経営コンサルタントの竹内謙礼の公式ブログ。

  1. 竹内謙礼の公式メルマガ
  2. 137 view

なぜ、老舗店舗は「やる気」をなくすのか?

こんにちは。いろはの竹内です。

 

先日、次女が「ちょっと聞きたいんだが」と、

相談を持ち掛けてきたんですね。

 

「友達と『自分と似ている芸能人』の話になってね」

「ふむふむ」

「『結構、盛っていいからさぁ』って言われたから」

「ふむふむ」

「思い切って『浜辺美波に似てる』って答えたんだよ」

「へー、誰それ?」

「これだよ」とスマホで写真を差し出す娘。

 

浜辺美波
https://minami-hamabe.net/

 

ええ、何にひとつ似ていませんね。

これは盛っているレベルを超えて、虚言と妄想です。

 

「で、お父さんは似てると思う?」

「はい?」

「友達は『盛り過ぎだよ』って怒っててさ」

「・・・」

「ちょっと答えてよ」

 

問い詰められる父。

そして、迫る娘。

 

悩んだ挙句、

 

「雰囲気は似てるかな?」

 

と笑顔で答えた結果、「けっ!」と吐き捨てて、

ズタズタと二階の自分の部屋に戻っていきました。

 

ふー。

 

なんと答えれば良かったんでしょうか?(正解:黙秘)

 

ということで、本日のメルマガは、

「老舗のネットショップの将来」

という話をひとつ。

 

■11月11日 オンラインセミナー
はじまる&のばす ネットショップEXPO 2022
https://netshop.impress.co.jp/event/amazon-pay-2022

「経営」よりも「生き方」の問題

「小さな会社はネットショップをやってはいけない」

というのが、私の基本スタンスなんですが、

 

例外として、

「小さくても老舗のネットショップはこのまま運営を続けなさい」

というのが、考え方としてあるんですね。

 

一番の理由は「固定客がついている」という点です。

 

老舗のネットショップは早い段階でネット市場に参入して、

簡単に浮気をしない良質なお客さんを囲い込んでいるので、

ファン客が流出しにくい状態にあるんですね。

 

もうひとつは、「検索結果で上位が取れている」という点です。

 

ドメインを長く保有しているおかげで、

検索結果でも上位を獲得しているページが多く、

ほぼ何もしなくても新規顧客が自然流入してくれる利点があります

 

三つ目は、「経営者がよく分かっている」という点です。

 

10年以上も前からネットショップを始めているということは、

自分で分からないことを解決できる力がある証拠でもあり、

ネットの知識と経験を経営者自身が身につけているので

大きな判断ミスを犯さない点は、大きなアドバンテージといえます。

 

つまり、老舗のネットショップはお客の質が良くて、

新規顧客の自然流入もあって、なおかつノウハウもあるわけですから、

 

そう簡単に経営でズッコケることがないんです。

 

いいですか?

 

今後、Eコマースの業界に大手の企業が参入しようが、

価格競争に入ろうが、ポイント合戦になろうが、

「古くから商売をやっている」というのは、

負けることがない最強の武器だったりするんですね。

 

新しく参入する企業よりも、広告費は圧倒的にかかりませんし、

顧客はそう簡単に浮気しないですし、

基本的なEコマースのノウハウさえ押さえていれば、

時代に取り残されていくこともありません。

 

ただし。

 

今後の成長を期待することはできないと思います。

 

固定客による安定した売上は、経営者の挑戦意欲を削ぎ落しますし、

何もせずに新規客が入ってくる体制は、顧客獲得コストへの意識を低下させます。

失敗しない経営は、新しいノウハウを取り入れる意欲を失わせて、

「ことなかれ主義」の風土を社内に作り上げます。

 

つまり、老舗のネットショップは、「絶対に負けない」という

最強のポジションを手に入れる代わりに、

一方で、「圧倒的に勝てない」という、

サラリーマン的なポジションを取ってしまう恐れがあることは、

表裏一体の部分として、受け入れていく必要はあるんだと思います。

 

さてさて。

 

ネットショップ運営に限らず、みなさんのお店は「老舗」ですか? 

それとも、つい最近スタートアップした「ベンチャー」ですか?

 

老舗で勝ち続けたいのであれば、過去の成功体験を全部捨てて、

リスクを取って、新しいことにチャレンジする勇気を持つことです。

 

逆に、失敗したくなければ、大企業のサラリーマンや公務員のように、

 

何もしないことです。

 

いずれ固定客は目減りして、SEOの順位も下がり、

ノウハウも劣化して、少しずつ売上や利益は下がっていくと思います。

 

ただ、そのようなみじめな思いをするのは、

まだ何年も先のことですし、仮にそうなったとしても、

固定費が低いネットショップが潰れることは、まずありません。

 

最後はアパートの1室で、自分一人で運営すればいいだけの話ですから。

 

老後の生活として、十分な日銭を稼ぐことはできると思いますよ。

 

それよりも肝心なのは、自分自身が成長していくことが好きな人間なのか、

それとも現状維持で失敗を恐れる人間なのか、

そのあたりは「経営」よりも「生き方」の問題になってくるのではないかと思います。

 

■月額5000円~ 電話相談、メール相談で、
新しい「経営者の生き方」を一緒に考えていきましょう。
★「タケウチ商売繁盛研究会」
https://e-iroha.com/kenkyukai/

編集後記

プライドが高い経営者になればなるほど、

「負けたくない」という思いが強くなり、

負けるぐらいだったら、「勝負しない」という人生の選択を取り、

最終的には、静かに衰退していく道を選ぶ人が多いように思います。

 

一方、一度でもプライドがズタズタにされた経営者は、

「負けたくない」よりも、「成功したい」という思いのほうが強くなるので、

リスクをとって勝負に出て、そして失敗から徹底してノウハウを学び、

さらに会社の規模を大きくしていく流れを作っているように思います。

 

老舗企業の経営者は、

 

会社を静かに殺していくのか、

成長に失敗して殺していくのか、

成長に成功して生き抜くのか、

 

この3拓が迫られるんだと思います。

 

もしかしたら、老舗の経営者は、ベンチャーの経営者よりも

酷な選択をしなくてはいけないのかもしれません。

 

■月額5000円~ 二代目経営者の深刻な相談歓迎。
「タケウチ商売繁盛研究会」
https://e-iroha.com/kenkyukai/

 

※メルマガの内容は出典とURLを明記していただけ
れば流用、拡散は大歓迎です。

※あれ? メルマガが届かなくなったぞ?
もう一度、メールアドレスを登録してみましょう!
https://e-iroha.com/melmaga/mailmagazine2.htm

竹内謙礼の公式メルマガの最近記事

  1. なぜ、「人が動き出す」と売れなくなるのか?

  2. 高く売る」を知らない経営者の生き残り術

  3. なぜ、時代の変化についていけなくなるのか?

  4. 「巣ごもりバブル」が崩壊した後に起きること

  5. 「裸の王様」の経営者が成功する理由

関連記事

楽天市場等のネットビジネスで
多くの受賞履歴
あり。

大企業、中小企業問わず、実店舗ビジネス、ネットビジネスのアドバイスを行なう経営コンサルタント。有限会社いろは代表取締役。大学卒業後、雑誌編集者を経て観光牧場の企画広報に携わる。楽天市場等で数多くの優秀賞を受賞。現在は雑誌や新聞に連載を持つ傍ら、全国の商工会議所や企業等でセミナー活動を行い、「タケウチ商売繁盛研究会」の主宰として、多くの経営者や起業家に対して低料金の会員制コンサルティング事業を積極的に行っている。特にキャッチコピーによる販促戦略、ネットビジネスのコンサルティングには、多くの実績を持つ。著書に『売り上げがドカンとあがるキャッチコピーの作り方』(日本経済新聞社)、『御社のホームページがダメな理由』(中経出版)、「会計天国」(PHP研究所)ほか、多数。
竹内謙礼の無料動画セミナー 女子大生の看板サンプルブログ 羽沢横浜国大駅のブログ
経営コンサルトによる記事を検索してご覧頂けます!
アーカイブ
PAGE TOP