経営コンサルタントの竹内謙礼の公式ブログ。

  1. 最新ニュース
  2. 136 view

withコロナの新しい「売り方」を完全解説!

こんにちは。いろはの竹内です。

 

お待たせしました!

 

本日、日経BP社より、アフターコロナ時代を生き抜く、

新しいマーケティング本

 

『逆境を活かす店 消える店』

 

いよいよ発売開始となりました!!!!

 

⇒すぐに届くAmazonはコチラです!
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4532324254

 

日経MJで9年近く、400社以上を取材し、

コロナ禍でも好調な企業の「売れる秘訣」を聞き出し、

 

「withコロナで生き残る売り方はこれだ!」

 

と、今、最もイケてる戦略だけをピックアップした1冊になります!

 

総ページ数はなんと294ページ!

掲載事例の企業数は23事例!

図表を44挿入し、リアルな最新データを盛りだくさんで掲載!

 

「もったいぶらないで、早く内容を教えろやぁ!」

 

と気が短い人のために、新刊の内容を6分の動画にまとめましたので、

よろしかったら、ご覧ください。

 

【動画】
★コロナ禍の今を知る為のビジネス書!【逆境を活かす店・消える店】
https://www.youtube.com/watch?v=2X7RcXov918&t=4s

 

ということで。

今回も気合を入れて書かせて頂いた新刊の内容を、

 

チラリとご紹介!

ガチで生き残る店 マジで消える店

年内にワクチン接種が完了し、11月の衆院選が終われば、

2022年からは、新たなコロナ対策が打ち出されます。

 

それを予想した上で、「withコロナ」の売り方について、

本書では5つのブロックに分けて解説しています。

 

1・非常識な戦略

2・エンタメ戦略

3・新アイデア戦略

4・次世代戦略

5・ネット新戦略

 

1の「非常識な戦略」では、

『不可能』を『可能』にする売り方を解説しています。

 

例えば、飲食店のオリジナルの手作りドレッシングを、

全国のスーパーへの卸販売に成功した事例や、

 

YouTubeチャンネルを開設して、

1年間で7万人まで増やした書店の事例など、

 

「なぜ、不可能を可能にしたのか」の仕掛け作りを、分かりやすく紹介しています。

 

2の「エンタメ戦略」では、

暗い世の中で、客に明るくなってもらう戦略を解説しました。

 

 

例えば、女性客が5割を占める電器店の事例や、

「水曜日のネコ」や「よなよなエールの宴」の、

『ヤッホーブルーイング』のファン客を掴む企画作りのコツなど、

 

客を楽しませる売り方について、レクチャーしています。

 

3の「新アイデア戦略」では、

「えっ、そんな売り方あるの!?」と、新しい発想による販売方法を紹介しています。

 

例えば、“経営者専門”のコンセプトで成功したオーダースーツ店や、

月商2万円のネットショップを月商4000万円に変貌させた生ハム店の事例など、

 

目からウロコのユニークな事例を紹介しています。

 

4の「次世代戦略」はwithコロナの時代における、

これからの社会の“新ルール”の売り方について解説しています。

 

例えば、サブスクリプションの継続率98.2%の電動歯ブラシの店や、

ダブルワークの導入で、人手不足を解消させた温泉旅館と農園の成功事例など、

 

知らないと時代に取り残されてしまう、社会の新しい「基準」について、

分かりやすくまとめています。

 

5の「ネット新戦略」は、
SNSにフォーカスした売り方を中心にまとめました。

Twitterでサバイバル用メガネが飛ぶように売れる眼鏡店や

LINEを活用して1日のイベントで100万円売る麺製造会社の事例など、

 

 

 

ネットが苦手な人でも、すぐに実践できるSNSの活用法について、

初心者向けにノウハウを分かりやすく紹介しています。

 

いいですか?

 

今回、執筆した『逆境を活かす店、消える店』は、

過去に私が執筆した本の中にはなかった、

ある“ひとつ”の特徴があります。

 

それは、

 

「データ」をめちゃくちゃ大量に盛り込んでいる点です!

 

コロナ禍では「感情」や「思い込み」で、

勝手に「世の中はこうなるだろう」と判断して、

間違ったマーケティングや戦略を実践してしまう人が多いです。

 

そうならないためにも、本書では最新のデータを集めて、

コロナ禍の「今」を浮き彫りにすることに力を入れました。

 

例えば、

 

・コロナ禍の倒産で一番多い業種は?

・テイクアウトを利用する理由で最も多かった回答は?

・コロナ禍でネットショップの利用者はどのくらい増えた?

・緊急事態宣言で最もダウンロードされたアプリは?

・40代と20代、出世欲が強いのはどっち?

・コロナ収束後に流行るカラーは?

・妻と夫、旅行に行くときに発言権が強いのはどっち?

・サブスクリプション事業の成功確率は?

・「エシカルなら高くても買う」と回答した人の割合は?

・Instagram、Twitter、Facebookで一番来店動機に繋がったSNSは?

・「新聞折込チラシ」と「ネット広告」実店舗の来店に繋がったのはどっち?

 

などなど、細かいデータを本書には盛りだくさんに掲載し、

 

「だからwithコロナは『この売り方』が正解なんだ!」

 

と腹にストンと落ちる、実践的なノウハウを解説しています。

 

さてさて。

 

みなさんのコロナ収束に向けての戦略は万全ですか?

 

たくさんの事例とデータをもとに書き上げた、

究極の「コロナ禍対策本」を参考にして、

 

新時代を生き抜く戦略を作り上げてもらえればと思います!

 

■本日14日より発売開始!
『逆境を活かす店 消える店』
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4532324254

編集後記

今回、日経BP社より出版した「逆境を活かす店 消える店」は、

日経MJの連載『竹内謙礼の顧客をキャッチ』で取材した企業の中から、

 

「これだ!」

 

と思う事例だけを厳選して紹介しています。

 

コロナ禍でセミナーや勉強会がなくなったことで、

 

「他のお店や会社は何をやっているんだ?」

 

と不安になっている人も多いと思うので、

ぜひ、本書を読んで“企業視察”をしている気分でも味わってもらえれば、

執筆したコンサルタントとして嬉しい限りです!

 

そんなわけで、コロナ禍で気合を入れて書いた、

渾身のビジネス書になりますので、

 

ぜひぜひ、ご一読のほど、よろしくお願いします!

 

■withコロナの売り方が『完璧』に分かる!
表紙が素敵です♪⇒『逆境を活かす店 消える店』はコチラ!
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4532324254

 

※メルマガの内容は出典とURLを明記していただけ
れば流用、拡散は大歓迎です。

※あれ? メルマガが届かなくなったぞ?
もう一度、メールアドレスを登録してみましょう!
https://e-iroha.com/melmaga/mailmagazine2.htm

最新ニュースの最近記事

  1. withコロナの新しい「売り方」を完全解説!

  2. 「売れる」よりも「売れている」と思わせることが大事

  3. 本日最終日 2021年予測カレンダー!

  4. お待たせしました!2021年の予測カレンダー予約発売開始!

  5. 「巣ごもり消費本」を買うと「Amazon攻略本」が1冊ついてくる!

関連記事

楽天市場等のネットビジネスで
多くの受賞履歴
あり。

大企業、中小企業問わず、実店舗ビジネス、ネットビジネスのアドバイスを行なう経営コンサルタント。有限会社いろは代表取締役。大学卒業後、雑誌編集者を経て観光牧場の企画広報に携わる。楽天市場等で数多くの優秀賞を受賞。現在は雑誌や新聞に連載を持つ傍ら、全国の商工会議所や企業等でセミナー活動を行い、「タケウチ商売繁盛研究会」の主宰として、多くの経営者や起業家に対して低料金の会員制コンサルティング事業を積極的に行っている。特にキャッチコピーによる販促戦略、ネットビジネスのコンサルティングには、多くの実績を持つ。著書に『売り上げがドカンとあがるキャッチコピーの作り方』(日本経済新聞社)、『御社のホームページがダメな理由』(中経出版)、「会計天国」(PHP研究所)ほか、多数。
竹内謙礼の無料動画セミナー 女子大生の看板サンプルブログ 羽沢横浜国大駅のブログ
経営コンサルトによる記事を検索してご覧頂けます!
アーカイブ
PAGE TOP