経営コンサルタントの竹内謙礼の公式ブログ。

  1. 竹内謙礼の公式メルマガ
  2. 83 view

ホームページを作り変えるのなら、その根拠を示せ!

こんにちは!
いろはの竹内です!

さてさて。

先日、近所にとってもマズいラーメン屋さんができましたぁ!

ええ、店構えや雰囲気、立地もひっくるめて、
「こりゃ、そうとうマズいラーメン屋さんができるんじゃないか」
と思って、怖いものみたさで足を運んでみたんですが、

見事に期待通りの「マズさ」を出してくれました!
本当に一口目から、

「・・・・・・」

こんな感じのラーメンなんです!

「あー、俺、なんでこんなもんにお金払ってんだろう」
「もう麺なんかくっついてるじゃん!」
「メンマ、ちょーマズゥ」

って、いくらでも愚痴が出てくるラーメン屋なんです!

とにかく全てが「15点」のダメラーメンなんですね(200満点中)。

で、そんなラーメンを悲しい顔をしてズルズルとすすっていると、
ちょうど隣にも「やられた」って顔をした男性のお客さんが、
やっぱり、ズルズルとラーメンをすすっていたんですよね。

そして、ふと顔を上げたときに、たまたま目があったんです。

「俺達、今、仲間だよね」

人間、危機的状況に追い込まれると、
言葉がなくても、通じ合えるもんなんですね・・・。
40年生きてて、私、初めて知ることが出来ました。
きっとチリの鉱山の男達も、こんな感じだったんでしょうか(違うと思う)。

しかし!
無常にも時は過ぎていきます!

顔を歪めながら、マズいラーメンをすすり続ける2人・・・。
テレビを見て、ボーっとしている店長・・・。
なぜか餃子に「ペケ印」がついているメニュー・・・。

そして、ようやく、地獄ラーメン(ただ今命名)を食べ終わった2人は、
まるで示し合わせたように、レジに向かって一緒に歩き出しました。

もちろん、二人とも無言です。
何も話なんかしていません。
しかし、心はちゃんと通じ合っていました!

「また二人でマズいラーメン屋、一緒に探そうな・・・」

心の中でそう誓い合って、
絶対に使いっこない割引券を片手に、揃って店を出て行きました。

後日、この武勇伝を、知人に話したところ、
「絶対に相手は、マズいラーメン屋を探したいとは思っていない」
と、全否定されてしまいました。

うーん、フェニックス(不死鳥)に乗ったことがない人には、
この気持ちは分からないんでしょうね-。

と、なんだか分からない話になりそうなので、
マズいラーメン屋さんの話はここまでにしておいてっ、と。

今日は『ホームページのリニューアル』のお話です。

売上伸びないんだったら、いっそのこと、
ホームページを全面改装してみませんか?

★【11月2日】 ホームページをリニューアル講座!
一番コストを安く、一番効率よく改善する方法は?
http://www.osaka.cci.or.jp/bss/seminar/takeuchi/

作り変える「根拠」を示せ!

インターネット関連のお仕事で、コンサルタントにご指名がかかる時は、
だいたいが「リニューアル」「改装」の時が多いですよね。

ただ、「どうして、ホームページをリニューアルしたいんですか?」と聞くと、
意外にも「なんとなく」っていう人が、多いんです。
もちろん、本人は「なんとなく」なんて、アホなことは言いませんよ。

ただ、

「もう5年ぐらい同じホームページなんで」
「担当者が変わりましたから」
「アクセス数が伸びないんで」

なーんていう、自分の部屋の壁紙を変える様な感覚で、
ホームページをリニューアルしようとしてる人が、意外にも多いんです。

もちろん、部屋の壁紙だったら、「なんとなく」でもいいですよ。

「なんとなく、明るくしたい」
「なんとなく、気分転換」
「なんとなく、模様替えがしたい」

でも、ホームページの場合は、営利目的で運営しているわけですから、
必ず、「根拠」を見つけなくてはいけません。
例えば、

「毎月10万円アップで、これからネット広告にお金を投資していく」
「もう少し検索キーワードを意識した商材を取り揃える」
「メールマガジンを購入客だけに絞り込む」

と、こんな感じで、ホームページをリニューアルをしたら、売上が伸びるという、
「根拠」を明確に提示できなければ、
気分や雰囲気で、ホームページを作り変えてはいけないんです。

いいですか?

売上が伸びない理由は、ホームページのデザインや構造が要因になるのではなく、
ビジネスモデルや商材に大きな問題を抱えているケースが、
実は圧倒的に多いんです。

この元の元を修正してあげないと、ホームページをいっくら修正しても、
売上には反映してくれないわけですね。

特に注意しなくてはいけないのが、
ホームページ制作会社、コンサルタント、ネット担当者なんかは、
仕事がなくなったり、業績に行き詰ると、すぐに、

「ホームページをリニューアルしましょう!」

という提案をしたがります。
だけど、この根拠のない提案には、経営者は絶対にうなづいてはいけません!

部屋の壁紙を取り替えるだけでは売上が伸びないのと同じで、
ホームページのデザインを切り替えるだけでは、
やっぱり売上って伸びなんです。

ホームページのリニューアルって、実はすごい奥が深いんですよ。
しかも、意外に「ピンポイント修正」で、
ホームページって、どーにでもなっちゃうもんなんです。

編集後記

今、新幹線のグリーン車でメールマガジンを書いているんですけどね。
なんか分からないんですけど、席がそれなりにガラガラなのに、
赤の他人と、なぜか2人で並んで座っているんです。

ええ、知らない男性です。
くちゃくちゃ、お弁当を食べています。靴下脱いで。

なんでしょうね・・・この敗北感は。

そこまでして席を空けなきゃダメっていうことは、
名古屋駅あたりで、中国人観光客が
いっきに100人ぐらい乗り込んでくる予定じゃない限り、
こんな座席指定はありえませんよ。ええ。

でも、かといって、ここで席を移動すると、
相手に「あっ、なんか俺、嫌われている?」っていう、
へんな空気を感じさせるのも、イヤなんですよね・・・。

あー、グリーン車代、半分返して欲しいよなぁ。

って、たぶん、相手も同じこと、考えていると思うんだけど。

竹内謙礼の公式メルマガの最近記事

  1. なぜ「副業」を考える「経営者」が増えているのか?

  2. なぜ、うちの会社は面白いアイデアが出てこないのか?

  3. 逆境に飲み込まれてしまう人の共通点とは?

  4. オリジナル・OEMのラーメン屋さんがオープンしました!

  5. 儲からない人ほど忙しくなる理由

関連記事

楽天市場等のネットビジネスで
多くの受賞履歴
あり。

大企業、中小企業問わず、実店舗ビジネス、ネットビジネスのアドバイスを行なう経営コンサルタント。有限会社いろは代表取締役。大学卒業後、雑誌編集者を経て観光牧場の企画広報に携わる。楽天市場等で数多くの優秀賞を受賞。現在は雑誌や新聞に連載を持つ傍ら、全国の商工会議所や企業等でセミナー活動を行い、「タケウチ商売繁盛研究会」の主宰として、多くの経営者や起業家に対して低料金の会員制コンサルティング事業を積極的に行っている。特にキャッチコピーによる販促戦略、ネットビジネスのコンサルティングには、多くの実績を持つ。著書に『売り上げがドカンとあがるキャッチコピーの作り方』(日本経済新聞社)、『御社のホームページがダメな理由』(中経出版)、「会計天国」(PHP研究所)ほか、多数。
竹内謙礼の無料動画セミナー 女子大生の看板サンプルブログ 羽沢横浜国大駅のブログ
経営コンサルトによる記事を検索してご覧頂けます!
アーカイブ
PAGE TOP