経営コンサルタントの竹内謙礼の公式ブログ。

  1. 竹内謙礼の公式メルマガ
  2. 140 view

今は新規事業を始めるタイミングなのか?

こんにちは。いろはの竹内です。

 

先日、次女が「お願いがあるの」と、

しおらしく私に相談を持ち掛けてきたんですね。

 

やれやれ、社会人になったとはいえ、

まだまだ親に甘えてしまう子どもなんですね。

 

「どうした?」

「カメラ付きの耳かきを買ったんだよ」

「うむ」

「Bluetoothでつなげて、耳の中をスマホに映し出すんだ」

「ふーん」

「でも、お母さんやお姉ーちゃんの耳を覗いてもキレイで面白くなくてさ」

「・・・」

 

「で、お父さんの耳が一番汚いんじゃないかって話になってさ」

 

この家族はみんなバカなんでしょうか?

 

「というわけで、耳の穴を覗かせてくれよ」

「嫌だよ」

「お願い!」

「どうせ汚いってバカにするんだろ」

「絶対にしない!」

「ほんとに?」

「うん。そんなこと学校の先生が言ったらダメでしょ」

「・・・」

「お願いします。覗くだけです」

 

「・・・ちょっとだけだよ」

で、横になって、耳の穴を覗いたとたんに、

 

「うわーっ、マジで汚ねー!」

 

と、お約束通りに絶叫する次女。

 

「耳の中がすげぇことになっているぞ!」

「はぁ」

「何か耳の穴で飼ってるのか?」

「何も飼ってません」

「耳クソが大収穫だぞ!」

「おめでとうございます」

「しかも奥にすげぇでかい耳クソの親玉がいるし!」

「そうですか」

「お父さん」

「なんだ」

 

「親玉に名前つけてもいいですか?」

 

耳クソに名前なんかつけないでください!(命名:ジョン)

 

ということで、本日のメルマガのネタは、

「節目」

についてひとつ。

 

■9月26日(月)15:00~【珍しく千葉県開催♪】
これからの消費動向徹底分析
『販路拡大、販売促進成功の秘訣』
http://www.chibakeikyo.jp/php/pdf/2022090101.pdf

変わるときが、一番つらい。

仕事でも人生でも、すべてにおいて言えることですが、

「節目」って大変なんですね。

 

受験の時、結婚の時、離婚の時、

担当が入れ替わる時、システムが変わる時、

 

いわゆる“チェンジ”が起きる時は、

今まで慣れた古いものを捨てて、強引に新しいものを受け入れなくてはいけないので、

精神的にも肉体的にも、大きなストレスを感じてしまうものなんです。

 

しかも、その節目をうまく乗り越えれば、

次のステップで、大きく飛躍することができます。

 

たとえば、20年前にインターネットが世の中に浸透してきて、

情報インフラの“節目”を迎えることになったんですが、

その時に強いストレスを感じながらも、節目をうまく乗り切った人たちが、

今のDX化の時代に、大きく飛躍しているところがあります。

 

一方、インターネットが「節目」だとは気付かず、

そのまま何もせずやり過ごしてしまった人や、

「節目」だと分かっていても、うまく乗り切れなかった人は、

 

結局、その後の仕事でも大きなチャンスをことごとく逃していくことになります。

 

つまり、仕事でも人生でも、

「節目」が一体どこにあるのか気づくことが大切であり、

その「節目」をいかに乗り越えていくかが、

 

成功を掴むための必須の条件になるわけです。

 

いいですか?

 

10年以上、予測カレンダーを作っている私から見れば、

今の2022年は、

 

大きな「節目」だと思うんですね。

 

なぜならば、

 

物価が上がって、

人件費が上がって、

世界情勢が不安定になって、

自然災害が増えて、

コロナの感染がなかなか収まらなくて、

 

先行きが明るいことが、まったく見当たらないからです。

 

先ほど言った通り、

「節目」というのは、大きなストレスがかかるときですから、

逆算して考えれば、今は時代の「節目」に差し掛かっているんだと思います。

 

おそらく、この節目の時期が、あと1~2年ぐらい続いて、

うまく乗り切った人が、次の時代のチャンスを掴み、

ここをボーッと過ごしてしまった人が、

長いストレスを感じる日々を過ごすことになるんだと思います。

 

さてさて。

 

みなさんは、この「節目」をチャンスととらえて、

何か次のアクションを起こしていますか?

 

たとえば、

 

新規事業にチャレンジするとか、

会社を辞めて起業するとか、

日本中を旅してまわるとか、

 

「節目」だからこそ、人生を変えるような大きなアクションを取らなければ、

その恩恵を受けることはできないんだと思います。

 

「節目」は過去を振り返った時に、

「あそこが勝負の分かれ目だったよな」

と後から気づくものです。

 

そして、そのタイミングは得てして、

辛い思いをして、大きなストレスを抱えている時です。

 

今が人生の最大のチャンスの時であり、

大きく動き出すタイミングだと思えば、

 

怖いものは何もないと思いますよ。

 

■【静岡】10月13日 18:30~ オンラインセミナー
「値上げしてもお客に愛される売れるお店の作り方」
https://www.b-nest.jp/marketing/22_05.html

 

編集後記

おそらく、これからの世の中は

人口の減少が続いて、景気が少しずつ悪くなって、

自然災害がいたるところで発生して、

場合によっては、世界のどこかで紛争が起きて、

今まで以上に物価の上昇や金融不安が相次いで、

 

あんまり居心地のいい社会ではなくなっていくと思います。

 

でも、そうなると、今の若いひとたちは、

10年、20年先に明るい未来を描かなくなってしまい、

「将来に向けてスキルを高めよう」とか、

「将来人向けてお金を稼ごう」とか、

そういう人生プランは立てなくなると思うんです。

 

それよりも、「“今”を幸せに生きよう」という方向に、

自分の人生の舵を切っていく若者が増えていくんだと思います。

 

つまり、お金とか、地位とか、名誉よりも、

 

やりたいこと、社会的意義、自由な暮らし、気の合う仲間など、

今の世の中とはまったく違うことを人生の目標や基準において、

経済活動に勤しんでいくのではないかと予想しています。

 

お給料をたくさんもらって幸せになるよりも、

地方都市で仲の良い友達と、儲からなくてもいいから好きな仕事をやっていくことのほうが、

生きて行く価値が高くなっていくのかもしれません。

 

■「タケウチ商売繁盛研究会」月額5000円~
一緒に「節目」を乗り越えて飛躍しませんか?
https://e-iroha.com/kenkyukai

 

※メルマガの内容は出典とURLを明記していただけ
れば流用、拡散は大歓迎です。

※あれ? メルマガが届かなくなったぞ?
もう一度、メールアドレスを登録してみましょう!
https://e-iroha.com/melmaga/mailmagazine2.htm

竹内謙礼の公式メルマガの最近記事

  1. ある寿司屋の主人が「激怒」した理由

  2. なぜ、「知っているようで知らない人」は面倒なのか?

  3. コンサルタントが「ウソ」をつく時とは?

  4. なぜ、リピート客が激減しているのか?

  5. 突然、大企業から訴えられた話

関連記事

楽天市場等のネットビジネスで
多くの受賞履歴
あり。

大企業、中小企業問わず、実店舗ビジネス、ネットビジネスのアドバイスを行なう経営コンサルタント。有限会社いろは代表取締役。大学卒業後、雑誌編集者を経て観光牧場の企画広報に携わる。楽天市場等で数多くの優秀賞を受賞。現在は雑誌や新聞に連載を持つ傍ら、全国の商工会議所や企業等でセミナー活動を行い、「タケウチ商売繁盛研究会」の主宰として、多くの経営者や起業家に対して低料金の会員制コンサルティング事業を積極的に行っている。特にキャッチコピーによる販促戦略、ネットビジネスのコンサルティングには、多くの実績を持つ。著書に『売り上げがドカンとあがるキャッチコピーの作り方』(日本経済新聞社)、『御社のホームページがダメな理由』(中経出版)、「会計天国」(PHP研究所)ほか、多数。
竹内謙礼の無料動画セミナー 女子大生の看板サンプルブログ 羽沢横浜国大駅のブログ
経営コンサルトによる記事を検索してご覧頂けます!
アーカイブ
PAGE TOP