• 竹内謙礼のボカンと売れる講座
  • セミナー
  • 著書
  • ボカンと売れる講座(メルマガ)
  • 「腰痛」と「経営」の改善は似ている

こんにちは!
経営コンサルタントの竹内です!

先日、セミナーの講師を務めたんですが、
その会場で、主催者が参加者に対して、
「粗品」と書かれた小さな箱を配っていたことがあったんですね。

白い小さな箱で、中身は見えず。

気になるので、セミナー終了後に主催者さんに、
「中身はなんの粗品なんですか?」と聞いたところ、

「ホッチキスです」
という、ガチで「粗品」という返答を受けてしまいました。

しかし、その質問が主催者さんの心に火をつけてしまったらしく、
「あ、竹内さん、ホッチキス、欲しいんですか?」

と大きな誤解を与えてしまい、
「いえ、大丈夫です」と首を横に振ったものの、

「そう言わずに」

「いえ、本当に、大丈夫です!」

「まぁまぁ、受け取ってください」

「ホッチキスは、間に合ってますよ」

「遠慮せずに、たくさんあって困るものじゃないですし」

いやいや、ホッチキスはたくさんあったら困るだろ!

と、突っ込みを入れる前に、
3個のホッチキスを鞄の中に入れられて、

今、私の事務所には“元祖ホッチキス”を含めて、
4個のホッチキスに囲まれてハーレム状態になっております。

ということで、そんなホッチキスに囲まれた
素敵なオフィスから本日お届けするメルマガは、

「腰痛」

についてのお話。

実は、ちょっとマーケティング的な『学び』が多い話なので、
自己体験談として、
今回は変則フォーマットのメルマガで紹介させて頂きます。

 

経営と腰痛は同じ。

腰が痛くなったのは1月初旬頃からです。
特に足のしびれがあったり、
歩けなくなったりするものではなかったんですが、

ちょっとズキっという痛みが数日前から出始めていたんですね。

おそらく、本の執筆やカレンダーの執筆で疲れが溜まったのでしょう。
でも、病院に行くのも面倒だったし、ほっとけば治ると思っていたので、
そのままずっと放置していたんです。

そしたら痛さが日に日に増して、
最後は、どうにもならない状態になってしまいました。

≪今回の学び≫
『経営と腰痛の改善は、ほっといても治らない』

で、そこで私が始めたのは、
日々のストレッチと軽い運動でした。

見様見真似で、いろいろなストレッチをしました。
また、腰回りに筋肉をつけようとして腹筋やスクワットをしました。

結果、もっと悪化しました。

当たり前です。

健康体であれば、まだ良かったかもしれませんが、
腰を痛めている状態で、さらに痛める運動をしたんですから。

運動をすればするほど、さらに腰の痛みが増していきました。

≪今回の学び≫
『経営と腰痛の改善は、弱っている状態でやってはいけない』

そして、今度は整形外科に行こうと思ったんですが、
地元の整形外科で過去にあまり良い経験がなく、
結局、地元で評判のいい整骨院に行くことにしました。

いろいろ診断してもらった結果、
どうやら、ヘルニアのような重症の腰痛ではないとのこと。
また、内臓からくる腰の痛みでもないという診断を受けました。

私はそこで一安心して、
整体の先生から、正しいストレッチの方法を教えてもらうことにしました。

しかし。

そのストレッチを何回やっても、一向に腰がよくなりません。

≪今回の学び≫
『経営と腰痛の改善は、見立てを間違うことがよくある』

まったく腰がよくならないので、
今度は、知人の薬局に行って、湿布と痛み止めの薬をもらうことにしました。
すると、腰の痛みは軽減されて、かなり良好になりました。

しかし!

そんな付け焼刃的な治療など通用することなどなく、
すぐに痛み止めも湿布も効かなくなり、
また痛みが増してきました。

≪今回の学び≫
『経営と腰痛の改善は、即効性の高いものほど長続きしない』

そんなある日、腰痛で悩んでいることを、
知人の経営者に相談したところ、

「バランスボールに乗って仕事をしたらいい」

というアドバイスを受けました。
早速、バランスボールを買って、
それに乗って仕事をし始めたところ、
さらに腰が痛くなってしまいました。

≪今回の学び≫
『経営と腰痛の改善は、素人のアドバイスに耳を傾けてはいけない』

どうにもこうにもならなくなった私の腰の痛みは、
とうとうピークに達してしまい、

兵庫県小野市で行われたセミナーの時に、
お辞儀をしたら、痛みが走るぐらいになっていました。

で、もがき苦しんでいる時に、
セミナーの参加者名簿を見ていたところ、
整骨院の社長さんが一人参加しているのを見つけました。

私は、その人が会場に入ってくるなり、
駆け寄って「腰が痛いんです!」と泣きついて、
無理をいってセミナー終了後に時間を作ってもらい、

治療してもらうことにしました。

≪今回の学び≫
『経営と腰痛の改善は、偶然の出会いが大切である』

セミナー終了後、その整骨院に立ち寄って、
腰をみてもらうことにしました。

しかし、ここがちょっと変わった整骨院さんで、
1時間ぐらい、ずっとヒアリングしかしないんです。

日々の生活スタイルとか、どのような姿勢の時に腰が痛いのかとか。
さらに、身体を曲げたり、ストレッチをしたりしながら、
丁寧に、ずーっと質問を繰り返すんです。

で、見立てが終わった後に、
先生から2つのストレッチの方法を教わりました。

ええ、たった2つです。

しかも、電車に乗りながらできるぐらいの、
非常にシンプルなストレッチです。

正直「おいおい、こんなので治るのかよ!」と思いました。
でも、シンプルなだけあって、腰の痛みの原因が判明して、
私は納得した上で、そのストレッチを実践することにしました。

≪今回の学び≫
『腰痛と経営の改善は、シンプルな施策のほうがいい』

先生に言われた通りの、簡単なストレッチを毎日6セット、
時間の合間を見て続けることにしました。

すると!

3日後には、かなり腰が軽くなり、
1週間後には、驚くほど痛みが軽減されていました!

≪今回の学び≫
『腰痛と経営の改善は、信じて、続けることが大事』

私は早速、先生にお礼のメールを出しました。
腰の痛みが軽減されて、感謝の気持ちでいっぱいだと伝えました。

しかし、先生は浮かれることなく、私にこんなメールを返してきました。
「油断せずに、あと6週間、このストレッチを必ず続けてください」

その先生のアドバイスを受けて、
私は今でも、そのストレッチを続けています。
そして、腰は順調に回復をしています。

≪今回の学び≫
『腰痛と経営の改善は、最後まで油断してはいけない』

いいですか?

今回、自分自身の腰痛体験から
「治す」という難しさを痛感しました。

多くの人が、今の経営を「治す」努力をしていると思うのですが、

アドバイスが悪かったり、
出会いが悪かったり、
続けることができなかったり、

いろいろな事情で「治らない」という状況に陥っている人が、
多くいるのではないかと思いました。

しかし、結局のところ、
その答えを見つけるのは自分自身であり、

「治す」という目標に向かって、
トライアンドエラーを繰り返すことによって、

良いアドバイスに辿り着いたり、
良い出会いに巡り合ったり、
根気よく続けることができたり、

1歩1歩改善に向かって突き進むことができるんだと思います。

さてさて、みなさんも、
身体のどこかに常に「痛み」を抱えていると思いますが、

その「痛み」を会社の経営に例えると、
なんとなく、その痛みが治らない原因というのが、
分かってくるかもしれませんよ。

売れない“痛み”をシステムで解決!

【3月12日 東京】
決済方法・受注管理・ロジスティック・メール共有…。

100倍効率が上がるネットショップのバックヤードの作り方!
http://www.netprotections.com/seminar/detail/index_150312.html

 

編集後記

さて、今回、腰痛を改善してくれた整骨院は、
兵庫県小野市にある「ケアラボ」の藤原先生です。

http://carelabo-taka.com/

本当にマンガみたいな偶然の出会いでしたが、
藤原先生のおかげで、1ヶ月半苦しんできた腰痛から、
ようやく解放されることができました。

治療法は「マッケンジー療法」といって、問診と評価で、
セルフエクササイズで改善していく、ちょっと変わった治療法です。

ダチョウ倶楽部のリーダーの肥後さんなんかも実践している腰痛改善法だそうです。
http://www.amazon.co.jp/dp/4778313445

正直、最初は「怪しい療法だなぁ」という不安もありましたが、
藤原先生の説明が非常に説得力があって、

言われた通りの簡単なストレッチ法を、
1日6セットしっかりやることによって、
みるみるうちに腰の痛みが改善されていきました。

このメルマガを読んで、腰痛や首の痛みに悩んでいる人がいたら、
ぜひ一度、問い合わせてみて下さいね!

著者/竹内謙礼

記事をご覧になって下さりありがとうございます、
よかったら気軽にコメントを書き込んでくださいね!

このエントリーをはてなブックマークに追加
rss
上矢印
ページTOPへ