• 竹内謙礼のボカンと売れる講座
  • セミナー
  • 著書
  • ボカンと売れる講座(メルマガ)
経営コンサルタント 竹内謙礼 > 竹内謙礼の公式メルマガ > ネットショップ運営 > ノウハウは「取る時代」から「選ぶ時代」に
  • ノウハウは「取る時代」から「選ぶ時代」に

こんにちは。いろはの竹内です。

先日、光文社の『FLASH編集部』の記者から、
『成人向けのビデオに関しての、マーケティングについて語って欲しい』
というちょっと大人びた仕事の依頼を受けました。

あまりにもショッキングな取材の依頼だったので、
「なんで、数多くの経営コンサルタントの中で、僕を選んだんですか?」
と、聞いたところ、

「ふざけたことを、マジメに答えてくれそうな感じがしたから」

と、これまた適確なご意見を頂きました。

ええ、あなたの目に狂いはありませんでした。
むしろ、こういう仕事の依頼を受けたこと自体に誇りすら感じます!

ちなみに、「どこで私の名前を知ったんですか?」と記者に聞いたところ、

「日経MJの連載です!」
と、力強く言われました。

なるほど、頑張って、毎週連載している甲斐があるってもんです。
いい意味でも、悪い意味でも、名前が広がっているってことですね。

ということで、その時の成人ビデオのマーケティング論を、
一生懸命考えたこともあり、せっかくなので、ブログにまとめさせていただきました。
興味のある奇特な方がいらっしゃったら、ご一読していただければと思います。

R35指定だから良い子は見ちゃダメだぞ♪
http://kenrei1.blog50.fc2.com/blog-entry-36.html

ということで、こんな冒頭のお話から、
いきなりマジメな話になって説得力はありませんが、
今回は、久しぶりに本気で「ネットビジネス」について語らせて頂きます!

ええ、大阪で「緊急開催」でぶっちゃけトークセミナー、やるんです。

【募集開始!】
大阪・12月2日 14:00~16:00
【緊急開催】ドカンと儲かる「ネット通販の鉄則」セミナー
http://www.osaka.cci.or.jp/event/seminar/201310/D41131202017.html

どれかひとつの手法を選ぶ時代に。

今、ちょうど2014年の販促カレンダーを制作しているところなんですが、
そこでネットビジネスのトレンドと販促ノウハウをまとめていて思ったことは、

『もう、全てのネット販促の手法を学ぶのは不可能だ』

という現実的な問題でした。
昔までは、

「楽天市場と自社サイトを運営すればいい」
「キーワード広告を運用しながら、SEOをやればいい」

と、結構、やることが限られていたんです。
情報収集や販促ノウハウを積み上げるのが、
結構、ラクだったりしたんですね。

でも、最近は、あまりにも攻略法と攻略するテーマが増えすぎてしまい、
とてもじゃないですが、中小のちょっとしたネットショップでは、
対応できない状況になりつつあります。

SEOは、ことさらに難しくなり、
何も知識がなければ、平気で検索結果から落とされる時代になりました。

また、キーワード広告の管理も、高いITスキルが求められるようになり、
生半可な知識と行動力では、情報と運営方法が抑えられない状況になりつつあります。

しかも、その中で、スマホとPCに攻略法が分散されて、
さらに日本の場合は、ヤフーとグーグルでネットの市場が二分されているので、
作業量が2倍、3倍へと膨れ上がっている状況です。

また、携帯端末もAndroidとiPhoneに分かれますから、
ここから『アプリ』という新たな販促ツールによって攻略方法が枝分かれしていき、
さらにノウハウが複雑化してきています。

そして、来年度には、スマホの所有率が50%を超えると言われています。

だからといって、相手にしなくてはいけないのは、スマホだけではありません。
タブレットをはじめ、今流行の「ウエアラブル端末」の登場で、
メガネや腕時計を使ったネット販促が話題にあがってきているので

そういう最新型のガジェットを使った販促手法も、
これからのネットビジネスの人たちは抑えていかなくてはいけません。

で、そこにきて、『Eコマース』の場合は、

二重価格問題があって揺れる「楽天市場」
料金0円を打ち出した「ヤフーショッピング」
アメリカで決済方法をオープン化させて自社サイトまで取り込みを図る「アマゾン」

この三つ巴の攻略法が、それぞれ独立して存在しているので、
そのひとつひとつを抑えていくのが、莫大な情報量になってきています。

楽天市場をひとつ取っても、

・ページの作り方
・キャッチコピーの作り方
・写真の撮影
・楽天内SEO
・楽天の広告の買い方
・楽天の広告文の作り方
・メールマガジンの描き方
・楽天スーパーセールの売り方
・楽天のECCとの付き合い方
・戦略の立て方
・ブランディング手法

などなど、これだけで6時間ぐらいのセミナーができてしまうほど、
奥が深いものだったりします。

そして、さらに、ここに今流行りのSNSが加わり、
LINE、フェイスブック、ツイッター、ブログと、
それぞれのネットビジネスとの関わり方を考察しなければ、
今の時代の販促についていけなくなってしまいます。

と、ここで終わりだと思いますよね?

ところがどっこい!

さらに、私のような経営コンサルタントは
まだまだ抑えなくてはいけないネタがたくさんあるんです!

アフィリエイト、ドロップシッピング、中国のタオバオ、アメリカのイーベイ。
さらには、ネットビジネスのM&Aから、カート機能、受注管理ソフトの選び方、
ロジスティクスから、外注業者の選び方、SOHOの探し方、OtoO戦略、
ネットビジネスの派遣会社やカード決済機能……。

これらを全部調べて、全部攻略法を理解して、
ちゃんとした判断をして、ネットショップを運営するなんて、

ぶっちゃけ、もう、無理だと思いませんか?

ええ、疲れましたよ、私も。いい加減。

いいですか?

これからのネットビジネスは、たくさんあるノウハウを、
「全てやる」という時代から、

「選んでやる」という時代に変わっていくと思います。

物理的に、これらのノウハウを全て実践するのは不可能だと思います。
結局、ネットの空間は無制限なのと同じで、
その無制限の空間に、いろいろなものを構築してしまったために、
リアルのビジネスと違って、やることが増えすぎてしまったんですね。

だから、もう全てをやろうとすることは止めるようにしましょう。

できること、わかることからしっかり実践して、
情報に振り回されず、地に足をつけた戦略を立てて、

売上を伸ばすことを確実にやっていくことが、
今の中小企業のネット戦略には必要なんだと思います。

極端な話、スタッフもそんなにいない小さな会社だったら、

やることなんて、ひとつぐらいしかできないと思いますよ。

楽天だけ、とか。
ブログだけ、とか。
SEOだけ、とか。

これらを2つ以上やってしまうと、
全てが中途半端になってしまって、
無駄な作業になってしまうというのが、今のネットビジネスの時代なんだと思います。

でも、自分にとって必要な販促ノウハウを“選ぶ”ためには、
とりあえず、全てのネット戦略を一通り理解する必要はありますよね?

だけど、この年末に、さっきあげたノウハウを全てマスターするのは、ちょっと時間がありませんよね?

ということで、私が全部調べました!

ええ、今、ネットビジネスに携わっている人が、
絶対に抑えなくてはいけないネットの話」を、
片っ端から調査して、それを全て、

今回、大阪で緊急開催されるセミナーの2時間にまとめてお話させて頂きます!!

特に、ヤフーの0円料金のネットショップに関しては、
徹底的に可能性と将来性を調査しましたので、
興味のある人は、ぜひ、聞いてもらいたいと思います。

「最近、情報が多すぎて、何をやっていいのか分からないよ~」

という、迷走ぎみのネットビジネス運営者にとったら、
2時間で頭がすっきりするようなセミナーになると思いますよ!

【募集開始!】
大阪・12月2日 14:00~16:00
【緊急開催】ドカンと儲かる「ネット通販の鉄則」セミナー
http://www.osaka.cci.or.jp/event/seminar/201310/D41131202017.html

編集後記

今回、自分でこれらのネットビジネスに関する莫大な情報量を、
泣きながら、整理していて思ったのは、

「他のネットコンサルタントも、こんな辛い仕事、やってるのかな?」

っていう思いでした。
例えば、楽天市場に詳しくないネットコンサルタントって、
絶対に楽天の質問をされれば、

「楽天は儲からないから止めた方がいい」

って、案外、知らないことがバレたくないから、しらって言ってしまうんですよね。
だから、『ネットコンサルタント』と名乗る人にあったときに、
楽天の質問をして、すぐに「やめたほうがいい」っていうコンサルタントは、

「あー、こいつ、何も勉強していないんだなぁ」って思ったりしています。

これと同じで、SEOやキーワード広告、アプリの話なんかも、
同じように質問して、答えられなかったりしたら、
それで相手のスキルや仕事に対する姿勢を判断したりしていますよね。

コンサルタントって、自分の知らない情報に関しては、、
自分の都合で好き勝手なことがいえるから、

案外、「このジャンルの情報は面倒くさいから知らなくてもいいや」ってことで、
無視することが平気できる仕事でもあるんです。

でも、経営コンサルタントの仕事って、
やっぱり、そのお客さんに最適な情報を与えるのが義務だから、

どんなに面倒くさくても、その情報に1%でも売上が伸びる可能性があったら、
徹底的に調べて、そして答えを出して、
その結果、そのお客さんに対して、希望を与えるのが仕事だと思うんですね。

だけど、経営コンサルタントが一人でそれをやるっていうのは、
そろそろ、この情報収集の手法は限界かなぁって思ったりしています。

正直、最近、組織力で戦っているコンサルタント会社のほうが、
ノウハウや情報の精度が高くて、話を聞いていても、

「あー、やっぱりすげぇや、この会社」と思って、
しょげかえって、白旗を揚げることもたびたびあります。

もしかしたら、ノウハウを絞らなくてはいけないのは、
みなさんではなくて、僕のほうかもしれませんね。

【募集開始!】
大阪・12月2日 14:00~16:00
【緊急開催】ドカンと儲かる「ネット通販の鉄則」セミナー
http://www.osaka.cci.or.jp/event/seminar/201310/D41131202017.html

■「もう買いましたか?」
新刊≪1秒でお客さんの心をつかむ1秒POP≫
http://www.amazon.co.jp/dp/4799102915/

著者/竹内謙礼

記事をご覧になって下さりありがとうございます、
よかったら気軽にコメントを書き込んでくださいね!

このエントリーをはてなブックマークに追加
rss
上矢印
ページTOPへ