経営コンサルタントの竹内謙礼の公式ブログ。

  1. 竹内謙礼の公式メルマガ
  2. 101 view

「いいからやってみろ」で成功する時代ではなくなった

こんにちは。いろはの竹内です。

先日、タケウチ商売繁盛研究会の企業様から、

「うちの会社のフィッシングサイトが見つかった!」

と緊急の連絡を受けたんですね。

こりゃ大変だと思い、早速、警視庁のホームページを調べたところ、

下記のサイトにたどり着きました。

『フィッシングサイト110番』
https://www.npa.go.jp/cyber/policy/phishing/phishing110.htm

なんですかね、この怪しいサイトは・・・。

まるでフィッシングサイトそのものです。

どう見ても「私、日本語覚えて3日目です」的な

危うい香りがプンプンします。

一応、ページには、

『フィッシングをしている偽のホームページを見つけた!
 → ホームページのアドレスを教えてください。』

と書いているので、

ひとまず、このページを警察に報告したいと思います(本来の目的はどうした?)

ということで。

本日のメルマガは、『いいからやってみろ』が通用しなくなったという、

ワンマン社長にはちょっと耳の痛い話をひとつ。

■上司・同僚にできない相談ってありますよね?
「タケウチ商売繁盛研究会」
https://e-iroha.com/kenkyukai/index.html

強引にねじ伏せて成功する時代ではなくなった

みなさんご存じの通り、

楽天市場が携帯事業への参入を延期しました。

https://ascii.jp/elem/000/001/935/1935559/

10月1日からスタートする予定でしたが、

多くの人が「さすがに無理なんじゃないか」と思っている中、

「無理でした、ごめんなさい」という現実をつきつけられてしまい、

楽天市場に限らず、日本中のワンマン経営者の、

「いいからやってみろ」的な体育会系のノリで事業を進めるやり方は、

だんだん時代に合わなくなってきているんじゃないかと

ついつい思ってしまうところがあります。

今までは、社長の思いつきで、いきなり新しい事業が立ち上がり、

社員たちが四苦八苦しながら、なんとか苦難を乗り越えて、

「やってみたらできるもんだ」という達成感のもと

中小企業は数々の目標を達成することができました。

しかし、最近は、そのようなノリで事業をやるのは、

労働環境的にも市場的にも、かなり難しくなっているところがあります。

最大の問題は「働き方改革」です。

今までは、どんなに困難な仕事も、日付が変わるまで仕事をすれば、

なんとかやり切ることができました。

つまり、人間の限界は、時間でカバーすることができていたのです。

しかし、これからは、法律的にそのようなことができなくなった以上、

今まで体育会系のノリで目標を達成してきた企業は、

その成功体験をバッサリと捨てていく必要があるんだと思います。

さらに、従来までは、市場の構造が非常にシンプルだったので、

力任せに一点突破で事業を切り開くことができていました。

しかし、最近は、消費者のニーズが分散化したことに加えて、

メディアが複数に分かれてしまっていることもあるため、

リサーチやテストマーケティングを徹底して繰り返さなければ、

販促の「正解」が見えづらくなっているところがあり、

以前よりも事業を軌道に乗せることが難しくなっているところがあります。

いいですか?

長引く消費不況で、お客様がモノを買わなくなってしまったことで、

戦略には「長期化」がつきまというようになってしまいました。

DM、看板、折込チラシ、接客、ブログ、インスタグラム等、

すべて長期的に戦略を考えて、5年、10年戦い抜くための計画を立てて、

挫折しないように、緻密なやり方を展開していかなければ、

お客様に商品を買ってもらうことができなくなってしまったのです。

だから、そう簡単に事業を放り出さないためにも、

計画は緻密に考えなくてはいけないし、

うまくいかなくなった時のための、

第二、第三のリカバー策をスタンバイしていなければ、

今の時代、事業を成功に導くことはできないんだと思います。

さてさて。

みなさんの職場では、今でも「いいからやってみろ」と、

トップダウンで仕事を振られていますか?

社員にストレスを与えて、高い壁を突破させていけるほど、

今の時代の販促は簡単ではありませんよ。

「いいからやってみろ」の前に、

必ず「いいから考えてみろ」の時間を設けなければ、

従業員も質の高い成功体験を積むことはできませんからね。

■新規事業を始める前にコンサルタントの意見を聞いてみては?
「タケウチ商売繁盛研究会」
https://e-iroha.com/kenkyukai/index.html

編集後記

台風15号、台風19号、台風21号の影響で、

私の住む千葉県は、とんでもない状況になっています。

今までは自分がボランティアとして、人を助けに行く立場だったんですが、

今回はその立場が逆転して、いろいろな人から心配される側になってしまい、

「被災地の人達は、こういう心境になるんだなぁ」

と、ひしひしと感じているところです。

今、千葉県内で最も被害が深刻なのが「茂原市」です。

もし、ボランティアに行ってみたい人がいれば、

下記の茂原市社会福祉協議会のページに詳細が記されていますので、

ぜひ、ご参加いただければと思います。
http://www.mobara-shakyo.or.jp/info_detail.php?id=7406

「自分が行っても役に立たないかも」と心配される方もいると思いますが、

実際にボランティアに参加してみると、思いのほか簡単な作業ばかりですし、

終わった後は絶対に「やってよかった!」という気持ちになると思います。

私も11月になったら被災地に駆けつけようと思っています。

ぜひ、みなさんの善意を、

少しだけおすそ分けしてもらえれば嬉しく思います!

※メルマガの内容は出典とURLを明記していただけ
れば流用、拡散は大歓迎です。

※あれ? メルマガが届かなくなったぞ?
もう一度、メールアドレスを登録してみましょう!
https://e-iroha.com/melmaga/mailmagazine2.htm

竹内謙礼の公式メルマガの最近記事

  1. 一部内容にご指摘があったので追加説明を。

  2. 特別版/店を潰した理由

  3. 【ボカンと売れる】30代の転職と独立は止めたほうがいい理由

  4. 名刺で自己アピールをする人は、なぜ仕事ができないのか。

  5. 2020年は「広報」の使い方で売上が決まります。

関連記事

楽天市場等のネットビジネスで
多くの受賞履歴
あり。

大企業、中小企業問わず、実店舗ビジネス、ネットビジネスのアドバイスを行なう経営コンサルタント。有限会社いろは代表取締役。大学卒業後、雑誌編集者を経て観光牧場の企画広報に携わる。楽天市場等で数多くの優秀賞を受賞。現在は雑誌や新聞に連載を持つ傍ら、全国の商工会議所や企業等でセミナー活動を行い、「タケウチ商売繁盛研究会」の主宰として、多くの経営者や起業家に対して低料金の会員制コンサルティング事業を積極的に行っている。特にキャッチコピーによる販促戦略、ネットビジネスのコンサルティングには、多くの実績を持つ。著書に『売り上げがドカンとあがるキャッチコピーの作り方』(日本経済新聞社)、『御社のホームページがダメな理由』(中経出版)、「会計天国」(PHP研究所)ほか、多数。
竹内謙礼の無料動画セミナー 女子大生の看板サンプルブログ 羽沢横浜国大駅のブログ
経営コンサルトによる記事を検索してご覧頂けます!
アーカイブ
PAGE TOP