九里浜に散歩に行ってきたんですね。

 

テクテクと浜辺を歩いていると、

背中やら腕やらに、いろいろな彫り物をされている、

めちゃくちゃ怖いお兄さんの集団がやってきました。

 

「おーっ、かわいいワンちゃんじゃねぇか!」

 

ええ、人は見た目で判断してはいけませんが、

 

逆らったら痛い目に合うことが3秒で分かるぐらいの相手でした。

 

しかも、うちの犬は飼い主に似て非常に頭が悪く、

彫り物のお兄さんが近づいてくるなり、

 

「がるるるうるるっ!」

 

と歯をむき出してにして唸り始めました。

 

日頃のしつけの悪さというのは、こういう時に出るんですね。

頼むから尻尾を振ってくれよと心底思いました。

 

「おー、威勢のいいワンちゃんだなぁ」

「があるるるうるっ!」

「おおっ、よしよし」

「がるるるるるうっ!」

「そんな興奮すんなって」

「がるるるるるうるるるるうるううううっ!」

「どうした? 俺が怖いか?」

 

と言った時に、心の底で、

 

「そりゃ怖いだろ」

 

と、思いましたが、その言葉をぐっと飲みこんで、

「はははっ」と笑ってごまかしました。

 

その後、一通りスキンシップをして、

怖いお兄様方は、最後に「ばいばーい」と愛犬に手を振ってくれて、

一件落着で、ことなきを得ました。

 

いやー、千葉の海って素敵ですね(任侠トイプードル♪)

 

ということで、本日のメルマガは、

ネットショップの『検索キーワードで分かること』についてのお話を一つ。

 

明日、7月20日(火)の16:00より、

SEO調査ツール「ミエルカ」と合同オンラインセミナーを行うのですが、

セミナー終了後のアンケートに答えると、なんと! ミエルカのスタッフさんが、

ネットショップの検索キーワードについて、

 

一緒に検証してくれるサービスがついてくるそうです!

 

これは絶対に見逃してはいけない特典ですよ。

 

なんたってSEOのアドバイスって、

そう簡単に受けられる機会はないですからね。

 

今回のオンラインセミナーは、アンケートに答えるだけでも、

十分すぎるぐらいの価値はあると思いますよ!

 

本日、19日(月)お昼ごろ募集締め切り予定!
★7月20日 16:00~ ≪無料オンラインセミナー開催≫
SEOを駆使して新規顧客を獲得する方法
https://mieruca.satori.site/iroha_ec_seminar

 

 

「敬老の日」の検索キーワードを考察する

「ミエルカ」の最大の強みは、

『サジェストネットワーク』というキーワードを可視化できる機能なんですね。

https://mieru-ca.com/

 

この機能をイメージしてもらうために、

私のnoteにサジェストネットワークの画像をアップしてみました。

考察したキーワードは『敬老の日』です。

 

画像はこちら!「ミエルカの凄さ」
https://note.com/chibamiyagi/n/n3a8fe9440a7e

 

ご覧の通り「敬老の日」というキーワードを中心に、

どのような言葉が調べられているのか、一目で分かりますよね。

 

たとえば、「敬老の日」で太い矢印で繋がっているところに

「花」というキーワードがありますが、

そこからさらに繋がっているキーワードを見ると、

 

「鉢植え」

「お菓子」

 

という言葉があることが分かります。

 

つまり、これらのキーワードの需要があるということは、

敬老の日のギフト品で、

 

『鉢植えの花とお菓子がセットになったギフトが売れる』

 

という、だいたいの予測を立てることが可能になります。

 

あと、面白い傾向としては、

「敬老の日」に「英語」というキーワードをつなげて調べている人が多い点です。

 

「スペル」「表記」「メッセージ」という言葉を調べていると言うことは、

敬老の日に「メッセージカード」をつけたい人が多いことが予測できます。

 

英語表記でかっこいいデザインのカードを求めている可能性があるので、

敬老の日のギフトカードは、ちょっと凝った欧米風のデザインを用意してあげると、

お客様からの引きが強いかもしれません。

 

一方、ひとつ気になった点としては、

「敬老の日プレンゼント」のキーワードのところで、

「安い」「手作り」「百均」などの言葉が、

チラチラと見受けられるところです。

 

母の日、父の日に比べて、敬老の日は客単価が低いですから、

あまり高価格帯のギフト品は狙わないほうがいいと思います。

 

ただ、「孫」「幼稚園」「保育園」の言葉が見受けられるので、

まだコロナ禍が収束していないことを考えれば、

小さなお子様向けの「敬老の日手作りギフト」みたいなセットものの需要は、

今年の敬老の日は売れるかもしれません。

 

いいですか?

 

ネットショップの場合、キーワードは商品開発のヒントになるだけではなく、

戦略のヒントにもなるんですね。

 

例えば、ミエルカの場合、月間の検索数も追跡できるのですが、

「母の日」のキーワードは、

 

「母の日」の前月の4月=365万回

「母の日」の当月の5月=997万回

 

と、前月と当月で約2.7倍に検索回数が伸びていることが分かります。

 

一方、「敬老の日」のキーワードは、

 

「敬老の日」の前月の8月=22万回

「敬老の日」の当月の9月=545万回

 

と、全体のボリューム数は「母の日」よりも少ないですが、

前月と当月で24倍まで検索数が急増しています。

 

つまり。

 

「母の日」のネット広告の戦略は、4月から5月までのロングで戦って、

「敬老の日」のネット広告の戦略は、駆け込み需要が多いので、

9月だけの短期決戦で勝負したほうが、

少ない広告費で見込み客を取り込むことが可能になります。

 

しかも、「母の日」のほうが市場のボリュームは圧倒的に大きいのですが、

案外、当月の検索ボリュームを見てみると、

 

 

母の日「997万回」 VS 敬老の日「545万回」

 

と、半分ぐらいのマーケットがあるので、

バカにできない市場規模であることが分かります。

 

もちろん、「母の日」は月の前半にあり、

「敬老の日」は月の後半にあるので、

その点、検索ボリュームが伸びやすい状況ではあります。

 

また、「母の日」に比べて、「敬老の日」のほうが、

 

「何をプレゼントすればいいのか分からない」

 

という悩みが生じていることも、

検索ボリュームが大きくなってしまう要因ではあると思います。

 

でも、それらをすべて考慮した上で、

このような「何を買っていいのか分からない」系のギフト品は、

売り手側から「これがいいですよ!」と先に断言してしまうページつくりをしたほうが、

お客さんは信じ込んで、買いやすくなるので、

「母の日」のギフト品よりも、「敬老の日」のギフト品のほうが、

お客さんを洗脳して「買わせやすい」という一面はあると思います。

 

さてさて。

 

「敬老の日」のキーワードの需要から、売り方を講じてみましたが、

今後、ネットビジネスに力を入れていくのであれば、

最低限、ミエルカのようなツールを使って、

こまめにマーケティングの戦略は立てていく必要はあると思います

 

SEOのキーワードについて、ミエルカさんと一緒に、

少しでもお役に立てるお話がみなさんにお届けできればと思いますので、

ぜひ、オンラインセミナーにご参加していただければと思います!

 

本日、19日(月)お昼ごろ募集締め切り予定!
★7月20日 16:00~ ≪無料オンラインセミナー開催≫
SEOを駆使して新規顧客を獲得する方法
https://mieruca.satori.site/iroha_ec_seminar

編集後記

「キーワード」を通じて、

ネットショップの方向性を客観的に見直すことは、

今後の戦略を立てる上で、大きなプラスになると思います。

 

ビジネスに関しては、

多くの人が「思い込み」でいろいろ考えてしまうところがあるので、

第三者の意見を聞きながら、SEOの最新ツールを駆使して、

自社のキーワードを考察して、新たな戦略を立てることをお勧めします。

 

1年間で、自社に流入するキーワードは3割ぐらい入れ替わりますので、

今回のミエルカのセミナーに参加して、自社のキーワードを振り返ってみると、

 

「えっ、こんなキーワードで調べられてたの?」

 

という意外な掘り出し物の言葉が見つかるかもしれません。

 

セミナー終了後のアンケートに答えて、

ぜひ、検索キーワードについて、いろいろ考察してみてください。

 

残念ながら、本日19日のお昼ごろには

セミナーの受付を締め切ってしまいますので、

午前中にこのメルマガを読んで、「聴いてみたい!」と思われた方は、

お早目の申し込みのほど、よろしくお願いします!

 

(間に合わなかった人、本当にごめんなさい!)

 

19日のお昼ごろには締め切ります。
★7月20日 16:00~ ≪無料オンラインセミナー開催≫
SEOを駆使して新規顧客を獲得する方法
https://mieruca.satori.site/iroha_ec_seminar

 

■月額5000円で専属の経営コンサルタントを。
『タケウチ商売繁盛研究会』電話相談、メール相談
https://e-iroha.com/kenkyukai

 

※メルマガの内容は出典とURLを明記していただけ
れば流用、拡散は大歓迎です。

※あれ? メルマガが届かなくなったぞ?
もう一度、メールアドレスを登録してみましょう!
https://e-iroha.com/melmaga/mailmagazine2.htm

竹内謙礼の公式メルマガの最近記事

  1. コロナ禍で見直さなくてはいけない「根っこ」の課題とは

  2. コロナ禍の「敬老の日」を検索キーワードから読み解く

  3. コロナ収束後に売れる「有意義な時間の過ごし方」

  4. 1位が取れる「売れるキーワード」の見つけ方

  5. 「ファン客作り=SNS」が間違っている理由

関連記事

楽天市場等のネットビジネスで
多くの受賞履歴
あり。

大企業、中小企業問わず、実店舗ビジネス、ネットビジネスのアドバイスを行なう経営コンサルタント。有限会社いろは代表取締役。大学卒業後、雑誌編集者を経て観光牧場の企画広報に携わる。楽天市場等で数多くの優秀賞を受賞。現在は雑誌や新聞に連載を持つ傍ら、全国の商工会議所や企業等でセミナー活動を行い、「タケウチ商売繁盛研究会」の主宰として、多くの経営者や起業家に対して低料金の会員制コンサルティング事業を積極的に行っている。特にキャッチコピーによる販促戦略、ネットビジネスのコンサルティングには、多くの実績を持つ。著書に『売り上げがドカンとあがるキャッチコピーの作り方』(日本経済新聞社)、『御社のホームページがダメな理由』(中経出版)、「会計天国」(PHP研究所)ほか、多数。
竹内謙礼の無料動画セミナー 女子大生の看板サンプルブログ 羽沢横浜国大駅のブログ
経営コンサルトによる記事を検索してご覧頂けます!
アーカイブ
PAGE TOP