経営コンサルタントの竹内謙礼の公式ブログ。

  1. 竹内謙礼の公式メルマガ
  2. 14 view

販促企画は「継続」「スピード」が大事

さて、最近、私のところにもっとも問い合わせが多いのが、
「年末」に対しての戦略相談です。

なんたって年末は通販の流通額が最大になりますからね。
みなさん、必死に頑張ってます!

では、ここで問題。
年末商戦に一番大切なものって、なんだと思いますか?

広告費?
商品力?
人材?

いえいえ、答えは「継続」です。

「継続は力なり」という言葉がありますが、
おそらく商売をやられている人のほとんどが、

「何を継続すればいいのか?」が分かっていないんだと思います。
今日は、そんな「継続」についてのお話です。

急に騒ぎ始めてもダメ

さて、突然ですが
みなさんはテレビの「ニュース番組」をなぜ観ていますか?

「えっ、毎日、新しい情報が流れているからでしょ?」

はい、正解。

毎日、新しい情報が流れているから、
「ニュース番組」っていうものを観ているわけです。
つまり、ニュース番組という情報に対して「期待」をしているから、
毎日、番組を観ているわけです。

これがもし、毎日、同じニュースばかり流れていたら、どうです?

毎日、同じ事件で、
毎日、同じ話し方で、
毎日、同じコメントで終わる。

当然ですが、「面白くない!」って言って、観なくなりますよね。
つまり、そのニュース番組に「期待」をしなくなってしまう。

で、これが商売の場合どうなるか?

例えば商品を一度購入してくれたお客様に対して、
「継続」して商品を買ってもらうためには、
ニュース番組と同じで、
お店に対して「期待」をしてもらわなくてはいけません。

つまり、「このお店は私にとってメリットがある」という
強い意識を植え込まないと、
お店の情報に対して「継続」した意識をもってくれないわけです。

一番ダメなパターンが、

思いついたようにメルマガやDMを配信したり、
予算の都合で不規則に広告費を投下したりするケース。
あと急に年末に向かってジタバタしはじめて、
思いついたようなセールを展開するのも、悪いパターンですよね。

だって、お客様の立場になって考えてみてください。

今まで、期待もしていなかった店舗が、
いきなり頑張ったって、振り向いてくれるわけがありませんよね。
だって継続して期待を持っているわけではなし、
何より、観ていないのですから、反応があるわけありません。

大切なのは新規のお客様を囲い込んでから、
地道に販促企画を展開して、お店に対して「期待」を持ってもらって、
その期待をずっと引っ張り続けて、
最後の年末商戦でいっきにその「期待」を爆発させる仕掛けを作る。
この地道な「期待を持たせ続けること」というのが、
リピータを確保する上でとても大切なことなのです。

特にネットショップの場合は、
実店舗と平行して運営している人が多いですがら、
実業が忙しくなってしまうと、
どうしてもネットショップがほったらかしになってしまう。

で、数週間もほったらかしにして、
なーんにも手をつけていないから、

お客がすぐに死んじゃうわけですよね。
そのお店に対して「期待」をする前にリタイヤしちゃう。

で、そんな好き勝手なネットショップ運営をして
「メルマガの反応が良くありません」って言われても、
それは「当たり前」です。
継続力のない、あなたが悪い。

これじゃあ、どんなに内容の良いメルマガを書いたって、
どんなに当たる広告を突っ込んだって、
商品を買い続けてくれるわけがないのです。

いいですか?

「企画力」が大切なんじゃないんです。
「企画力」でお客様に「継続」して「期待」を持たせることが大切なんです。

その「企画力」がない店舗が、思いつきの安売りセールをやったり、
やることがなくなって安易な安売りセールをやったりするから、

「最近のネットは安売り傾向にあるよな」
「広告のレスポンスが悪くなった」
「メルマガが最近反応悪くて」

と、とっても安易な答えを出してしまうんですね。

結局は、「企画」を作る質とスピードが、
売上を左右するんだと思いますよ。
その企画がお客様にメリットを感じさせないものだったら、
誰も商品なんて買ってくれるわけがありません。

そんな商売の実践に役立つ
「企画」の作り方を大阪でお話します。

今回のセミナーのテーマは
企画を作る「スピード」と「質」です。

【あと2日で締め切り】
http://www.osaka.cci.or.jp/bss/seminar/takeuchi/

編集後記

さて、今回、大阪のセミナーでは「企画」の話に加えて
「キャッチコピー」についての講演会も同時開催いたします。

「えー、キャッチコピーひとつで、そんなに売上が変わるの?」

あ、もちろん、商品力があるっていうのが大前提ですよ。
商品力がなかったり、集客力がない商品に対して、
いくらパンチの効いたキャッチコピーをつけたとしても、
はっきり言って売上が伸びる手法ではありません。

でも、裏を返せば、
キャッチコピーがつけられない商品やサービスって、

多分、何やったって売れませんよ。

だって、お客様に伝わっていないんですから。

そんなキャッチコピーの仕組みについてもお話しますので、
2日間、大阪でお付き合いしてくれれば幸いです。
http://www.osaka.cci.or.jp/bss/seminar/takeuchi/

日程は10月16日・17日の2日間

16日は14:00~16:00
17日は10:00~12:00

ご覧のように、そんなに長丁場のセミナーにはなりません。
遠方からのご参加の場合でも、午後と午前の2回セミナーですから、
業務に差し支えのある出張にはならないと思いますよ。

特に今回の「企画」に関しては本邦初公開の「新ネタ」となりますので、

ちょっと気合を入れて頑張らせて頂きますね!

来週、大阪でお会いしましょう!

【10月12日に締め切り】
もし一杯になってたらごめんなさい!

「企画」と「キャッチコピー」のセミナー申し込みはコチラ!
http://www.osaka.cci.or.jp/bss/seminar/takeuchi/

竹内謙礼の公式メルマガの最近記事

  1. 日本経済の回復には「大失敗」が必要な理由

  2. なぜ、何年やってもSNSで客が集まらないのか?

  3. 無駄なオンライン会議が増える理由

  4. 「ネットの話が噛みあわない人」が後を絶たない理由

  5. 上位の店舗が沈むと市場はどうなるのか?

関連記事

楽天市場等のネットビジネスで
多くの受賞履歴
あり。

大企業、中小企業問わず、実店舗ビジネス、ネットビジネスのアドバイスを行なう経営コンサルタント。有限会社いろは代表取締役。大学卒業後、雑誌編集者を経て観光牧場の企画広報に携わる。楽天市場等で数多くの優秀賞を受賞。現在は雑誌や新聞に連載を持つ傍ら、全国の商工会議所や企業等でセミナー活動を行い、「タケウチ商売繁盛研究会」の主宰として、多くの経営者や起業家に対して低料金の会員制コンサルティング事業を積極的に行っている。特にキャッチコピーによる販促戦略、ネットビジネスのコンサルティングには、多くの実績を持つ。著書に『売り上げがドカンとあがるキャッチコピーの作り方』(日本経済新聞社)、『御社のホームページがダメな理由』(中経出版)、「会計天国」(PHP研究所)ほか、多数。
竹内謙礼の無料動画セミナー 女子大生の看板サンプルブログ 羽沢横浜国大駅のブログ
経営コンサルトによる記事を検索してご覧頂けます!
アーカイブ
PAGE TOP