経営コンサルタントの竹内謙礼の公式ブログ。

  1. 竹内謙礼の公式メルマガ
  2. 4 view

ミツカンの社員の本がバカ売れしているってご存知ですか?

こんにちは!
いろはの竹内です。

さて、先日、ヨドバシ秋葉原の7Fの本屋さんで、
出版社の営業さんと、自分の本のキャンペーンを行った時のこと。

最初は、
「よーし、バリバリ売ってやるぜ!」
って意気込んで売り場に乗り込んだんですけど、

いざ、自分の本を前にすると、
なんだか恥ずかしくて、声が出せないんですね。

で、それを察した出版社の新人の営業さんが、
私のところに近寄ってきて、励ましの言葉をかけてくれました。

「竹内さん! 大丈夫っすよ! 俺が代わりに声出すっすよ!」
「ホントに?」
「まかせてください! 著者さんに恥ずかしい思いはさせないっすよ!」

そんな嬉しい言葉をかけた彼が、
本屋さんで、お客さんに掛けはじめた言葉が、

「今、この本を書いた、竹内先生が売り場にいらっしゃっています!」

「有名なカリスマコンサルタントの先生が、今、ここで自分の本を売っていますよ!」

「めったにお会いできない有名な先生なんですよ! なんならサイン書きますよ!」

お願いだから、もうやめて~!
恥ずかしくてショック死しちゃうよ!
もうほとんどの人が「はぁ?」って顔してるじゃん!

ということで、4時間ほど本屋さんで、
「僕の本を買ってください!」とビラを撒きまくったキャンペーンも無事終わり、
なんとか前代未聞の『メイドカフェのセミナー』も、
着々と席が埋まりつつあります!

で、ここでひとつ朗報なんですが、
出版社の粋な計らいで、
当初は9日と10日に本を購入した人しか参加できないルールだったんですが、

セミナー当日の20日まで延長して、
セミナー参加の整理券を配布することに決定しました!

しかも、セミナー当日の20日に本を買って、
そのままセミナー会場のある2Fのメイドカフェに流れるのもOKになったので、
ぜひ、20日の夜に時間が空いている人はお立ち寄りくださいね!

45分間の短いセミナーですが、楽しくて為になる話をさせて頂きます!

■竹内謙礼の秋葉原セミナー
http://a06.hm-f.jp/cc.php?t=M193306&c=6478&d=d38c

ということで、
今日は、そのセミナーで一緒にトークショーをやってくれる、
土井英司さんのお仕事、「出版」に絡んだお話をひとつ。

なぜ、企業本がそんなにウケるのか?

実は今、企業が出す本というのが、非常に売れています。
有名なところで言えば、

体脂肪計「タニタ」のレシピ本
http://a06.hm-f.jp/cc.php?t=M193307&c=6478&d=d38c

累計で350万部突破しています。
さらに、お酢の「ミツカン」の社員が作った

「ミツカン社員のお酢レシピ」は17万部。
http://a06.hm-f.jp/cc.php?t=M193308&c=6478&d=d38c

他にも、キッコーマンの豆乳を使った

「ヘルシー! 豆乳レシピ」は10万部を超えています。
http://a06.hm-f.jp/cc.php?t=M193309&c=6478&d=d38c

なぜ、今、こんなに“企業本”が売れているかというと、
実は長引く景気低迷による、
お客さんの消費防衛本能の現われだったりするんですね。

今、お客さんは、お金をあんまり持っていませんから、
「確実」と思ったものにしかお金を払わなくなっています。

買い物して、絶対に失敗したくないから、
「これは大丈夫だ!」
というものしか、手を出さなくなっているんですね。

そう言う消費者の不安な心理状況を考えれば、
このような企業本がヒットしている理由も理解できます。

「体脂肪計のタニタが作ったレシピだから、さぞかし健康にいいんだろう」
「お酢のメーカーのミツカンが作ったから、さぞかし酢のレシピが豊富なんだろう」
「醤油のキッコーマンが作ったから、さぞかし豆の知識が豊富な豆乳レシピなんだろう」

こんな感じで、
専業メーカーへの信頼感と安心感がストレートで伝わることから、
このような本が今、市場でウケているわけです。

つまり、「企業」というのが、
買い物をする際の「保障」になっているわけです。

いいですか?

みなさんの仕事も、自分では「たいしたこない」と思っていても、
実際に第三者から見ると、

「その職人ワザ、すげぇーーー!」

ってことが、たくさんあると思うんですね。
そういう“職人ワザ”が、もし、1冊の本にまとまって、
本屋さんに並ぶことになれば、
それこそ、企業ブランディングにつながりますし、

新規顧客の獲得や、リピータ客の満足度アップになって、
売上に貢献してくれる、絶好の販促ツールに繋がっていくと思います。

「でも、本なんて、なかなか出せないでしょ」

そう思う人も多いかもしれませんが、
今回、11月20日に、一緒にセミナーをやってくれる、
出版コンサルタントの「土井英司」さんの指導を受ければ、
著者になるチャンスがぐっと広がっていくんです。

実は私もコンサルタントになりたての8年前から、
ずっと土井英司さんの「ベストセラークラブ」の会員だったりします。
http://a06.hm-f.jp/cc.php?t=M193310&c=6478&d=d38c

土井さんのおかげで、何冊か本になった企画もたくさんありますので、
今回の20日のセミナーでは、
そこらへんの「本を書いて著者になる」というお話も、
少し聞けたらいいなぁと思っています。

特に士業の方や起業家の方で、
本を出してみたいなぁと思っている人は、
またとないチャンスなので、ぜひ、このセミナーにご参加していただければと思います!

20日に本を買いに来て、
そのまま当日参加もOKの体制をとっていますので、
ぜひぜひ、遠慮せずにいらっしゃってくださいね!

竹内謙礼の秋葉原セミナー

http://a06.hm-f.jp/cc.php?t=M193311&c=6478&d=d38c

編集後記

さて、実は来週の11月19日(月)より、
日経MJにて、新連載が始まります!

「竹内謙礼の商ビズNOW」
http://a06.hm-f.jp/cc.php?t=M193312&c=6478&d=d38c

今まで金曜日の連載だったんですが、
今回、初めて曜日を飛び越えて、『月曜日』の連載となります!
しかも、バックフロントという、一番目立つ最終面!

さらには、念願の、
コラム名に、自分の名前が入りました!!

ばんざーい!
ばんざーい!
ばんざーい!

うー、コンサルタントになって苦節9年。
ようやく、自分の名前で新聞に連載を持てるようになりました!

これもひとえに、今まで私のことを応援してくれた、
このメルマガの読者のみなさんのおかげだと思っております!

本当にありがとうございます(涙)
でも、これからが本番です!

名だたる連載陣のコンサルタントの先生の中で、
さらなる厳しい競争が待っていますので、
仕事で即効で役に立つ、刺激的で面白い販促ノウハウをビシバシ書いていきますので、
これからも応援のほど、よろしくお願いします!

竹内謙礼の公式メルマガの最近記事

  1. 【ボカンと売れる】30代の転職と独立は止めたほうがいい理由

  2. 名刺で自己アピールをする人は、なぜ仕事ができないのか。

  3. 2020年は「広報」の使い方で売上が決まります。

  4. 「いいからやってみろ」で成功する時代ではなくなった

  5. 動画とSNSの話は、なぜ、こじれやすいのか?

関連記事

楽天市場等のネットビジネスで
多くの受賞履歴
あり。

大企業、中小企業問わず、実店舗ビジネス、ネットビジネスのアドバイスを行なう経営コンサルタント。有限会社いろは代表取締役。大学卒業後、雑誌編集者を経て観光牧場の企画広報に携わる。楽天市場等で数多くの優秀賞を受賞。現在は雑誌や新聞に連載を持つ傍ら、全国の商工会議所や企業等でセミナー活動を行い、「タケウチ商売繁盛研究会」の主宰として、多くの経営者や起業家に対して低料金の会員制コンサルティング事業を積極的に行っている。特にキャッチコピーによる販促戦略、ネットビジネスのコンサルティングには、多くの実績を持つ。著書に『売り上げがドカンとあがるキャッチコピーの作り方』(日本経済新聞社)、『御社のホームページがダメな理由』(中経出版)、「会計天国」(PHP研究所)ほか、多数。
竹内謙礼の無料動画セミナー 女子大生の看板サンプルブログ 羽沢横浜国大駅のブログ
経営コンサルトによる記事を検索してご覧頂けます!
アーカイブ
PAGE TOP