経営コンサルタントの竹内謙礼の公式ブログ。

  1. 竹内謙礼の公式メルマガ
  2. 3583 view

コロナ渦の「夏」に売れるものと「冬」に大変な思いをするもの

こんにちは、いろはの竹内です。

先日、自宅でリモートワーク中の長女から、

「最近、不安なことがあるんだけど」

と真剣な顔で相談されたんですね。

新卒の娘にとって、今の社会情勢は精神的に辛いんだと思います。

社会人の先輩として、早速、相談に乗ってあげることにしました。

「どんな不安があるんだ?」

「お父さんってさぁ」

「うむ」

 

「基本、くさいじゃん」

 

「・・・」

「今まで、臭いもんを食べるから臭いと思っていたんだよ」

「・・・」

「だけど、今、朝昼晩、同じもの食べているじゃん」

「・・・そうだな」

「ってことは、私もいつか臭くなるんじゃないかなって」

「・・・」

「それが今の最大の不安」

ふーっ。

どうやら父親の加齢臭が分かると言うことは、

まだ大丈夫なようです(リトマス氏お父さん)。

 

とういことで、

本日のメルマガのネタは、

「少し先を考えてみよう」

というシンプルなお話をひとつ。

■『タケウチ商売繁盛研究会』
月々5000円でメール、電話相談
https://e-iroha.com/kenkyukai/

どうなる「夏」と「秋」

今年の夏で気になるのは、電力の供給だと思うんですね。

自宅待機の人が増える中で、

家の中で多くの人が過ごすことになるので、

おそらくエアコンはガンガン使われると思います。

さらに飲食店や美容室は感染対策として換気が必要になるので、

窓や扉をフルオープンにして、

エアコンをかけながら営業をする可能性が高いと思います。

そうなると、真夏に電力不足になって、最悪、

 

計画停電を実施する可能性もゼロではありません。

 

計画停電まではいかないにしても、

電気代を節約したい人は必ず増えるはずなので、

冷感素材のウエアや寝具、ステテコ、

すだれ、水枕、冷却スプレーなどは、需要が高まると思います。

もう少し大胆な予想を立てるのなら、

冷感素材のマスクは注目度が高まると思います。

あと、お店の換気対策として、

扇風機を買い求める人が増えることも予想されるので、

接客業の人は、早めに購入しておいたほうがいいかもしれません。

また、入り口や窓に網戸をつけるお店は増加すると思いますが、

それぞれで形や大きさが違いますので、

オーダーメイドの網戸制作サービスは需要が高まると思います。

次に秋から冬にかけての話ですが、

今年のハロウィンは、高い確率で室内イベントにシフトすると思います。

オードブルの宅配やお菓子の通販は、好調な動きになることが予想されます。

家族でゲーム形式で楽しめるパーティメニューは人気が高まるので

今から飲食、食料品関連の会社は、

アイデアを練っておく必要はあると思います。

ただし、毎年、10月最終週よりインフルエンザが流行り出すので、

その状況から考慮すると、

11月から再び新型コロナウイルスが猛威を振るうことが予想されます。

そうなると、緊急事態宣言が発令されますので、

今のような自宅待機状態が再びやってきて、

11月下旬のブラックフライデーはネット通販の独壇場となり、

それが限界を超えてしまうと、

物流がパンクする可能性が出てきます。

ただでさえ年末の物流がギリギリの状態で回っているのに、

自宅待機のブラックフライデー需要と、

さらに年末商戦のクリスマス商戦が重なったら、

どう考えたって物流が回るはずがありません。

では、どうするか?

保険をかける意味で、地域の半径数キロ以内に、

自社物流を確立させておく必要はあるんだと思います。

社員やアルバイト数人で、2~3日で回れるぐらいで十分です。

注文もネットとは分離して、

折込チラシやポスティング、FAXで取ればいいと思います。

小さな自社物流の仕組みを今から作っておけば、

年末までには間に合うと思いますので、

物流がパンクした場合も想定して、

今から動いておく必要はあると思います。

いいですか?

今、不安な気持ちでいっぱいになって、

「これからの経済はどうなるのか?」と予測を立てている人がたくさんいますが、

おそらく、多くの予想はハズレると思うんですね。

 

なぜならば、過去に真剣に「予測」をたてた経験がないので、

集めてくるデータの真偽を確かめるスキルが身についていないので

思い込みと感情に流されやすい予測になってしまうからです。

12年間も販促予測カレンダーを作り続けてきた、

私の経験から言わせてもらえれば、

1年以上先の未来を予測することは、無駄に近い作業になります。

天気予報と同じで、時間軸が遠くなればなるほど、

予測の情報が少なくなってしまい、精度が落ちていくものなので、

そこに神経をすり減らすことは、あんまり意味があることではないんです。

だから、まずは1年先ぐらいを真剣に考えてみて、

そこに向かって舵を切っていくことが、

売上に直結する「予測」に繋がっていくんだと思います。

さてさて。

みなさんは、今年の夏から秋、そして冬にかけて、

真剣に予測を立てていますか?

良く分からないブロガーの未来予想図や、

感情的になった経営者のSNSの発言を見て、

思考が揺さぶられたりしていないでしょうか?

肝心なのは、今、目の前の仕事に集中することと、

少し先の未来を考える想像力だと思います。

自分の限られた思考能力と精神的な余裕を、

生産性のある未来に向けたほうが、

今のような混乱期は吉と出る可能性が高いと思いますよ。

■ZOOMによる個別コンサル、会議参加も承っています。
https://e-iroha.com/consult/index.html

編集後記

今、新型コロナウイルス対策用の

巣ごもり消費の販促本を執筆しています。

感染しない、させない売り方や、

ネットを活用した情報発信と販促手法、

さらには、チラシやDM、ホームページの

キャッチコピー作りやコンテンツ作りの手法など、

巣ごもりで家から出なくなった消費者に向けて、

どのように販促を仕掛けていけばいいのか、

小売業、流通業、ネットビジネスの悩みを解決させるための、

あらゆるノウハウを詰め込んだ本を必死になって書いています。

日々、情報が目まぐるしく変わり、

対応策もコロコロと変わるので悪戦苦闘していますが、

本1冊で10万文字ぐらいはありますから、

そのくらいの文章をかきまくって、整理していけば、

頭の中でだいたいの戦略は確立されていくと思います。

今回の新型コロナウイルス渦で、

僕は日本一巣ごもり消費に強いコンサルになるつもりで、

日々の生活の中でスキルアップに励んでいます。

だから、立ち止まっている時間もなければ、

怯えている時間もありません。

競合のコンサルタントと差を広げるチャンスだと思っていますし、

前を走る一線級のコンサルを追い越すチャンスだと思っていますので、

もう少し踏ん張って、多くの経営者を救えるような

ワクチン級のノウハウを確立していきたいと思います。

■ニュースレターでコロナの最新情報を毎月提供
『タケウチ商売繁盛研究会』
https://e-iroha.com/kenkyukai/

※メルマガの内容は出典とURLを明記していただけ
れば流用、拡散は大歓迎です。

※あれ? メルマガが届かなくなったぞ?
もう一度、メールアドレスを登録してみましょう!
https://e-iroha.com/melmaga/mailmagazine2.htm

竹内謙礼の公式メルマガの最近記事

  1. 定額制で1日3回餃子がタダの店の「本当の狙い」

  2. なぜ歳をとると人付き合いが狭くなるのか?

  3. 「出世する新入社員」と「落ちぶれる新入社員」の違いとは?

  4. ネットの「稼げる寿命」が短い理由

  5. なぜ中途でポンコツな人材を採用してしまうのか?

関連記事

楽天市場等のネットビジネスで
多くの受賞履歴
あり。

大企業、中小企業問わず、実店舗ビジネス、ネットビジネスのアドバイスを行なう経営コンサルタント。有限会社いろは代表取締役。大学卒業後、雑誌編集者を経て観光牧場の企画広報に携わる。楽天市場等で数多くの優秀賞を受賞。現在は雑誌や新聞に連載を持つ傍ら、全国の商工会議所や企業等でセミナー活動を行い、「タケウチ商売繁盛研究会」の主宰として、多くの経営者や起業家に対して低料金の会員制コンサルティング事業を積極的に行っている。特にキャッチコピーによる販促戦略、ネットビジネスのコンサルティングには、多くの実績を持つ。著書に『売り上げがドカンとあがるキャッチコピーの作り方』(日本経済新聞社)、『御社のホームページがダメな理由』(中経出版)、「会計天国」(PHP研究所)ほか、多数。
竹内謙礼の無料動画セミナー 女子大生の看板サンプルブログ 羽沢横浜国大駅のブログ
経営コンサルトによる記事を検索してご覧頂けます!
アーカイブ
PAGE TOP