• 竹内謙礼のボカンと売れる講座
  • セミナー
  • 著書
  • ボカンと売れる講座(メルマガ)
経営コンサルタント 竹内謙礼 > 竹内謙礼の公式メルマガ > SEO対策 > 毎月3万円、無駄なお金を支払っていませんか?
2015/01/30
  • 毎月3万円、無駄なお金を支払っていませんか?

こんにちは!
経営コンサルタントの竹内です!

先日、『アマゾンに負けない絶対ルール』という本がようやく書き終わり、
編集者と表紙の打ち合わせをしてきました。

で、今回はどんな表紙になるのか尋ねたところ、
「うーん」と言って、編集者が渋い顔をして事情を話してくれました。

「実はデザイナーさんに、表紙のアイデアを出すように言ったんですよ」
「ふむふむ」

「そしたら・・・柔道選手が背負い投げしている表紙を出してきたんですね」
「・・・背負い投げ、ですか?」

「ええ、『アマゾンに負けない!』という気持ちを表現したかったとか」
「・・・変わったデザイナーさんですね」

「だから、それはダメだと言って、二度目のアイデアを出させたんです」
「おおおっ」

「そしたら、今度は・・・ボートレースのイラストの表紙を出してきたんです」
「・・・ボートレース、ですか?」

「ええ、『アマゾンに負けない!』という気持ちを表現したかったとか」

もしかして、このデザイナーは、

『アマゾン』を何かの人物だと思っているのでしょうか?

そんな一抹の不安を抱えながら、
来月の中旬には発売する予定のアマゾン対策本!

みなさん、どんな表紙になるかお楽しみに!(←著者としては大いに不安)

というわけで。
本日はキーワード広告とSEOについてのお話。

みなさん、広告代理店やホームページ制作業者に、
無駄なお金を払っていませんか?

月々5万円で、何やってくれるのか?

 

さて、インターネットのサービスというのは、
形になって見えるものではないので、
どうしても相手が

「何をやっているのか分からない」

というブラックボックス的なサービスになってしまいます。

例えば、SEOに関しても、
業者に「お願いします」と言って仕事の依頼をかけても、

知識も情報もない人にとったら、
一体、何をやっているのか、さっぱり分からない仕事なんですね。

特にホームページ制作の場合、管理費の中に、
「SEO対策費」などと意味の分からない項目を入れられて、
ここで3万円、5万円と、良く分からないお金を毎月払い続けている会社が多いのが現状です。

でも、SEOそのものが分かっていないから、
その費用が無駄なのか、無駄ではないのか、よくわからないために、
結局、その費用を払い続けてしまうんですね。

でも、冷静に考えてみて下さい。

今、これほどまでに難しくなったSEOに対して、
ホームページ業者が片手間の作業で3万円とか5万円の予算で、何をしてくれると思いますか?

昔みたいに、「被リンクたくさん貼りました、以上。」の世界ではないので、
とてもではないですが、こんなお金では、
なんの作業もやっていないのが現状だったりします。

だけど、SEOが一体どういう仕組みで、
何が今、トレンドの手法なのか分からない人たちは、

やっぱり“お守り”みたいな感覚で、結局、この3万円とか5万円とかいう、
よく分からないお金を払い続けてしまうのです。

いいですか?

結局、こういう「何も知らない」という事情だけで、
無意味なお金を定期的に搾取し続けるのが、
ネットサービスの現状だったりします。

「良く知らない」

「良く勉強しない」

そういう人たちだからこそ、
形の見えないサービスを売り込まれて、不安になって、
無駄な経費を垂れ流してしまうのが、ネットビジネスの“怖さ”だったりするんですね。

月々5万円といっても、年額に直したら60万円ですからね。
ちょっとした設備の修繕費ぐらいにはなったりしますよ・・・。

そして、このような話は、SEOだけに留まりません。
最近は、キーワード広告の運用に関しても、
質の悪いサービスにお金を払い続けている人がたくさん出没しています。

昨年あたりから、非常にキーワード広告の運用が難しくなり、
ちゃんと情報をキャッチして、いい広告代理店とパートナーシップを組まなければ、
効率的な広告費の運用ができなくなっている状態になっています。

特に最近は人材確保が難しくなってきているので、
少ない人数で、雑に広告を運用しているか、
質の悪い人材で、雑に広告を運用しているか、

どちらにせよ、広告代理店のキーワード広告の運用が、
ちょっと信頼できない事例が増えているところがあります。

でも、結局、これも、

「毎月、決められた金額の広告費さえ支払っていればいいや」

という、経営者の認識の甘さが招いた事態であって、
やっぱり、知識をちゃんと持ち合わせて、
しっかりビジネスパートナーは選んでいかなくてはいけない時代なんだと思います。

そう遠くない将来、ネットビジネスの世界は、もっともっと複雑になり、
社内ではノウハウや技術力をカバーしきれなくなる時代が来ると思います。

そうなった時に、やはり重要になってくるのは、
自分の会社に適切なアドバイスをしてくれる
ビジネスパートナーをちゃんと見つけることだったりします。

SEOやキーワード広告に限らず、
「人を見る目」というのは、人生で最も大切な能力だったりしますので、

自分の人生経験と知識と情報をフル稼働させて、
ベストなビジネスパートナーを見つけてもらえればと思います。

■竹内謙礼があなたの「ビジネスパートナー」になります!

メール相談、電話相談がガンガンできる。
月額5000円~ タケウチ商売繁盛研究会
https://e-iroha.com/kenkyukai/index.html

 

編集後記

さて、私が主宰する「タケウチ商売繁盛研究会」の会員さんで、
キーワード広告を運用している「豊田ネットアドバンス」の豊田さんが、

期間限定で、キーワード広告の運用の無料添削サービスを始めました。

豊田ネットアドバンス

http://toyotanetadvance.com/

私が豊田さんを信頼しているところは、
キーワード広告の運用に、とっても誠実なところです。

個人でやっていることもあり、自分の仕事のキャパシティを超えないために、
「5社以上の仕事は受けない」というポリシーを持って広告運用をしています。

これ以上の件数を仕事受けてしまうと、
キーワード広告の運用は従業員や外注に任せなくてはいけなくなってしまうので、
自分ひとりのキャパを超えないように、これ以上の仕事は絶対に受けないそうです。

また、自分のところに「キーワード広告の運用をお願いしたい」という依頼が来ても、
ベストパフォーマンスを発揮できない商材やサービスであれば、
それらも全てお断りしているそうです。

広告費のバランスや競合の状況などをちゃんと調べて、

「今の広告費じゃ難しいな」
「このサービスだと厳しいな」

と思ったら、それらも全てお断りしているんですね。

先日も、私のクライアントで
「キーワード広告を運用をお願いしたい」という依頼があったんですが、
豊田さんに調べてもらったところ、

「今の広告代理店もちゃんと管理しているから、この会社で続けられた方がいいですよ」

という職人気質なアドバイスを受けて、結局、豊田さんの仕事には繋がりませんでした(笑)

でも、こういうことをちゃんと言ってくれるから、
僕も豊田さんに、長年お仕事をお願いしているところがあります。

そんな豊田さんが、今、ちょうど1社だけ枠ができたそうなので、
無料で添削キャンペーンをやるそうです。

自分の勉強のためという意味合いもあるそうなので、
ぜひ一度、自分の会社のキーワード広告がちゃんと運営されているのか、
添削してもらってはいかがでしょうか。

先着順ではありますが、無料のサービスなので、
ぜひ、これを機会に自社のキーワード広告の運用を再チェックしてもらえればと思います。

特に長く付き合っているキーワード広告の運用会社は、
「このクライアント、文句言ってこないから適当に運営してたらいいや」
ということで、放置プレイになっているケースが多々あります。

そう言う意味でも、一度は自分の会社のキーワード広告が、
ちゃんと運用されているかどうか、チェックはしておいたほうがいいと思いますよ。

■無料相談はコチラ!
http://toyotanetadvance.com/キーワード広告無料相談/

■現在、すぐにお届け可能です!
1月中に2015年の販促計画を立てよう!

【まだまだ売れてます!】 2015年予測カレンダー
https://e-iroha.com/calendar2015/

著者/竹内謙礼

記事をご覧になって下さりありがとうございます、
よかったら気軽にコメントを書き込んでくださいね!

このエントリーをはてなブックマークに追加
rss
上矢印
ページTOPへ