経営コンサルタントの竹内謙礼の公式ブログ。

  1. 竹内謙礼の公式メルマガ
  2. 80 view

経営コンサルタントは本当に「経営」が好きなのか?

こんにちは。いろはの竹内です。

 

書き出す時に「はっ!」と気づいたんですが、

 

このメルマガ、今回で発行「900号」になるんですね。

 

号数を更新するのを忘れたり、間違ったりもしているので、

900号キッチリ出しているとは、

正確には言えないところもあるんですが、

よくこんな長期間に渡ってメルマガを書き続けることができたなぁと、

自分ながら、あらためて感心してしまいます。

 

毎日のように「なに書こうかなぁ」と頭を悩まし、

クソ忙しい中、執筆に2~3時間も費やして、

メルマガを配信するためのシステム管理費も毎月支払っていますから、

私の業務の中では、メルマガを書くというのは、

まったくコスパの合わない仕事のひとつだったりします。

 

それでも、900回、17年間もメルマガを出し続けられたということは、

たぶん、メルマガを書くこと自体が

 

「好き」なんだと思います。

 

今回は、そのあたりの仕事の「好き」を

ちょっと掘り下げてお話したいと思います。

 

【竹内謙礼のYouTubeチャンネル】
■原材料費、人件費の高騰でお悩みの方は必見!!
『値上げする方法』
https://www.youtube.com/watch?v=Nyfb4cRm3PA

お金が好きか? 経営が好きか?

かなり矛盾したことを言いますが、

商売は「儲からなくても続けられる」を見つけることが、

お金儲けへの第一歩だと思うんですね。

 

趣味を仕事にしている人や、

こだわりを持っている職人さんや、

伝統のある企業の社長さんなど、

 

「儲からなくてもいいから、これをやりたい!」

 

という仕事を見つけられた人は、

 

好きだから、苦労を苦労とも思わないので

辛い仕事も、ずーっと飽きずに続けられるから、

いつの間にかスキルが上がって、ファン客が増えて、客単価が上がり、

気が付けば、儲かるビジネスになっているパターンが多いです。

 

裏を返せば、

「儲からなくてもいいから、これをやりたい!」

という仕事にたどり着けなかった人は、

 

商売で儲かることは、諦めたほうがいいのかもしれません。

 

なぜならば、商売は儲からないことだらけなので、

チャレンジしたことが、ことごとく失敗し、

やがて心が折れ、やり続けることができなくなってしまい、

苦難を乗り越えることができなくなってしまうからです。

 

いいですか?

 

この話をすると、

「好きなことを仕事にすればいい」と勘違いする人がいるんですが、

実は、そういう意味ではないんです。

 

本当に金儲けのうまい社長さんというのは、

「儲からなくてもいいから、これをやりたい」という

“これ”が、実は「経営」そのものだったりするんです。

 

もう少し分かりやすく言うと、

金儲けが好きな社長さんは、金儲けが好きなのではなく、

 

「経営」が死ぬほど好きなだけなんです。

 

広告費を投資することを真剣に考えたり、

新商品をどうやって売るのかをデータを集めて考察したり、

決算書をみながら、資金を調達して、どうやって会社を回していくのか考えたり、

 

お金を儲けることよりも、

お金を儲けることを「考えること」のほうが死ぬほど好きだから、

 

苦難を乗り越えることを苦だと思わないし、

徹底的に検証したデータをもとに、

長期的な視野に立って仕事に取り組めるし、

従業員を採用することも、育てることも、

すべて経営を「考えること」に直結しているから、

失敗して儲からなかったとしても、

心を折れずに仕事を続けることができるんです。

 

いいですか?

 

「経営」が嫌いで、「好きなこと」を仕事にしていない人は、

短絡的なお金儲けのことしか考えません。

 

すぐにお金になる話にしか飛びつかないし、

戦略に強い思いもないから、事業は薄っぺらだし、

儲からないと、すぐに新しいことに手を付けて3日坊主で終わり、

結局、ファンもつかないし、客単価も上がらないので、

いつまで経っても儲からない商売を続けることになるんです。

 

「経営」が嫌いでも、「好きなこと」があれば、

まだ事業を続けられることができるんですが、

経営も好きではなく、好きでもない仕事だったら、

 

そりゃ壁にぶつかったら逃げますよね。

 

「面倒だな」

「時間がないな」

「やりたくないな」

「儲かりそうにもないな」

「結果が出るのに時間がかかりそうだな」

 

 

と、一瞬でも思ったら、

 

金儲けのセンスのない人は、絶対に「やらない」ほうを選択します。

 

なぜならば、

その人は「お金」にしか興味がないから、

「やり通す」ことに価値を見出さないからです。

 

そんな人が、次から次へと苦難が待ち受ける、

ビジネスの世界で生き残ることなんてできませんよね。

 

さてさて。

 

あなたは、「経営」が好きで仕事をしていますか?

それとも、「好きなこと」を仕事にしていますか?

 

お金が欲しいだけなら、経営者なんかやめて、

サラリーマンになったほうが、よっぽど幸せだと思いますよ。

 

それだけ「経営者」という仕事は、

寝ても覚めても、休日でも、風呂に入っている時でも、

家族といるときでも、テレビを観ている時でも、

経営を好きであり続けるパワーがなければ、

成功をつかみ取ることができない仕事なんだと思いますよ。

 

【お願い】どうかAmazonの書評のほう、よろしくお願いします!
日経BPより新刊『逆境を活かす店 消える店』
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4532324254

編集後記

私の場合、メルマガを書く以外にも、

Webニュースを書いたり、会員向けのニュースレターを書いたり、

さらには、本を書いたり、

タケウチ商売繁盛研究会の会員の質問に、メールの回答を書いたり

 

とにかく「書く」が仕事の中心だったりします。

 

それだけ毎日、狂ったように書くことがばかりやっていても、

逃げ出すほどのストレスを感じないということは、

他の人よりも「書く」ことが嫌いではないんだと思います。

 

だから、結果的に「書く」ことが続けられるため、

情報発信が継続的にできるので、

多くの人に存在を知ってもらうことができて、

なおかつ、ファンに対してメッセージも発信できるので、

生存競争の厳しいコンサルタント業界において、

なんとか17年間も飯が食えているのではないかと思います。

 

 

もっとぶっちゃけた話をすれば、

私の場合、「商売」のことを文章に書いて表現することは好きなんですが、

「経営」は、そこまで好きではないので、

今でも人を雇って組織にせず、売上もそこまで強く意識して追求せず、

自分のペースで仕事を続けられているところはあるんだと思います

 

経営コンサルタントが、

「経営」が好きではないなんて言ってしまうのも、

おかしな話ではあるんですが(笑)

 

でも、冗談抜きで、自分が本質の部分で「好き」なことはなんなのか、

もう一度、考えてみるのは良いことだと思いますよ。

 

経営が好きなのではなく、「人」と会うのが好き。

経営が好きなのではなく、「感謝」されるのが好き。

経営が好きなのではなく、「表現」するのが好き。

経営が好きなのではなく、「チーム」で動くのが好き。

経営が好きなのではなく、「凄いね」と褒められるのが好き。

 

その「好き」を本気で再検証すると、

本当に自分が「やるべきこと」が、見えてくるかもしれませんよ。

 

■月額5000円~「タケウチ商売繁盛研究会」
一緒に「好き」を検証してみませんか?
https://e-iroha.com/kenkyukai/index.html

 

※メルマガの内容は出典とURLを明記していただけ
れば流用、拡散は大歓迎です。

※あれ? メルマガが届かなくなったぞ?
もう一度、メールアドレスを登録してみましょう!
https://e-iroha.com/melmaga/mailmagazine2.htm

竹内謙礼の公式メルマガの最近記事

  1. 売上が落ちないネットショップの作り方

  2. 経営コンサルタントは本当に「経営」が好きなのか?

  3. これからビジネスを圧倒的に支配していく「人材」とは?

  4. withコロナで必ず押さえたい「3つの消費の主軸」

  5. 凡人がコロナ禍で勝ち抜くたったひとつの方法

関連記事

楽天市場等のネットビジネスで
多くの受賞履歴
あり。

大企業、中小企業問わず、実店舗ビジネス、ネットビジネスのアドバイスを行なう経営コンサルタント。有限会社いろは代表取締役。大学卒業後、雑誌編集者を経て観光牧場の企画広報に携わる。楽天市場等で数多くの優秀賞を受賞。現在は雑誌や新聞に連載を持つ傍ら、全国の商工会議所や企業等でセミナー活動を行い、「タケウチ商売繁盛研究会」の主宰として、多くの経営者や起業家に対して低料金の会員制コンサルティング事業を積極的に行っている。特にキャッチコピーによる販促戦略、ネットビジネスのコンサルティングには、多くの実績を持つ。著書に『売り上げがドカンとあがるキャッチコピーの作り方』(日本経済新聞社)、『御社のホームページがダメな理由』(中経出版)、「会計天国」(PHP研究所)ほか、多数。
竹内謙礼の無料動画セミナー 女子大生の看板サンプルブログ 羽沢横浜国大駅のブログ
経営コンサルトによる記事を検索してご覧頂けます!
アーカイブ
PAGE TOP