経営コンサルタントの竹内謙礼の公式ブログ。

  1. 最新ニュース
  2. 204 view

本日最終日 2021年予測カレンダー!

こんにちは。いろはの竹内です。

 

2週間にわたり先行予約販売をさせていただきました、

2021年の予測カレンダーですが、

 

 

おかげさまで今年も多くの人の販売予約を頂きました!

本当にありがとうございます!

 

 

私がひとりで受注管理もやっているので、

ひとりひとりの注文の際のお名前、会社名を拝見させていただき、

「あっ、今年も予測カレンダーを使ってくれるんだ!」

「おーっ、この会社、コロナ禍でも頑張っているなぁ」

「おっ、懐かしい! あの社長さん、元気にしているかな?」

と、まるで同窓会みたいな気持ちで、

注文を受けつけている状況です。

 

特に今年は直接お会いするセミナーやコンサルティングがなかったので、

予測カレンダーの販売を通じて、再び熱いコミュニケーションを取れることは、

私自身も心からの励みになります!

 

一方で、期待を寄せている人や会社からの注文がないと、

「大丈夫かな?」と、心配になってしまいます。

やはりコロナ禍で経営が大変な会社も多いので、

予測カレンダーを購入するお金の余裕がないと思うと、

経営へのダメージが相当深刻だと思うのと同時に、

「頑張れ!」と祈る思いで応援したくなります。

 

そんなわけで、いよいよ2021年の予測カレンダーも、

本日、12月7日が先行予約販売の「最終日」となります!

 

■『2021年予測カレンダー』
https://e-iroha.com/calendar2021/

 

8,800円で購入できるのは本日で終了!

 

明日、12月8日より、

定価1万7800円での販売となります!

「うつらないんですAMAVIE」が同梱される限定400個は、

おそらく、ぴったり先行予約販売のみなさんにはお届けできると思います!

 

なので、本日7日の予約販売が、

特別価格「8800円」+「うつらないんです」が購入できる、

 

「最後の日」となります。

 

ぜひ、お急ぎでご注文のほど、よろしくお願いします!

 

■今なら8,800円 『2021年予測カレンダー』
https://e-iroha.com/calendar2021/

 

ということで、今回のメルマガでは、

 

「想像力」

について、お話したいと思います。

 

★YouTubeでも2021年の予測公開中!
https://www.youtube.com/watch?v=IK6sReqIPbo

「勝った企業」と「勝てなかった企業」の差とは?

先日、毎週日経MJのコラムを読んでいる

某出版社の編集者さんからのオファーがあって、

2021年の春頃に『コロナ禍で勝敗を分けた企業』というテーマで、

ビジネス書を1冊書くことが決まりました。

 

そのような事情もあって、

日本全国の企業や店舗を取材させて頂いているんですが、

コロナ禍の影響を最小限にとどめた企業や、

逆風に立ち向かって売上を伸ばした企業の共通点を探ると、

 

「想像力」

 

というキーワードが浮かび上がってくるんですね。

コロナ禍という緊急事態に対して、

 

「こんな風に世の中に変わるだろう」

 

と想像ができた企業は、

それに向けて戦略を変えたり、体制を整えたりして、

自分の予測している方向に経営の舵を切って、

コロナ禍に負けない経営を展開して勝ち抜くことができました。

 

一方で、厳しい経営に追い込まれてしまった企業は、

経営者や従業員の「想像力」が発揮できずに、

危機的状況に陥っても、

 

「うーん、ちょっと待って」

 

と動きを止めてしまった隙に、

ずるずるとコロナ禍の波に飲まれていった感があります。

 

つまり、常日頃から「想像する」という

ビジネス脳を鍛えている人と、

ぼんやりとものごとを考えている人で、

企業の存続がコロナ禍を境に分かれてしまったんだと思います。

 

いいですか?

 

危機的状況に「想像力」を働かせられなかった企業というのは、

圧倒的な情報不足が要因だったと思うんですね。

 

例えば、2021年のデフレ市場に向けて、

コロナ禍で「売れたもの」「売れなかったもの」だけを抑えるのではなく、

 

リーマンショックの時に何が売れたのか、

スーパーで何が売れて、アパレル業界で何が売れなかったのか、

 

このような多方面からの情報を掴んで、

はじめて自分の業界の「売れるもの」が分かるものなのです。

 

結局、想像力が発揮できなかった最大の要因は、

 

視野の狭いところで未来を想像したことなんだと思います。

 

冷静になって考えてみると、

自分が商売をしている業界だけで、

世の中が成り立っているはずがないですよね?

 

Googleが5月に行ったアップデートは、

実店舗の販促にも大きな影響を与えていますし、

母の日、父の日、敬老の日のギフト商戦の行方は、

楽天やAmazonのネットショップの戦略でも、

重視しなくてはいけないトレンド情報だったりします。

 

スーパー業界はAmazonが展開する、

『ダッシュカート』の情報は絶対に掴んでおくべきだし、

寝具業界は来たるオンライン診療の本格導入に向けて、

ウェアラブルによる医療への情報提供の話は知っておくべきだと思います。

 

世の中がデジタル化していく上で、

業界を飛び越えた情報をしっかり入手していなければ、

「次の一手」が読めない世の中になってしまっているんです。

 

その「想像力」を手助けするのが、

10月から11月にかけて情報収集した「予測」のカレンダーであり、

このカレンダーを毎月目にしながら、

経営者、従業員全員の予測力、想像力を鍛えていくことで、

経営や販売の予測力が鍛えられるんだと思います。

 

もちろん、2021年はそんなに簡単に切り抜けられる年ではありません。

ですが、

 

「世界経済」→「日本経済」→「小売、サービス業」

 

この順番で整理して考えていくと、

「2021年は行けるかも!」

と、明るい気持ちになれるのではないかと思います。

本日、12月17日が8,800円で購入できる

「最終日」になりますので、

ぜひ、2021年を全力で戦える「武器」にしてもらえればと思います。

★本日、8,800円最終日。
明日より1万7,800円の定価販売となります。
『2021年の予測カレンダー』
https://e-iroha.com/calendar2021/

※今現在、カレンダーの一部のテキストと音声をページにて公開中です。

 

編集後記

予測カレンダーを制作しているときは、

やはり、

 

「自分の身の回りの人」

 

を想像しながら制作しているところがあります。

 

セミナーでお会いした人、

Facebookでよくコメントを入れてくれる人、

昔、懇親会でいろいろお話をさせていただいた人、

経営者として尊敬している人、

一緒に商売をして名刺交換をさせてくれた人、

タケウチ商売繁盛研究会の人、

 

おそらく、その人達の一人ひとりの「顔」を思い出すことで、

メルマガを読んでくれている人達に役立つ、

予測カレンダーを作ることができるんだと思います。

 

そういう意味でいえば、

毎週、このメルマガを書いている時と、

予測カレンダーを制作する時の心境というのは、

ほとんど同じなのかもしれません。

そんな届けたい人へのメッセージを満載に盛り込んだ予測カレンダーも、

先行予約販売価格8,800円で購入できるのが、

 

本日、12月7日が「最終日」となります。

『先着400名様・アマビエカード付の『うつらないんです』お守り付き!』
https://e-iroha.com/calendar2021/

 

これで、ようやく、ようやく、ようやく、ようやく、

ようやく、ようやく、ようやく、ようやく、

 

私も“年の瀬”になりますので、

みなさんと一緒に、良い年が迎えられればと思います!

 

≪年末セミナー告知のお知らせ!≫

■12月20日(日)東京・立石
『アフターコロナ時代の売れる販促手法』
https://www.lib.city.katsushika.lg.jp/info?1&pid=7683

■12月14日 14:00~16:00 【碧南市】
「売上に繋がる動画コンテンツの作り方」
http://www.hekinancci.or.jp/?p=8428

 

※メルマガの内容は出典とURLを明記していただけ
れば流用、拡散は大歓迎です。

※あれ? メルマガが届かなくなったぞ?
もう一度、メールアドレスを登録してみましょう!
https://e-iroha.com/melmaga/mailmagazine2.htm

最新ニュースの最近記事

  1. 本日最終日 2021年予測カレンダー!

  2. お待たせしました!2021年の予測カレンダー予約発売開始!

  3. 「巣ごもり消費本」を買うと「Amazon攻略本」が1冊ついてくる!

  4. ハワイの新型コロナウイルス対策を日本視点でまとめてみた

  5. 2020年予測カレンダー!先行予約販売開始!

関連記事

楽天市場等のネットビジネスで
多くの受賞履歴
あり。

大企業、中小企業問わず、実店舗ビジネス、ネットビジネスのアドバイスを行なう経営コンサルタント。有限会社いろは代表取締役。大学卒業後、雑誌編集者を経て観光牧場の企画広報に携わる。楽天市場等で数多くの優秀賞を受賞。現在は雑誌や新聞に連載を持つ傍ら、全国の商工会議所や企業等でセミナー活動を行い、「タケウチ商売繁盛研究会」の主宰として、多くの経営者や起業家に対して低料金の会員制コンサルティング事業を積極的に行っている。特にキャッチコピーによる販促戦略、ネットビジネスのコンサルティングには、多くの実績を持つ。著書に『売り上げがドカンとあがるキャッチコピーの作り方』(日本経済新聞社)、『御社のホームページがダメな理由』(中経出版)、「会計天国」(PHP研究所)ほか、多数。
竹内謙礼の無料動画セミナー 女子大生の看板サンプルブログ 羽沢横浜国大駅のブログ
経営コンサルトによる記事を検索してご覧頂けます!
アーカイブ
PAGE TOP