経営コンサルタントの竹内謙礼の公式ブログ。

  1. 竹内謙礼の公式メルマガ
  2. 24 view

売れないのなら「専用」を狙いなさい

こんにちは!
いろはの竹内です!

さて、年末から販売しています、
2009年販促&キャッチコピーカレンダーですが、
http://www.e-iroha.com/calendar2009/index.html

セミナーCDで「エコに絡んで日曜菜園関連が伸びる」って、
私は予測したんですが、やはり、この手の販促ネタは、
非常に調子がいいみたいですね~。

家庭でできるシイタケ飼育セットの「マッシュルームファーム」は
“栽培セットは300売れたらみっけもん”の業界で、
ダントツの2100個の販売を記録!
http://vgvd.jp/vv/goods/00000hi801/

ホームセンターのコメリでは
「漬物樽」が対前年比で30%の売上アップ!

で、極めつけは「精米機」で、びっくりの300%アップ!
(どうやら玄米を精米しているらしいです)

いやー、2009年が分かっている人は、
先手を取ってガンガン売ってますよ!

対して先が読めていない人は不安、不安、不安……
効率の悪い商品で、旧来の売り方をただ闇雲に続けているだけ。

まだ今年始まって1ヶ月しか経ってませんが、
購入者からもガンガン成功事例が届いています!
すぐにキャッシュに繋がる販促ヒントが隠されたカレンダーですので、
ぜひぜひ、お役に立ててくださいね!

■2009年販促&キャッチコピーカレンダー
(セミナーCD&テキスト付)⇒在庫残りわずかになってきました
http://www.e-iroha.com/calendar2009/index.html

で、本日はその「2009年」を予測して……。
「専用」にターゲットを絞ってみたいと思います!

「絞る」のではなく「狙う」

最近、市場では「専用」が売れているのをご存知ですか?
ここ2週間の日経MJをピックアップしても……

『大人専用』のポテトチップス
『介護施設専用』のアロマテラピー
『高齢者専用』の和風コンビニ弁当
『営業者専用』のカーナビ
『自転車積載専用』の臨時観光列車
『ギフト専用』の紙おむつ
『保育士専用』の人材派遣会社
『歯医者専用』のファイナンシャルプランナー
『男性専用』の弁当箱

まぁ、こんな感じで実際に2009年は「専用」というキーワードが、
ちょっとこの不景気で熱い視線を浴びているんですね。

で、なーんで「専用」が売れるかというと、
「購入する理由が明確」ってことなんですね。
つまり、不景気で「買う」「買わない」か悩んでいる人にとって、

「専用」っていうキーワードは、
非常に購入の「背中押し」になるキャッチコピーなんです。

例えばスイーツをひとつ取っても、
ただ「甘いお菓子ができましたぁ」「生クリームたくさんで~す」と言っても、
やっぱり今の時代は売れないんですね。

それよりも「男性専用スイーツ」っていう、
新しいカテゴリーに向かってターゲットを絞り込んだほうが、
まだ市場を掘り起こせる可能性は十分ある。

「えーっ、男がスイーツ買うかよぉ」

そう思った人もいると思いますが!

メディア・シェイカーズが
首都圏で働く20代~30代の男性にアンケートをとったところ、
「自分へのご褒美で購入するもの」で男性女性ともに第一位が、

ダントツで「スイーツ」ってご存知でした?

しかも、男性の第二位が、

「ランチ以外の外食」!

まだまだ、市場は掘り起こせそうです!

特に最近のポスト団塊ジュニア世代は、
お母さんに育てられた意識が物凄く強いので、
ちょっと考え方が「女性化」しているところがあります。
まぁ、最近で言う「草食系男子」って奴ですよね。

それを考えると、
この「自分へのご褒美がスイーツ」というデータも、
なんとなく理解できますよ。
ご褒美にクルマやプラモデルを買うっていうよりも、
ずーっと現実的ですよねぇ~。

さらに。

外食産業は下り坂傾向にあると思われがちですが、
ヤフーリサーチの調査によると、
「今後、外食の頻度を増やしたい」と回答したのが、
前回調査では6.6%と低調でしたが、

1月下旬の調査では27.9%と急上昇!

「今後、外食の頻度を減らしたい」と回答したのが、
前回は17.9%だったんですが、

こちらも13.9%と減少傾向にあるんですね。

つまり、今までの反動が、
おそらく、この2009年の中盤ぐらいから、
どーんって出てくるんじゃないかなぁと思いますよ。

テレビ番組をみても、
最近は「おバカタレント」の反動で、
頭の良いタレントがテレビに出てくるようになってきたでしょ?

絶対に市場に「反動」ってあるんです。

さてさて。

よくマーケティングのコンサルタント先生が
「ターゲットは絞れ!」って声を張り上げて言っていますが、
ほとんどの人が、

「一般の人」⇒「20代女性」
「若者」⇒「ファッションに興味のある人」

このくらいにしか絞り込まないんです。

こんなアバウトな絞り方をするから、
アバウトな販促企画しかできなくて、
アバウトなキャッチコピーでしか販促が効かなくなります。

この不景気の時代、
「絞る」のではなく「狙う」ぐらいの勢いにしないと、
どうしても味付けが中途半端になってしまいます。

例えば・・・。

お母さん専用の日本酒
作家専用の座椅子
60歳以上専用のモダンベッド

確かに「専用」の商品はターゲットが絞られる分、
売上も浅くなってしまいますが、
このような「専用」モデルを“深く広く”たくさん扱ったほうが、
売上は広告費に依存しなくなるので、安定はすると思いますよ。
リピート率も専門用品は高いですから。

ちょっとネーミングやパッケージを変えたり、
ちょっと原材料を変えるだけで、
十分、販促効果の高い商品に生まれ変わりますので、
景気の悪い「2月」に、ぜひ投入してみてくださいね!

■そんな1年間の販促企画と方法がバッチリ分かる!

2009年販促&キャッチコピーカレンダー
(セミナーCD&テキスト付)⇒在庫残りわずかになってきました!
http://www.e-iroha.com/calendar2009/index.html

そして!売れる商品の作り方、見つけ方、売り方が分からない人は、
今年もガッチリ相談させて頂きます!

「タケウチ商売繁盛研究会」2009年度会員募集中!
https://e-iroha2.com/kenkyukai/

編集後記

さて、先週の金曜日、
竹内謙礼の「すべらないコンサルタントセミナー」をやらせて頂きました!

集まって頂いた50名の皆様、
本当にありがとうございました!

※セミナーの模様はコチラのブログで!
http://kenrei1.blog50.fc2.com/blog-entry-10.html

いやー、でも、久しぶりに、
自分の「ホーム」でセミナーをやらせていただいた感じです!

やっぱり支持してくれるみなさんの前で
セミナーをやらせていただくのは、
本当に気持ちよくコンサルタントさせてもらいました。

でも、たまーになんですが
セミナー終了後の懇親会なんかに出席して、
酒が入る場に出て質問なんか受けると、
ムチャクチャなことが起きることがありますよね。

揚げ足を取ってやろうと、
むちゃ振りの質問をしてくる人もいるし、
せっかく質問に答えているのに、

「あんまり具体的なこと考えていないんですね~」

と、直接目の前で嫌味を言われたり・・・。

特に酒が入ってガツガツ自分の話をされて、
目をむき出しになって話を突っ込まれると、
こっちもタジタジになりますよ・・・。

人気商売だから致し方ないんですが、
気の強い経営者の前で話した後の、
コンサルタントの宿命みたいなもんだから、
受け入れなきゃいけないことで覚悟はしているんですけども、
終わった後はそれなりに凹みますよね。

セミナーを受講したみんなが
「先生」って頼ってくるわけではないし、
どちらかというと「品定め」的な扱いされることのほうが
圧倒的に多いですから、やっぱりこういう問題は、
この仕事のトラブルみたいなところがあります。

でもでも!

今回の講演は本当に始まるまではドキドキして、
どっかに逃げ出したくなるようなセミナーでしたが、
みんな最後まで暖かく見守ってくれて、
質問の内容も非常に内容が濃く、自分自身も勉強になることがたくさんありました!
本当に新年早々、気持ちよくスタートを切ることができましたよ!

他にも今年はいろいろセミナーの予定がありますので、
みなさんふるってご参加くださいね!

竹内謙礼の公式メルマガの最近記事

  1. 「うざい」と思う相手に腹を立てない方法

  2. 定額制で1日3回餃子がタダの店の「本当の狙い」

  3. なぜ歳をとると人付き合いが狭くなるのか?

  4. 「出世する新入社員」と「落ちぶれる新入社員」の違いとは?

  5. ネットの「稼げる寿命」が短い理由

関連記事

楽天市場等のネットビジネスで
多くの受賞履歴
あり。

大企業、中小企業問わず、実店舗ビジネス、ネットビジネスのアドバイスを行なう経営コンサルタント。有限会社いろは代表取締役。大学卒業後、雑誌編集者を経て観光牧場の企画広報に携わる。楽天市場等で数多くの優秀賞を受賞。現在は雑誌や新聞に連載を持つ傍ら、全国の商工会議所や企業等でセミナー活動を行い、「タケウチ商売繁盛研究会」の主宰として、多くの経営者や起業家に対して低料金の会員制コンサルティング事業を積極的に行っている。特にキャッチコピーによる販促戦略、ネットビジネスのコンサルティングには、多くの実績を持つ。著書に『売り上げがドカンとあがるキャッチコピーの作り方』(日本経済新聞社)、『御社のホームページがダメな理由』(中経出版)、「会計天国」(PHP研究所)ほか、多数。
竹内謙礼の無料動画セミナー 女子大生の看板サンプルブログ 羽沢横浜国大駅のブログ
経営コンサルトによる記事を検索してご覧頂けます!
アーカイブ
PAGE TOP