• 竹内謙礼のボカンと売れる講座
  • セミナー
  • 著書
  • ボカンと売れる講座(メルマガ)
経営コンサルタント 竹内謙礼 > 最新ニュース > 12月24日、イブの夜にテレビで生放送!
2015/12/23
  • 12月24日、イブの夜にテレビで生放送!

こんにちは!
経営コンサルタントの竹内です!

さて、先日、テレビ東京系のBSジャパンで放送されている
「日経プラス10」という番組から、なんと!

ゲストコメンテーターの出演オファーがあったんです!

で、えらく舞い上がっていたら、プロデューサーの方から
「安心して下さい。代打ですよ」
と、これまた、流行語大賞さながらの

粋なコメントを頂き、竹内、阪神の八木選手のような気持ちで、
テレビ局に乗り込む所存です。

しかも、放送日は12月24日のクリスマスイブの夜。

放送時間は、みんなケーキを食べているであろう、夜の10:00から。
http://www.bs-j.co.jp/plus10/

オマケに、
生放送♪

ええ、前回、ラジオの生放送で、緊張のあまり、無言を貫いて
アナウンサーを怒らしてしまった経営コンサルタントが、
再び、公共の電波をジャックします!(断れよ)

聖夜の夜に、神様はとんでもない贈り物をくれました。
放送事故にならないように気を付けますので、
みなさん、ぜひ、ご覧になってくださいね!

ということで。
今回は、そのゲストコメンテーターで呼ばれた理由でもある、

「2016年度の予測」についてのお話をひとつ

■放送終了後に売切れるか!?

予測カレンダー、好評発売中!
https://e-iroha.com/calendar2016/

 

気の抜けない「2016年」

 

さて、2016年の予測カレンダーでも述べていますが、
私は、来年の日本は「ゆるやかに好景気」と予測しています。

“好景気”という言葉を耳にすると、
なんだか自分にも恩恵があるんじゃないかって、
勘違いしてしまう人がいると思うんですが、

実は、「好景気」というのは、万人がハッピーになる現象ではないんですね。

なぜならば、今の日本は、景気がよくなかったからといって、
湯水のようにお金を使う消費者ではないからです。

どんなに株価が上がっても、どんなに地価があがっても、
今まで染みついた「情報を徹底的に調べて、商品を購入する」という

慎重な消費行動を変えることはありませんので、
何も考えずに、所かまわずお金を使うようなことはしないのです。

そう考えると、ちゃんと売上を作るための販促を展開している企業は、
お客さんの厳しい要望に応えられるので、景気が良くなればなるほど、
売上を作ることが可能になります。

しかし、売上を作るための販促ができていない企業は、
結局、景気が良くなっても

「情報を徹底的に調べて、商品を購入する」という消費行動から漏れてしまうので、
商品を購入してもらえなくなってしまうんですね。

つまり、好景気というのは、
ちゃんと販促をやっている企業だけが受けられる恩恵であって、

サボっている人に対してまで、幸福をばら撒いてくれるほど、
都合のいい経済現象ではないのです。

いいですか?

なぜ、景気が良くなっても、会社の売上が伸びないのかというと、
それは、お客さんの“買い物偏差値”が上がったからなのです。

お客さんが、モノを買うときに、判断する材料が増えたことで、
頭のいい買い物をするようになってしまったために、

売り手側が、その要望に応えられなくなったことが、
「売れない」という現象になるんだと思います。

だから、お客さんの買い物偏差値が上がるのであれば、
売り手側も、“売る偏差値”を上げていかなくてはいけません。

そして、その“売る偏差値”というのは、
競合やライバルのほうが、一生懸命、努力していたりするので、

結局のところ、頑張れない会社というのは、
“売る偏差値”がどんどん下がっていってしまい、
買い物偏差値が上がったお客さんに、見向きもされなくなってしまうんだと思います。

そう、結局のところ、中小企業にとって、好景気というのは、
不景気以上に厳しくなるケースもあるのです。

■“売る偏差値”を短期間で上げられるカレンダー

2016年予測カレンダー
https://e-iroha.com/calendar2016/

 

編集後記

さて、12月24日の「日経プラス10」の生放送に加えて、
1月中旬に放送されるバラエティ番組でも、
テレビ出演のオファーがあったんですね。

何やら芸能人のプロデュースした商品を添削するというテーマで、
明日、汐留の日テレまでちょろっと収録に行ってきます。

このまま、2016年が面白い年になってくれたら、
とっても嬉しいんですけどね!

ということで、24日の日経プラス10の生放送、お楽しみに!

■竹内謙礼とメール相談、電話相談ができる!
https://e-iroha.com/kenkyukai/index.html

著者/竹内謙礼

記事をご覧になって下さりありがとうございます、
よかったら気軽にコメントを書き込んでくださいね!

このエントリーをはてなブックマークに追加
rss
上矢印
ページTOPへ