経営コンサルタントの竹内謙礼の公式ブログ。

  1. 竹内謙礼の公式メルマガ
  2. 172 view

初心者は今すぐ「Yahoo!ショッピング」を始めなさい

こんにちは。いろはの竹内です。

 

最近、悩んでいることなんですが、

長女が、私に対して、

「NO!」と「Whats!」

しか言わなくなったんですね。

 

ええ、よく分かりませんが、3日ぐらい前から、

英語しか話さなくなりました。

 

しかも、「いや!」と「なに!」の2単語のみで、

「YES!」がないから、

 

言うことをまったく聞いてくれません。

 

さすがに、不便を感じ、娘を呼び止めることにしました。

「あのな」

「Whats?」

「これじゃあ会話が成立しないだろ」

「NO!」

「返事になっていないだろ!」

「・・・」

「他に使える英語はないのか!」

 

「Don’t touch me!」

 

ふー。

 

3日ぶりに出てきた新しい言葉が「触るな」ですか。

 

我が家にも国際化の波が押し寄せています(父は英検24級)。

 

ということで。

本日は『Yahoo!ショッピング』攻略のお話。

 

近年では、一番分かりやすくて、

即実践可能なネットショップ攻略本だと思います。

 

『Yahoo!ショッピング完全攻略ガイド』(技術評論社)
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4297132222

 

■【2月3日】無料オンラインセミナー開催
日テレ「スッキリ」のコメンテーター坂口孝則氏と
『コロナ禍のひと段落と、これからのビジネス』
https://covidbusiness.peatix.com/

ついに出た! Yahoo!ショッピングの攻略本

楽天やAmazonの専門のコンサルタントはたくさんいますが、

「Yahoo!ショッピング」の専門のコンサルタントというのは、

ほとんどいないんですね。

 

なぜならば、「本気」でやっている会社が少ないから。

多くはネットショップの定番の楽天かAmazonに力を入れるので、

「Yahoo!ショッピングは適当でいい」

と、手を抜いている出店者が多いために、

 

Yahoo!ショッピングの売上を伸ばすためのロジックを

本気で検証しているコンサルタントがいないんです。

 

今回、『Yahoo!ショッピング攻略ガイド』を執筆した佐藤英介さんは、

Eコマース業界では知る人ぞ知る実力派のコンサルタントです。

 

Yahoo!ショッピングの“売上請負人”として、

有名どころのネットショップの支援を行っていて、

私自身も、佐藤さんからYahoo!ショッピングの最新情報やノウハウを

“おすそ分け”してもらっている立場だったりします。

 

そういう意味で、今回の攻略本の出版に関しては、

私も「監修」として少しお手伝いをさせてもらったこともあって、

同業者としては、待ちに待ったビジネス書だったりするわけです。

 

いいですか?

 

Yahoo!ショッピングは楽天、Amazonに比べれば、

総流通額で3番手の規模になりますが、

 

本気でやっているネットショップが少ないので、

小規模の会社やネット初心者の人にとったら、

 

“穴場”のモールだったりするんですね。

 

しかも、大手検索エンジンのYahoo!に紐づいていることもあって、

検索キーワードをしっかり調査することによって、

売上を伸ばすことができるという点も、

楽天やAmazonにない“一発逆転”が狙えるポイントだったりします。

 

本書では、クセのある「Yahoo!ショッピングの検索キーワード」の

調査の方法をかなり詳しく解説しています。

この検索キーワードの発想法は、なかなか目から鱗の話が多く、

自社サイトや動画のSEOでも十分に使えそうです。

 

また、今まで初心者では分かりづらかった、

「なぜ、検索結果で上位に表示されないのか?」

「なぜ、広告を出したら赤字になるのか?」

「どのデータをみれば、売れるヒントが見つかるのか?」

 

などなど、モール独特のロジックが、

かなり平易な言葉で解説されています。

この点は楽天やAmazonの運営者も勉強になることが多々あると思います。

 

多くのネットビジネスの攻略本が、専門用語が多くて、

分かりづらい内容のものがほとんどですが、

佐藤さんは、現場でゴリゴリにコンサルをやってきたこともあって、

かなりイメージが湧きやすい文章で、

丁寧にYahoo!ショッピングの運営方法を解説しています。

 

そんな想像力を掻き立てさせてくれる内容だけあって、

「Yahoo!ショッピング、本気でやってみようかな」

と、モチベーションを上げてくれる点も、

この攻略本をお勧めする理由のひとつだったりします。

 

さてさて。

 

ネットショップが成熟期から後退期に入った今、

みなさんは真っ向勝負でEコマース事業をやろうとしていませんか

 

「Yahoo!ショッピングをやっても結果は同じだよ」

そう思われる人もいるかもしれませんが、

商売は必ず“相性”というものがあって、

やってみたら、

 

「あれ、結構、いけるじゃん!」

 

というのは、よくあることだったりします。

 

そういう意味では、ネットショップの初心者も熟練者も、

一読する価値は十分にある攻略本と言えると思いますよ。

 

『Yahoo!ショッピング完全攻略ガイド』(技術評論社)
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4297132222

 

【本気の人向け】2023年1月26日 13:00~16:00
2023年の消費トレンド予測セミナー
SDGs対策、Z・ミレニアル世代攻略などの傾向と対策
https://www.marken.co.jp/seminar/0063052023_1.php

編集後記

Yahoo!ショッピングがうまくいかない人は、

 

・楽天のやり方でYahoo!ショッピングを運営している

・そもそもYahoo!ショッピングの運営方法が分からない

・やる気がない

この3つのどれかだと思うんですね。

 

あと、過去にYahoo!ショッピングを運営した経験があって、

「ぜんぜん売上が伸びねぇじゃねぇか!」

と、さじを投げてしまって、

そのまま放置状態にしている会社も少なくないと思います。

 

今回、紹介した攻略本は、

「もう一回、真面目にやってみよう」

と改心させてくれる良書だと思います。

 

どんな商売でもいえることなんですが、

本気でやらないで、稼げるビジネスなんてあるわけないですからね。

 

肝心なのは、「重要なことが書いている」ビジネス書ではなく、

「本気にさせてくれることが書いている」ビジネス書なんだと思いますよ。

 

■【本気の人向け】2023年1月26日 13:00~16:00
2023年の消費トレンド予測セミナー
SDGs対策、Z・ミレニアル世代攻略などの傾向と対策
https://www.marken.co.jp/seminar/0063052023_1.php

 

≪セミナーのお知らせ≫

 

【2月3日】無料オンラインセミナー
日テレ「スッキリ」のコメンテーター坂口孝則氏と
『コロナ禍のひと段落と、これからのビジネス』
https://covidbusiness.peatix.com/

 

【函館】2023年1月20日開催
『売上につながるコロナ禍のチラシ・POP・SNSを使った売上アップ術』
https://www.techakodate.or.jp/org/kensyukai/sougyo-skillup20230120.pdf

 

※メルマガの内容は出典とURLを明記していただけ
れば流用、拡散は大歓迎です。

※あれ? メルマガが届かなくなったぞ?
もう一度、メールアドレスを登録してみましょう!
https://e-iroha.com/melmaga/mailmagazine2.htm

竹内謙礼の公式メルマガの最近記事

  1. 8割の会社が「PDCA」を回せない理由

  2. 子どもの入社式の親を呼ぶ会社は正しいのか?

  3. なぜ「コンプレックス」は生まれるのか?

  4. 初心者は今すぐ「Yahoo!ショッピング」を始めなさい

  5. なぜ、ダメな会社は「売り方」を間違えるのか?

関連記事

楽天市場等のネットビジネスで
多くの受賞履歴
あり。

大企業、中小企業問わず、実店舗ビジネス、ネットビジネスのアドバイスを行なう経営コンサルタント。有限会社いろは代表取締役。大学卒業後、雑誌編集者を経て観光牧場の企画広報に携わる。楽天市場等で数多くの優秀賞を受賞。現在は雑誌や新聞に連載を持つ傍ら、全国の商工会議所や企業等でセミナー活動を行い、「タケウチ商売繁盛研究会」の主宰として、多くの経営者や起業家に対して低料金の会員制コンサルティング事業を積極的に行っている。特にキャッチコピーによる販促戦略、ネットビジネスのコンサルティングには、多くの実績を持つ。著書に『売り上げがドカンとあがるキャッチコピーの作り方』(日本経済新聞社)、『御社のホームページがダメな理由』(中経出版)、「会計天国」(PHP研究所)ほか、多数。
竹内謙礼の無料動画セミナー 女子大生の看板サンプルブログ 羽沢横浜国大駅のブログ
経営コンサルトによる記事を検索してご覧頂けます!
アーカイブ
PAGE TOP