経営コンサルタントの竹内謙礼の公式ブログ。

  1. 竹内謙礼の公式メルマガ
  2. 310 view

新しい社員を「潰す会社」の特徴

こんにちは。いろはの竹内です。

 

先週、メルマガでお伝えした通り、

1日で引っ越し先を決めてきた次女の物件ですが、

なかなかトンチンカンな内容だったので、

親として部屋探しのアドバイスをすることにしたんですね。

 

「じっくり探せばもっといい物件があるぞ」

「その逆で、ないかもしれないじゃん」

「・・・」

「探すのに時間をかけたら、不満は出なくなるの?」

「・・・」

「どんな物件でも不満は出るよ」

「・・・」

「住む場所なんて慣れだよ」

「・・・」

「ことわざでも“住めば都”って言うじゃん」

 

住む前から都にしてはいけません。(最寄り駅まで徒歩2時間♪)

 

ということで、本日のメルマガは、

「仕事ができる新入社員とは」

という春らしくて、物騒なお話をひとつ。

 

★募集★いよいよ今週!★4月8日(土)【大阪】
「ネットショップのSNS、動画の活用術」
https://www.ebs-net.or.jp/ec_conference2023/

今と昔では「仕事の内容」が違う

「新入社員の能力が年々下がっている」

そんな言葉を社長さんからよく耳にします。

 

たとえば、

仕事の「報連相」ができない。

作業の確認がいい加減。

コミュニケーション能力が乏しい。

 

などなど、「社会人としてどうなの?」という人材が、

年々増えていることを懸念する人が多くいます。

 

しかし、よーく考えてみると、

「能力が下がっている」のではなく、

「仕事が難しくなっている」

というのが、現状なんだと思います。

 

20年以上前にさかのぼると、ネットを使う仕事も少なかったですし、

景気も良かったので、モノを簡単に売ることができました。

 

社会や組織の構造もシンプルで、

スキルや知識の分断化も今ほど進んでいなかったので、

接客や販売、製造業でも覚えることは少なく、

働き手も多かったので、多種多様の知識を身につける必要もありませんでした。

 

また、一昔前までは経営者や上司も、業務の全体像をとらえることができたので、

新入社員の細かいところまで気を配ることができました。

しかし、今は仕事を教える先輩社員の教育すら間に合っていない状態なので

昔のように後輩に「ちゃんと教える」という行為ができず、

結果、新入社員に対して「能力が下がっている」という誤解を生んでしまい、

正当なコミュニケーションが取れず、せっかくの優秀な人材を、

使い潰してしまう事案が増えてしまっているのです。

 

いいですか?

 

今後、新しく採用する社員に対しては、

「仕事ができる」という期待を持たないほうがいいと思うんですね。

 

なぜならば、今の複雑で高度になった仕事を、

大学を出たばかりの子が、“そつなく”こなすことなんてできないからです。

 

くわえて、それらのノウハウや知識を、

“そつなく”教える先輩社員も育っていませんし、

その現状を“そつなく”見極める経営者も少ないので、

そのような厳しい環境下で、新入社員に仕事をぶん投げておいて、

 

「はぁ~、今年の新卒はダメだなぁ」

 

とため息をついて嘆くのは、ちょっと筋違いだったりするわけです。

 

肝心なのは、新しい人材の1人1人の能力をしっかりと見極めて、

仕事のレベルを2段階ぐらい落としたうえで、

自分自身も新しい知識を学ぶ謙虚な気持ちを持って、

新入社員の教育に携わっていかなければいけないんだと思います。

 

自分が新入社員の時代と、今の新入社員の時代とでは、

教える仕事の内容が仮に同じだったとしても、

使う方法やレベルがまったく違う現状を考えれば、

もう少し、若い社員への“寄り添い方”を

既存の社員や経営者は考える必要があるんだと思います。

 

★新入社員のみなさんとご参加ください♪4月8日(土)【大阪】
「ネットショップのSNS、動画の活用術」
https://www.ebs-net.or.jp/ec_conference2023/

編集後記

最近、人材採用のページで、

「うちの会社は、社員がキラキラ輝いています!」

的なコンテンツを出す企業が増えています。

 

新入社員にやりがいを聞くインタビュー記事を作ったり、

スタッフが仲良くプライベートで遊ぶ動画をアップしたり、

YouTubeで上司と楽しそうな掛け合いをしたり、

 

そんな採用コンテンツを目にする機会が増えていますが、

実際、そういう採用のSNSや動画を見て、

「私もこの会社で働きたい!」

と思ってくれる大学生が、どのくらいるかといえば、

ちょっと疑問に思ったほうがいいと思うんですね。

 

そのようなコンテンツが企業によって「作られたもの」であることは、

デジタルネイティブの世代は十分に理解していると思うし、

逆にキラキラすぎる会社の雰囲気は、

 

「馴染めなかったらどうしよう」

「対人関係が面倒くさそう」

「無理して仕事をしていそう」

 

と、今の社会を取り巻く現状を考えれば、

距離を取ってしまう若い世代も少なくないと思います。

 

これからは「優秀な人」を採用するのではなく、

「フツーの人」を集めて、そこから育てていく時代なので、

できるだけ幅広く、多種多様な人材を集めて、

そこから選抜して、育てていく方が、

優秀な人材との巡り合わせが良いのではないかと思います。

 

むしろ、今の“キラキラ採用ページ”を見て入社してくる社員は、

情報を慎重に見極める能力や、

自分自身を客観的に判断できる能力に欠けている可能性があるので

もしかしたら、採用ページのコンセプト作りの段階から、

間違った人材を採用している可能性もゼロとは言い切れないところがあります。

 

「優秀な人材=キラキラしている会社に就職する」という図式が崩壊した今、

もっと自分の会社の見せ方や、欲しい人材への訴求方法などを、

真剣にマーケティングしていく必要があるんだと思いますよ。

 

★情報交換会にも出席します。多くの人と名刺交換できればと思います★
4月8日【大阪】「ネットショップのSNS、動画の活用術」
https://www.ebs-net.or.jp/ec_conference2023/

 

※メルマガの内容は出典とURLを明記していただけ
れば流用、拡散は大歓迎です。

※あれ? メルマガが届かなくなったぞ?
もう一度、メールアドレスを登録してみましょう!
https://e-iroha.com/melmaga/mailmagazine2.htm

竹内謙礼の公式メルマガの最近記事

  1. ネットで稼げなくなった本当の理由

  2. なぜ、会社は「嫌われる動画」を作るのか?

  3. 【ボカンと売れる】なぜ、「動画」で商品は売れないのか?

  4. 「大」が「小」を食い尽くす時代

  5. 問題:スタートアップの「逆」は何ですか?

関連記事

楽天市場等のネットビジネスで
多くの受賞履歴
あり。

大企業、中小企業問わず、実店舗ビジネス、ネットビジネスのアドバイスを行なう経営コンサルタント。有限会社いろは代表取締役。大学卒業後、雑誌編集者を経て観光牧場の企画広報に携わる。楽天市場等で数多くの優秀賞を受賞。現在は雑誌や新聞に連載を持つ傍ら、全国の商工会議所や企業等でセミナー活動を行い、「タケウチ商売繁盛研究会」の主宰として、多くの経営者や起業家に対して低料金の会員制コンサルティング事業を積極的に行っている。特にキャッチコピーによる販促戦略、ネットビジネスのコンサルティングには、多くの実績を持つ。著書に『売り上げがドカンとあがるキャッチコピーの作り方』(日本経済新聞社)、『御社のホームページがダメな理由』(中経出版)、「会計天国」(PHP研究所)ほか、多数。
竹内謙礼の無料動画セミナー 女子大生の看板サンプルブログ 羽沢横浜国大駅のブログ
経営コンサルトによる記事を検索してご覧頂けます!
アーカイブ
PAGE TOP