経営コンサルタントの竹内謙礼の公式ブログ。

  1. 竹内謙礼の公式メルマガ
  2. 255 view

なぜ、毎年売上がほとんど変わらないのか?

新年、あけましておめでとうございます!

いろはの竹内です。

みなさんはどんな新年を過ごされましたか?

私は年明け早々、就活中の長女に

「将来、何になりたいんだ?」と聞いたところ、

「石原さとみになりたい」

と真顔で言われて、元旦から憂鬱な正月を迎えています。

でも、私も石原さとみのような娘が欲しかったところなので、

目指すところは一緒なのかもしれませんね(違うだろ)。

ということで、新年一発目のネタは、

「売上を急激に伸ばす方法」

というお話をひとつ。

◆「元号改正」「消費税増税」「キャッシュレス」ぜんぶ話します !
2019年の予測セミナー 大阪商工会議所
2月1日(金)14:00~16:00
http://www.osaka.cci.or.jp/event/seminar/201811/D41190201013.html

5%の売上の増減は「誤差」の範囲内

小さな会社が“急激”に売上を伸ばすためには、

大きなリスクを背負うしか方法はありません。

たくさんの広告費を投資したり、

たくさんの人を採用したり、

たくさんの新商品をリリースしてみたり、

リスクを背負うからこそ、大きなリターンがあるわけであって、

リスクを背負わない経営をしている以上、

売上がほとんど変わらない状況が、半永久的に続くんだと思います 。

おそらく、昨年と同じような販促をやっているだけでは、

売上は5%前後ぐらいの割合で、

やんわりと下がっていくだけではないでしょうか。

例えば、売場のレイアウトを少し変えてみたり、

楽天のページを少し変えてみたり、

パートの人数を一人増やしたりする改善策ぐらいでは、

売上に大きな変化を与えるのは難しいんだと思います。

そもそも商売なんて、長く続ければ競合が増えるものですから、

新規顧客の獲得が難しくなって、リピート客がいなくなって、

売上が下がっていくのが当たり前なんです。

「うちの会社は同じことをやっても昨対で売上を5%伸ばしたよ」

そいういう人もいるかもしれませんが、おそらく、それは

ただの偶然なんだと思います。

厳しい言い方ですが、小さな会社で昨対で5%前後の売り上げの微増は、

天候に恵まれたり、大口のお客様からの注文が入ったりしただけの

「誤差」の範囲内でしかないと思います。

 

いいですか?

家族経営や個人商店のような小さな会社は、

大きな会社よりも大胆なリスクを取らない傾向にあります。

なぜならば、売上が現状維持でも、

十分、幸せだからです。

わざわざリスクの高い販促を仕掛けて、

家族を路頭に迷わせたくないですよね?

従業員の給与を下げたくないですよね?

今の商材を全て捨てて、新しい商材を扱いたくはないですよね?

このように小さな会社は、小さくてもそこそこ幸せなので、

リスクを回避することばかり考えてしまい、

結局、昨年と同じような販促しか仕掛けられないんです。

でも、先述したように、昨年と同じことをしているような会社は、

確実に売上を5%前後の割合で落としていきます。

そして、緩やかに売上を落としていっても、

そこそこ幸せだから「まぁ仕方ないよね」と、その事実を受け入れ てしまいます。

で、気づいた時には、

手に負えない大きな不幸を背負い込んでしまっているのです。

さてさて。

自分の会社の売上が急激に伸びないというのは、

常に「幸せ」の枠から飛び出そうとしない、経営者本人の責任だと 思います。

失敗しても痛手を最小限に抑えることしか考えず、

誰も傷つかない無難な販促ばかりをやっている会社は、

いつまでも「幸せ」のレベルは変わりません。

極論を言えば、不幸になる勇気のない経営者に、

幸せを掴むことなんて、絶対にできないんだと思いますよ。

■未来を直視できない経営者に明日はない。
2019年予測カレンダー 好評販売中!
https://e-iroha.com/calendar2019/

編集後記

急激に売上を伸ばしたいのであれば、

「それをやるのは絶対に無理だろ」

というような、常識をブチ壊す戦略に打って出ないと、

短期間で売り上げを伸ばすことはできないんだと思います。

「絶対に無理だろ」ということをやるからこそ、

実現したときに先駆者利益が取れるし、

「絶対に無理だろ」ということをやるからこそ、

業界で一人勝ちができるので、結局のところ、

「絶対に無理だろ」=「急激に売上を伸ばす」

というのは相関関係にあるんだと思います。

でも、会社は「絶対に無理だろ」ということを

実践するには不向きな組織と言えます。

なぜならば、組織では必ず「会議」が行われて、

その「会議」では失敗を恐れる人が多く参加するので、

結局、無難な結論しか出なくなるのです。

だから、2019年は思い切って、

みんな平等で参加する会議を止めてみてはどうでしょうか。

20代のリスクを怖がらない社員ばかり集めて、

好き勝手に1年間、いろいろなことをやらせてみたほうが、

急激に売上を伸ばすヒントを見つけ出すことができるかもしれませ ん。

自分の今まで築き上げてきた

実績や経験を壊されたくない40代や50代の人間が集まっても、

ろくなアイデアは出ませんからね。

「絶対に無理だろ」というアイデアを出して実践することが、

企業における本当の“若さ”なんだと思いますよ。

◆新春企画【静岡で予測セミナー開催】
「2019年 今年はどうなる、どう売る!」
1月24日(木)18:30~20:30
https://www.b-nest.jp/marketing/h30_08.html

※メルマガの内容は出典とURLを明記していただけ
れば流用、拡散は大歓迎です。

※あれ? メルマガが届かなくなったぞ?
もう一度、メールアドレスを登録してみましょう!
https://e-iroha.com/melmaga/mailmagazine2.htm

竹内謙礼の公式メルマガの最近記事

  1. 「奇跡」を起こす経営者の条件とは?

  2. 2022年の「予測カレンダー」がついに登場!

  3. なぜ、貧乏な社長の思考は短絡的なのか?

  4. なぜ、うちの社長は人を見る目がないのか?

  5. 27歳の「プロ」から聞いたSNSの本当の活用法

関連記事

楽天市場等のネットビジネスで
多くの受賞履歴
あり。

大企業、中小企業問わず、実店舗ビジネス、ネットビジネスのアドバイスを行なう経営コンサルタント。有限会社いろは代表取締役。大学卒業後、雑誌編集者を経て観光牧場の企画広報に携わる。楽天市場等で数多くの優秀賞を受賞。現在は雑誌や新聞に連載を持つ傍ら、全国の商工会議所や企業等でセミナー活動を行い、「タケウチ商売繁盛研究会」の主宰として、多くの経営者や起業家に対して低料金の会員制コンサルティング事業を積極的に行っている。特にキャッチコピーによる販促戦略、ネットビジネスのコンサルティングには、多くの実績を持つ。著書に『売り上げがドカンとあがるキャッチコピーの作り方』(日本経済新聞社)、『御社のホームページがダメな理由』(中経出版)、「会計天国」(PHP研究所)ほか、多数。
竹内謙礼の無料動画セミナー 女子大生の看板サンプルブログ 羽沢横浜国大駅のブログ
経営コンサルトによる記事を検索してご覧頂けます!
アーカイブ
PAGE TOP