経営コンサルタントの竹内謙礼の公式ブログ。

  1. 竹内謙礼の公式メルマガ
  2. 196 view

SNSの情報は話半分ぐらいで読んだほうがいい理由

こんにちは、いろはの竹内です。

 

私の英語力は『日常会話に困る程度』のレベルなので、

どこの国に行ってもストレスを感じてしまうんですね。

 

この苦痛から解放される方法はないか、いろいろ考えた結果、

 

「娘に英語を話させる」

 

という画期的な方法を、20年ぐらい前に思いついたんです。

 

で、その野望を叶えるべく、小さいころから英語教室に通わせて、

英検やらTOEICやら留学なんかもさせてあげて、

いつかは娘を通訳にして、海外旅行に行こうという壮大な計画を

父親なりに描いていました。

 

そして、ようやく長女が大学生最後の年になったときに、

家族で海外旅行にでも行こうじゃないかという話になり、

「では、通訳よろしく!」と言ってみたところ、

 

 

「は? 自分でやれや」

 

 

と、長年積み上げてきた計画は、

あっけなく終了となってしまいました。

ふーっ。

 

英語を覚えさせる前に、

もっと大切なことを覚えさせるべきでしたね。

父親の威厳とか、

父親の素晴らしさとか、

父親の偉大さとか。

 

こういう子が大人になると、

 

自分で努力せず、人に頼るような人間になってしまいます!(言える立場か?)

というわけで。

 

今回のメルマガは「自己顕示欲」についてのお話。

 

みなさんの周りには、

 

「私って、凄いんです」

「私って、毎日がとても充実しているんです」

「私って、すごい友達に囲まれているんです」

 

と、積極的にアピールしている人はいませんか?

 

そういう人は「要注意」って話をさせて頂ければと思います。

 

 

★豊橋市で初開催! 2月20日(木)
『実店舗を運営しながら小予算、少人数で運営できるネットショップ販促』
https://www.toyohashi-cci.or.jp/seminar/index.php?mode=detail&aid=172

 

 

何事も「やりすぎ」はマイナスでしかない

 

 

自己顕示欲の強い人は、

「現状に満足していない」という人がほとんどだと思います。

 

自分は凄い人だと周囲に思われたい。

周囲から注目を浴びたい。

 

こんな感じで、常に「欲」をむき出しにして生活をしている人が、

自己顕示欲の強い人と世の中では認識されています。

 

対して自己顕示欲に興味がない人は、

 

「現状に満足している」

「過去にすでに満足してしまった」

 

という、どちらかのタイプの人になります。

 

 

つまり、自己顕示欲を示さない人は、

自己顕示欲を示さなくても、すでに満足できるポジションにいるから、

そこまで自分の凄さをアピールしなくても、

幸せに暮らすことができるんです。

 

 

で、これらを整理して考えると、

 

「自己顕示欲が強い人」=「情報発信がうまい人」

 

という結論に達することになります。

「私って凄いのよ」を理解してもらうためには、

情報発信をしなければ、第三者に自慢することができないので、

必然的に、SNSやブログによる情報発信が上手い人は

自己顕示欲の強い人が多くなってしまうわけです。

 

 

いいですか?

 

 

自己顕示欲が強い人は、自分をアピールすることに集中するあまり、

自分のビジネスがおろそかになっているケースが非常に多いです。

 

 

売上を伸ばすことよりも、自分を大きく見せることや、

周りからチヤホヤされることに力を入れてしまうので、

その分、実業がおろそかになってしまうのは、

当たり前のことだったりするんですね。

対して、自己顕示欲に興味がない人のほうが、

周りに自分の凄さをアピールすることよりも、

 

社内のことに目を向けていたり、

自分の社員を幸せにする方法を常に考えていたり、

会社の利益のことを真剣に考えていたり、

 

SNSで情報発信をする暇がないくらい、

商売のことをずっと考えている人が多かったりするので、

SNSで滅多に発信しない経営者のほうが、

優秀な人が多かったりするのも事実だったりします。

 

 

だから、SNSで情報発信をしている人で、

「自分は凄い」をアピールし続ける自己顕示欲の強い人は、

 

「本当にこの人はビジネススキルが高い人なのか?」

 

ということは、冷静に判断したほうがいいと思います。

 

 

そのような警戒心を持ってSNSの情報に接しないと、

本当のお金儲けの話にたどり着くことができなくなりますからね。

さてさて。

だれしも「ちょっと自慢したい」という気持ちがあるので、

SNSを使って情報発信することは、悪いことではありません。

 

しかし、自己顕示欲のアピールの「やりすぎ」に関しては、

少し警戒心を持って接する必要があると思います。

 

自己顕示欲が強い人が一番大切にしていることは、

周囲にいるあなたではなく、

 

自分自身なんですから。

 

あなたが、その人を凄く見せるための

観衆の一人になって利用されているだけだということは、

早々に気づいたほうがいいのかもしれません。

 

■タケウチ商売繁盛研究会
月々5000円でメール、電話相談
https://e-iroha.com/kenkyukai/

 

 

編集後記

 

 

人間というのは、本当の「絶望」を知らなければ、

「希望」を掴むことはできないと思うんです。

 

何もかもダメで、本当に命が取られるかどうかの

絶望的な状況に陥らなければ、

真剣に物事を考えないし、行動にも移さないし、

技術や知識を本気で身に付けようとしないのです。

だけど、ほとんどの人が「絶望」から目を背けて、

「なんとかなるんじゃないか」と世の中を甘く見て、

努力せず、頑張らず、誤魔化しながら仕事をして、

ずるずるとダメな方向にズリ落ちていってしまうわけです。

 

だから、「絶望」を知ることは人生においてとても大切なことであり、

今置かれている状況が、どうしようもない状況だと知ったほうが、

本気で「やらなくてはいけないこと」が見えてきて、

ウソ偽りのない「希望」が見えてくるんだと思います。

 

だから、精神的にとても辛いことかもしれないけど、

一度、誰かに絶望的なアドバイスをされたほうが、

自分の進むべき方向というのが、見えてくるんだと思いますよ。

■本気でアドバイスします。『タケウチ商売繁盛研究会』
月々5000円でメール、電話相談
https://e-iroha.com/kenkyukai/

※メルマガの内容は出典とURLを明記していただけ
れば流用、拡散は大歓迎です。

 

※あれ? メルマガが届かなくなったぞ?
もう一度、メールアドレスを登録してみましょう!
https://e-iroha.com/melmaga/mailmagazine2.htm

竹内謙礼の公式メルマガの最近記事

  1. 新型ウイルス騒動がいつまで続くかガチで考える

  2. コンサルタントが精神的に病んでしまう理由

  3. SNSの情報は話半分ぐらいで読んだほうがいい理由

  4. ネットが苦手な社長は、なぜポンコツを連れてくるのか?

  5. 出世する上司は、なぜいい加減な人が多いのか?

関連記事

楽天市場等のネットビジネスで
多くの受賞履歴
あり。

大企業、中小企業問わず、実店舗ビジネス、ネットビジネスのアドバイスを行なう経営コンサルタント。有限会社いろは代表取締役。大学卒業後、雑誌編集者を経て観光牧場の企画広報に携わる。楽天市場等で数多くの優秀賞を受賞。現在は雑誌や新聞に連載を持つ傍ら、全国の商工会議所や企業等でセミナー活動を行い、「タケウチ商売繁盛研究会」の主宰として、多くの経営者や起業家に対して低料金の会員制コンサルティング事業を積極的に行っている。特にキャッチコピーによる販促戦略、ネットビジネスのコンサルティングには、多くの実績を持つ。著書に『売り上げがドカンとあがるキャッチコピーの作り方』(日本経済新聞社)、『御社のホームページがダメな理由』(中経出版)、「会計天国」(PHP研究所)ほか、多数。
竹内謙礼の無料動画セミナー 女子大生の看板サンプルブログ 羽沢横浜国大駅のブログ
経営コンサルトによる記事を検索してご覧頂けます!
アーカイブ
PAGE TOP