C125を購入しました

9月14日発売のスーパーカブC125がついに納車されました!


 

 

 

 

 

 

 注文してから2か月待ち。ちなみに私がC125を購入したホンダドリーム印西店によると3台納車されて2台が予約、1台が展示車として残っているということです。
 ただ、今回、納車された分を逃してしまうと、次の納車は来年の1月だとか。購入はかなり遅れてしまいます。「この状況だとC125はプレミアムがつくぞ!」と思ったんですが、ネットの新古車販売の状況をみるとそこまで高い値がついているわけではなさそうですね。ただ、どちらにせよお早い購入をお勧めします。情報によりますと都心部よりも地方都市のほうが在庫があるとか。また、ホンダドリーム店のほうが入荷は早いそうです。

 

 

 

 

 

 

さて、次に私がスーパーカブC125を購入した理由をまとめてみました。

・もともとカブは好きだった(大学生の時にアメリカ大陸をカブで横断しているし)
・そうはいっても普通のカブに乗ることは面白みがないとは思っていた。
・今までスズキのアドレス110に乗っていたが速度に不満があったので、それよりも確実に遅い110㏄のカブには乗る気には到底なれなかった。
・だからといってグロムやモンキー125というギア付き小型バイクは通勤で使うとなるとギアチェンジで革靴が痛むのが嫌だったので、最初から候補からはずれた。
・そんなことを言っておきながらも、平凡な125㏄スクーターに乗るのも嫌。
・悩んだ挙句クロスカブを買おうと思ったが、周囲に乗っている人があまりにも多かったのでやめる。
・古いカブも好きだったがアンティークなバイクを手入れするほどバイクのメカは興味がなかった。
・そんな中、カブなのに40万円もするアホなバイクC125が登場。バカバカしくて笑いが止まらなかった。
・しかしホンダドリーム店にいってカタログを見て一目ぼれしてしまう。125㏄だから110のカブよりも速く走れて、ギアもロータリー式だから革靴も傷まない。燃費もいいという現実的なメリットに気づきはじめる。
・これは買うしかないと思って早速予約。ホンダドリーム印西で最初のC125の予約者になる。
・しばらく妻にc125を購入したことは内緒にする。しかし、こっそりバイクを買ったことを教えた娘が妻にチクり発覚、そして激怒。どんなバイクを買ったのか写真を見せたところ「こんなバイクだったら近所を歩いていたらタダでもらえるんじゃないか」と良く分からないアドバイスを受ける。
・そう言われて購入金額が40万円とは切り出せず、結局「2万円で買った」とウソをついて現在に至る(多分、妻はこのブログのことを知らない)。

と、こんな感じの購入動機です。

で、実際に納車前に青山にあるホンダウエルカムプラザにいって実写を見てきたんですが、いやー、凄いですね! パーツがほとんど専用。一目で金がかかっていることが分かります。動画で撮影してみましたので是非ご覧ください。

特徴的なことを言えば

・キーレス
・シートが電動ロック
・ライトとウインカーがLED
・エンジンはグロムベース

このくらいかな?(え、こんだけ?)

 

 

 

 

 

 

なお、今現在の悩みは、

・デザイン重視のバイクなのでリアケースがつけられない
・メットインじゃなくなったからヘルメットをどうしようか悩んでいる(シート下のリングにぶらさげられるけど雨が降ったら・・・)
・アドレス110に乗っていた時みたいにいい加減な恰好で乗れない。そこそこカッコいいウエアを着ないと。
・シルバーの半キャップにゴーグルをつけて乗ろうと思ったけど、駅前ですぐに盗まれると思うので今まで使っていたボロのジェットヘルで乗ることにした。

こんなところでしょうか。

 

 

 

 

 

 
9月14日に納車されたら、インスタでインプレと写真をガンガン載せていきますので、みなさん楽しみにしていてくださいね!

竹内謙礼のインスタはコチラ
https://www.instagram.com/takeuchikenrei/?hl=ja

このエントリーをはてなブックマークに追加
rss
上矢印
ページTOPへ
モバイルPC