経営コンサルタントの竹内謙礼の公式ブログ。

  1. 竹内謙礼の公式メルマガ
  2. 194 view

失敗する人の2つの特徴

こんにちは。いろはの竹内です。

 

先日、妻が「子どもの頃に印象に残った言葉があってね」と、

真面目な顔をして話し始めたんですね。

 

「私、この言葉はよく覚えているんだ」

何かの格言でしょうか?

 

少なくとも、妻の人生を大きく変えるような、

とても大事な言葉なんだと思います。

 

「なんて言葉だい?」

 

「『うん、小鳥屋さん!』って言葉」

 

「は?」

「『うん、小鳥屋さん』って、区切るところを変えるとね」

「・・・」

 

「『うんこ取り屋さん』になるじゃん」

 

「・・・」

「凄いよね」

「・・・なにが?」

「一瞬で小鳥屋がうんこ取り屋になるんだよ」

「それが・・・子どもの頃に印象に残った言葉なの?」

 

「そうだよ」

 

ふー。

 

妻は今日も元気です(うん、コンサルタント屋さん!)

 

ということで、本日のメルマガは、

「諦めが早い人」

というお話しをひとつ。

 

 

最後の最後まで諦めてはいけない。

お金儲けが下手な人は、

「諦めるのが早い」という特徴があります。

 

これは売れないだろう。

これは失敗するだろう。

これはやるだけ無駄だろう。

 

諦めるのが早いと、挑戦することも少なくなるので、

結果、お金儲けのチャンスを次々に失ってしまい、

お金の巡りが悪くなってしまうのです。

 

しかも、「諦めるのが早い人」は、

「頑固」という共通点もあります。

 

頑固だから、決めつけるのが早いし、

頑固だから、新しいビジネスチャンスを受け入れないし、

頑固だから、新しい売り方を認めようとしない。

 

つまり、諦めるのが早い人は、頑固でもあるので、

考え方が変わらず、人の意見も聞かないので、

時代の流れに取り残されていってしまうのです。

 

いいですか?

 

スポーツも、勉強も、恋愛も、金儲けも、

先がどうなるか分からない以上、

1%の可能性を100%に引き上げるために

諦めてはいけないし、頑固になってはいけないんですね。

 

しかし、「諦めない」という行動は、

 

努力もしなくてはいけないし、

頑張らなくてはいけないし、

頭も使わなくてはいけないので、

 

実際にやってみると非常に大変なことなので、

ほとんどの人が「諦める」という道を選んでしまうのです。

 

できることなら、何かと理由をつけて、

「そんなやり方はダメだ」と自分を正当化して諦めた方が、

精神的にも肉体的にも楽だったりしますからね。

 

また、人は頑固になった方が、自分の肯定感が上がりますし、

「自分は正しいんだ」という安心感が生まれるので、

辛い気持ちと向き合わなくて済むことができます。

 

一方、「柔軟な考えを持つ」というのは、

自分の考えを否定しなくてはいけないし、

自分の負けを認めなくてはいけないので、

実は精神的にも、非常にストレスのかかる思考法だったりするわけです。

 

結局のところ、諦めるのが早く、頑固な人は、

自分のかわいさあまりで、現実から目を背けてしますので、

いつまで経っても、新しい考えとビジネスチャンスに出会えないから、

お金との巡り合わせも悪くなってしまうんだと思います。

 

さてさて。

 

みなさんは、諦めるのが早くて、頑固ですか?

それとも、諦めない性格で、柔軟な考えを持っている人ですか?

 

少し怖いのは、多くの人が、

 

「自分は諦めない性格で、柔軟な考えを持っている人間だ」

 

と、勘違いしている点です。

 

ビジネスで成功しているのが「一握り」という現状を考えると、

やはり、世の中には諦めが早く、

頑固な人のほうが圧倒的に多いんだと思います。

 

ビジネスで成功するために必要なスキルは、

1%でもお金儲けにつながる話に食らいついて、

諦めずに追いかけられる「覚悟」なんだと思いますよ。

 

■1%でも儲かる「可能性」をカレンダーに詰め込みました。
https://e-iroha.com/calendar2023/

 

 

編集後記

にわかでサッカーのW杯を観ていて、

「なんで欧州の国はサッカーが強いんだ?」と思い、

ネットで調べたところ、

 

「欧州はサッカーにお金が集まるから」

という、非常にシンプルな答えが出ていたんですね。

 

なるほど、考えてみたら、野球が強いアメリカや日本、韓国は、

そこまでサッカーが強くないのは、

「野球」にお金と優秀な選手が流れてしまうことが、

少しは影響しているのかもしれません。

 

でも、そう考えると、野球もサッカーも、

そこそこ世界大会で頑張っている日本って、

なかなかスポーツでオールマイティな国なんだと思ったりもしてしまいます。

 

来年は、WBC、女子サッカー、ラグビーW杯など、

スポーツが目白押しの1年になるので、

消費も少し明るい年になるかもしれませんね。

 

2023年はいろいろなビジネスチャンスが転がっていると思いますよ。

 

■「覚悟」を持った人だけが手に入れています。
2023年の「予測カレンダー」
https://e-iroha.com/calendar2023/

 

【参加者募集】
【函館】2023年1月20日開催
『売上につながるコロナ禍のチラシ・POP・SNSを使った売上アップ術』
https://www.techakodate.or.jp/org/kensyukai/sougyo-skillup20230120.pdf

 

※メルマガの内容は出典とURLを明記していただけ
れば流用、拡散は大歓迎です。

※あれ? メルマガが届かなくなったぞ?
もう一度、メールアドレスを登録してみましょう!
https://e-iroha.com/melmaga/mailmagazine2.htm

竹内謙礼の公式メルマガの最近記事

  1. 8割の会社が「PDCA」を回せない理由

  2. 子どもの入社式の親を呼ぶ会社は正しいのか?

  3. なぜ「コンプレックス」は生まれるのか?

  4. 初心者は今すぐ「Yahoo!ショッピング」を始めなさい

  5. なぜ、ダメな会社は「売り方」を間違えるのか?

関連記事

楽天市場等のネットビジネスで
多くの受賞履歴
あり。

大企業、中小企業問わず、実店舗ビジネス、ネットビジネスのアドバイスを行なう経営コンサルタント。有限会社いろは代表取締役。大学卒業後、雑誌編集者を経て観光牧場の企画広報に携わる。楽天市場等で数多くの優秀賞を受賞。現在は雑誌や新聞に連載を持つ傍ら、全国の商工会議所や企業等でセミナー活動を行い、「タケウチ商売繁盛研究会」の主宰として、多くの経営者や起業家に対して低料金の会員制コンサルティング事業を積極的に行っている。特にキャッチコピーによる販促戦略、ネットビジネスのコンサルティングには、多くの実績を持つ。著書に『売り上げがドカンとあがるキャッチコピーの作り方』(日本経済新聞社)、『御社のホームページがダメな理由』(中経出版)、「会計天国」(PHP研究所)ほか、多数。
竹内謙礼の無料動画セミナー 女子大生の看板サンプルブログ 羽沢横浜国大駅のブログ
経営コンサルトによる記事を検索してご覧頂けます!
アーカイブ
PAGE TOP