経営コンサルタントの竹内謙礼の公式ブログ。

  1. 竹内謙礼の公式メルマガ
  2. 138 view

なぜ、貧乏な社長の思考は短絡的なのか?

こんにちは。いろはの竹内です。

 

先日、小さいお子様がいる後輩のパパさんから、

「子どもの食べ物の好き嫌いを治したい」

という相談を受けたんですね。

 

「どうしたら偏食はなくなるんですか?」

「ほっときゃ治るよ」

「ホントですか?」

「うちの長女も、小さい頃は偏食だったよ」

「へーっ」

「肉類ダメ、匂いがキツイものダメ」

「あらら、そうだったんですね」

「それが、少しずつ肉を食べるようになってね」

「なるほど」

「大学生の頃には、ジビエ料理も食べられるようになって」

「だいぶ克服しましたね」

「それからは、猟師と一緒に山の中に入るようになって」

「・・・はっ?」

「イノシシ、シカも自分達で捌いて」

「・・・」

「やがて昆虫も食べるようになって」

「・・・む、虫?」

「昆虫食のレストランで、コオロギ、セミ、ハチの幼虫を食って」

「・・・」

「好きな料理は、タガメらしい」

「・・・」

「ラ・フランスの味がするらしいぞ」

 

「・・・竹内さん」

「なんだ」

 

「うちの娘、偏食でいいっす」

 

そうだよな。

 

最近、俺もそう思うよ(嫌いな料理はサソリだそうです♪)。

 

ということで。

本日のメルマガは、

「時間を味方につける」

と言う話をひとつ。

 

絶賛放送中★【竹内謙礼のYouTubeチャンネル】
楽天の売り上げが落ちた時の対処法
https://www.youtube.com/watch?v=7PAMoIz3jUM

貧乏な社長は、なぜずっと貧乏なのか?

特殊な事例を除き、

お金儲けに成功するためには「時間」がかかります。

 

客を集めるのにも「時間」がかかるし、

商品を理解して買ってもらうのにも「時間」がかかるし、

ファンになってリピートしてくれるのにも「時間」がかかるので、

 

「時間」との戦いが、お金儲けとの戦いになります。

 

でも、これは裏を返せば、

「時間」の使い方さえ分かれば、

お金儲けは成功するということになります。

 

客を集める「時間」と、商品を理解してもらう「時間」、

さらには、リピート客になるまでの「時間」が分かれば、

 

そこから、その「時間」を制するために必要な

人件費や広告費を割り出し、コストを導き出して、

利益を生み出す仕組みを作ることができるのです。

 

いいですか?

 

商売で成功している人は

「時間を味方につける」という共通点があります。

 

客を作るまでの「時間」が計算できる人、

客が買ってもらうまでの「時間」が計算できる人、

ファンになってもらうまでの「時間」が計算できる人、

 

これらの人は、商売の「時間」の概念があるので、

人件費と広告費の投資の我慢に耐えることができるのです。

 

一方、商売の「時間」の概念のない人は、

すぐに客を作って、すぐに商品を買ってもらう方法ばかり考えます。

 

セールに便乗して値引きしたり、ポイントをつけたり、

即買いしてもらえそうな広告ばかり買ったり、

他で売れている商品を真似して売ったり、

 

速攻で「お金」を手に入れることしか考えないから、

無計画な売り方ばかりに手をつけます。

 

なぜ、こんなに短絡的な考え方になるかというと、

結局は、商売の「時間」を我慢できるほど、

 

会社にお金が残っていないからなんです。

 

客作りにも、売ることにも、

常に焦って結果を求めようとしてしまうから、

儲からない商売ばかり繰り返すのです。

 

貧乏な会社が、商売が下手なのは、

儲け方が分からないのではなく、

貧乏だから「金」がなくなることに我慢できなくて、

ヘタな売り方ばかりするのが、実は現状なんだと思います。

 

この悪循環を断ち切らない限り、

いつまでも貧乏経営から抜け出すことはできません。

 

さてさて。

 

皆さんの会社は、「時間」を味方につけていますか?

 

信念のある社長さんが商売で成功するのは、

 

「絶対に自分は●●になるんだ!」

という、どんなに「時間」をかけてでも

成功するという強い思いがあるからなんだと思います。

 

そういう貫き通す気持ちがない経営者は、

常に「金」や「客」に逃げられてばかりいるから、

「時間」を味方につけることができず、

儲からない商売ばかりやって、

 

死ぬまで、ヒーヒー言っているんだと思います。

 

■まずは経営者の考え方をチェンジしましょう。
【募集】タケウチ商売繁盛研究会
月額5000円で電話相談、メール相談
https://e-iroha.com/kenkyukai/index.html

編集後記

いよいよ、来週のメルマガから、

「2022年の予測カレンダー」の先行予約発売となります!!

 

もう14年近く予測カレンダーを作っているのですが、

今年は・・・過去で一番大変な思いをしながら制作しています!

ええ、今、制作している真っただ中ですが、

 

マジで泣きそうです。

 

例年の1.5倍ぐらい情報量があって、

正直、頭がパニック状態です。

 

情報量がパンク状態になる原因は3つあって、

 

・コロナ関連の情報が多すぎる。

・SDGsやサステナブルの情報が多すぎる。

・cookie廃止ネタが多すぎる。

 

しかも、これらの3つの情報が、

絶妙にリンクし合っているから、

余計に整理しなくてはいけない情報が多すぎて、

てんやわんやしている感じです。

 

そんな感じで、苦戦しながらも、

みなさんに喜んで頂ける予測情報を

今回も提供できればと思っていますので、

 

来週の先行予約販売を楽しみにして頂ければと思います!

 

★11月19日 今年最後のネットショップ決定版セミナー
【参加者無料】座談会もあり! 内容の詳細はコチラ!
https://netshop.impress.co.jp/node/9202

 

※メルマガの内容は出典とURLを明記していただけ
れば流用、拡散は大歓迎です。

※あれ? メルマガが届かなくなったぞ?
もう一度、メールアドレスを登録してみましょう!
https://e-iroha.com/melmaga/mailmagazine2.htm

竹内謙礼の公式メルマガの最近記事

  1. 「奇跡」を起こす経営者の条件とは?

  2. 2022年の「予測カレンダー」がついに登場!

  3. なぜ、貧乏な社長の思考は短絡的なのか?

  4. なぜ、うちの社長は人を見る目がないのか?

  5. 27歳の「プロ」から聞いたSNSの本当の活用法

関連記事

楽天市場等のネットビジネスで
多くの受賞履歴
あり。

大企業、中小企業問わず、実店舗ビジネス、ネットビジネスのアドバイスを行なう経営コンサルタント。有限会社いろは代表取締役。大学卒業後、雑誌編集者を経て観光牧場の企画広報に携わる。楽天市場等で数多くの優秀賞を受賞。現在は雑誌や新聞に連載を持つ傍ら、全国の商工会議所や企業等でセミナー活動を行い、「タケウチ商売繁盛研究会」の主宰として、多くの経営者や起業家に対して低料金の会員制コンサルティング事業を積極的に行っている。特にキャッチコピーによる販促戦略、ネットビジネスのコンサルティングには、多くの実績を持つ。著書に『売り上げがドカンとあがるキャッチコピーの作り方』(日本経済新聞社)、『御社のホームページがダメな理由』(中経出版)、「会計天国」(PHP研究所)ほか、多数。
竹内謙礼の無料動画セミナー 女子大生の看板サンプルブログ 羽沢横浜国大駅のブログ
経営コンサルトによる記事を検索してご覧頂けます!
アーカイブ
PAGE TOP