【自腹】ワークマンで1万円以内でバイクウエアを全部そろえてみた

 1週間後に新しいバイク(125㏄)が納車されるので秋冬用のバイクウエアを新調しよとワークマンに行ってきました!
「なんで作業着なんか着るんだよ」
 そう思われた人もいると思いますが、実は最近のワークマンはバイクウエアにめちゃくちゃ力を入れているんです。何を隠そう私もスクーター用のウエアはワークマンで購入したバイク用ウエア「イージス」を着用しています。これが想像以上に気に入ってしまったことがきっかけでワークマンのファンになりました。

 そして、先日、ららぽーと立川竜飛にオープンしたワークマンの新店舗「ワークマンプラス」を取材する機会があり、そこでは今すぐにでも買ってしまいたい秋冬用のバイクウエアの新作がズラリと発表されていました。

 

 

 

 

 おそらくブログやSNSで紹介すると言えばワークマンからウエアをお借りすることができたかもしれませんが、それをやってしまうとコンサルタントとしては非常にかっこ悪くなってしまうところがあるので、ぐっと我慢してその場は取材をしただけで帰宅することにしました。
 そして、本日、近所のワークマンに乗り込んで、自腹でバイクウエアを購入することになったわけです。

 

 

 

 

だからこのブログはノーギャラで誰に頼まれた訳でもなく勝手に書かせてもらっています。そのためワークマンの新作のウエアを紹介しているわけでもなく、最新機能の商品を紹介しているわけではないので、どうかその点はご了承ください。ただ単にワークマンが好きでワークマンでバイクウエアを買いそろえただけの話だとおもって読んでもらえればと思います。こんな趣味の原稿を一生懸命書いている場合ではないんですが。

 まず、最初に購入したのがカーゴパンツです。

 

 

 

 

 今までワークマンのパンツは作業着ベースだったのでダボっとしたものが多かったのですが、デザインを一新してスリムなものに変わったのでシルエットが非常にスッキリしました。履き心地もよく作業着独特のゴワゴワ感も一切なし。それでいてストレッチ機能がついているのでバイク乗りにはぴったりのパンツに仕上がっています。しかもお値段は1900円! なかなかクレイジーな価格設定です。ちなみに裾上げは無料でしたが、短足の私でも裾を折りたたむだけで履けたので今回は裾上げナシで購入することにしました。

 次に購入したのはこのカーゴパンツの色に合うジャケットです。

 

 

 

 

 そろそろ気温も下がってくるので防寒機能付きで、なおかつ街中で着ていても違和感のないデザインのものを選びました。このジャケットは耐久撥水性であることに加えて腕からの隙間風を防止するためのサムホール付き。特に内側に施された布地の触り心地が非常に良かったことが購入理由となりました。価格は2900円。安すぎてむしろ心配なレベルです。ユニクロやGUでもこのクオリティでこの価格の防寒ジャケットはないと思います。

 ウエアとパンツが決まれば、あとはインナーです。

 

 

 

 

 これから秋冬を迎えるので防寒機能付きの長袖のインナーを買うことにしました。いわゆるユニクロでいうヒートテックみたいなもんが欲しかったんですね。ワークマンの店内を探してみると似たようなインナーで「ウィンドシールド・ボルカ」というのが販売されていたのでそちらを購入。まったく知名度のないブランド名の商品を買うのがワークマンの買い物の楽しさでもあり、スリルでもあります。ちなみに価格は1280円。ユニクロの極暖ヒートテックが1500円なので価格としては若干ワークマンの勝ち。試してみないと分かりませんが、同じ性能ならば少しでも安いほうがいいですよね。

 本当はこれで買い物は終わりにするつもりだったんですが、あまりにも価格が安いので他のグッズも購入することにしました。まず、バイク用のグローブ。ワークマンだからといってもさすがに軍手でバイクに乗るわけにはいかず、いろいろ店内を探し回ったところ牛革のグローブを発見!

 

 

 

 

しかも価格は1900円とバイク用の革グローブの3分の1のお値段。タグには『ロープ訓練に最適』と謎なキャッチコピーが書かれていましたが、まぁバイクに乗るのに不自由はないと思い購入することにしました。

 ここまできたら靴も揃えたくなりました。作業靴の中からよさげな靴をさがしていると重さが150gの軽量用のシューズを見つけました。

 

 

 

 

 価格はなんと980円・・・どこか東南アジアの国の青空市場で売られているぐらいのお値段です。試しに履いてみるとこれまた驚くほど軽くて履きやすい靴。ジョギングやスポーツクラブでも十分使えるレベルだったので購入することにしました。

 調子に乗って「ヘルメットも買っちまえ!」と思いましたが、さすがに工事現場用のヘルメットをかぶるわけにはいかず断念。なので最後に帽子を購入することにしました。ヘルメットをとったあとに髪の毛がぺちゃんこだとハゲがばれるので中年オヤジにとって帽子は必需品。作業現場でも帽子をかぶる人が多いのかワークマンの店内にはたくさんの帽子が取りそろえられていました。ちなみに私が購入した帽子はちょっと若々しいデザインのこの帽子。

 

 

 

 

 価格は・・・なんと299円。コンビニのおでん4個分ぐらいの価格。牛丼より安いです。

 結局、パンツ、ジャケット、インナーウエア、靴、グローブ、帽子を6点をカゴに入れてレジに持っていくことにしました。消費税を入れたら1万円は超えると思っていましたが、なんと合計金額は9259円と驚きの1万円切り!

 

 

 

 

そこで初めて知ったのですがワークマンの商品はすべて税込みなんですね。うーん、1万円持ってバイク用品店にいったらグローブぐらいしか買えないし、アウトドア専門店にいったらジャケット1着すら買うことはできません。それがワークマンなら上から下まで全部揃えることができるというのは、自腹を切ったからこそ知ることができたお得感だと思います。

 最後に商品を袋に詰め終わったレジのおばちゃんがニコニコしながら「たくさん買ってくれたからオマケにこれあげるよ」と袋に何か入れて手渡してくれました。どうせ袋テッシュかなんかだろうと思って気にも止めていませんでしたが、帰宅後に袋をあけてみるとなんと箱ティッシュを1個おまけで入れてくれていました。どれだけワークマンはサービスいいんだよ。

 

 

 

 

  ということでワークマンで1万円以内で買いそろえたバイクウエアを着てみたらこんな感じになりました。
 なかなかいい感じですよね? 48歳の中年オヤジにしてはちょっと若作りではありますが。

 

 

 

 

 

 

 

 まだバイクが納車されていないので機能性などは確かめてはいませんが、この格好で今乗っている愛車のBMWのR1200GSに乗っても違和感はないと思います。昨年の冬に「寒いから冬用のウエアでも買うべ」とオランダ製のレブイットの上下ウエアを11万円で購入した自分が少し可愛そうな気もしてきました。

 そんなわけで、みなさんも「バイク用ウエアが欲しい」と思ったらワークマンに行ってみることをお勧めします。作業着の店なのであんまり入ったことない人が多いかもしれませんが、意外におしゃれで高機能で安い商品がたくさんあるので驚くと思いますよ。特に今のワークマンはバイクウエアだけではなくアウトドアウエアやスポーツウエアには非常に力を入れています。有名アウトドアブランドに負けないぐらいのデザイン性と機能性を持ち合わせた商品が半額~10分の1ぐらいの価格で多数とりそろえていますので一見の価値ありだと思いますよ。

 来週の納車日には、この格好でバイク屋さんに行こうと思います!
 えっ、なんのバイクが納車されるかだって? 
 実は足代わりに今まで乗っていたスクーターを売って新しいバイクを購入したんですが・・・3ヶ月待ちでようやく納車されることになりました! 車種が気にある方は竹内謙礼のインスタグラムで公開していますので、ぜひ、そちらのほうをご覧くださいませ!
(ついでにインスタのほうもフォローのほどよろしくお願いします!)
https://www.instagram.com/takeuchikenrei/

このエントリーをはてなブックマークに追加
rss
上矢印
ページTOPへ
モバイルPC