• 竹内謙礼のボカンと売れる講座
  • セミナー
  • 著書
  • ボカンと売れる講座(メルマガ)
経営コンサルタント 竹内謙礼 > 竹内謙礼の公式メルマガ > 就活コンサル > そんな「時給」で人生の切り売りをしてもいいんですか?
2012/09/06
  • そんな「時給」で人生の切り売りをしてもいいんですか?

こんにちは!
いろはの竹内です。

さて、先日、ちょっと社会勉強も兼ねて、
「ジェットスター」という格安航空で出張に行ったんですが、
飛行機の中では、機内食が「販売」されているんですね。

ジュース、軽食、お土産、記念品、
へーっ、いろいろ売られているんだなぁと思っていたところ、
ふと、気なるメニューを見つけました。

「カップラーメン」

機内食で、カップラーメン・・・。

海外出張の時、飛行機に乗るとたまに見かけますが、
国内線で見たのは初めてです。しかも有料で300円。

ジェットスターは一体何を考えているんでしょうか?
早朝6時台の離陸の飛行機で、しかも狭い狭い座席で、
誰がカップラーメンなんか食べるんでしょうか?

そもそも、臭いとかプンプンしちゃって、
周囲に迷惑がかかってしまいます。

まったく、この飛行機会社は、
商売の基本がまったく分かっていません!

「・・・」

「・・・」

「・・・」

「機内販売でーす」

「あの、すみません」

「なんでしょうか?」

「カップラーメン下さい」

ええ、心の弱いコンサルタントだから、
誘惑に負けて頼んじゃいました。

だって、早朝の飛行機の中のカップラーメンって、
なんか美味しそうだったんだもの。

ギリギリまで悩んだんだけど、
我慢しきれずに、思わず注文してしまいました。

ということで、なみなみにお湯が注がれて、
出てきたのがチキンラーメンのカップ麺。

3分待って、「よし、いただきます!」となったところで、
機内アナウンス。

「えー、当機はこれより高度を下げますので、
座席のテーブル等は元に位置に戻してください」

ごらぁ! カップラーメンぐらい食わせろ! ジェットスター!

ということで、
味も分からずカップ麺を流し込んだため、
舌をやけどしてしまった、今日この頃。

成田と関空って、とっても近いんですね。
またひとつ、おりこうさんになりました♪

で、話は変わりますが、先日、発売された
「就活に負けない子どもの育て方」DVDですが、
おかげさまで、たくさんの方にお買い求め頂いております。

全講義84分を収録!
この「5000円」のDVDで子どもの将来が決まる。

詳しくはこちら!
http://a06.hm-f.jp/cc.php?t=M158602&c=6478&d=d38c

うーん、やっぱりみなさん、自分の子どもの将来って、
すごい気になるみたいですね。

DVDの感想のメールを見る限りですが、
意外にも独身の方が購入が多いのには驚きました。

たぶん、このDVDには、
自分の「将来」や自分自身の成長過程の「ヒント」みたいなものが、
ビッシリと詰まっているんだと思います。

ということで、
もう少し、この「就活」について語らせてもらいます。
ちょっと、私の人生の「後悔」の部分も込めまして・・・。

高校生の「アルバイト」について考える。

私は高校生の頃、
「何をやっていましたか?」と聞かれれば、
「アルバイト」と答えるぐらい、ずっと働いていました。

学校から帰ったら、すぐにバイト。
試験前も、バイト。
週に4~5回ぐらいバイトをやっていましたから、
もう、高校生なのかフリーターなのか分からないぐらい働いていました。

おかげで、結構、学校では学べない、
「大切なこと」を身につけたと思います。

大人の世界も垣間見れたし、社会の厳しさも学べたし、
自分としては、高校生の「アルバイト」というのは、
ぜひ、体験しておくべきかな、と思っています。

でも、ですね。

今回、「就活に負けない子どもの育て方」ということで、
内定3つ以上を取った100人と、
内定0個の100人に、細かくアンケート調査をしたところ、
この考え方に、ちょっと疑問符がついてしまいました。

なぜならば、自分が思っていた以上に、
「若い頃の時間」というのは、
非常に貴重なものだということが分かったからです。

高校生の頃に、もっともっと勉強していたら、
もっともっといい大学に入れて、
もっともっと視野が広がり、
給与がよくて、やりがいのある仕事に就けたかもしれません。

英語だって、高校生の頃にたくさん勉強しておけば、
いろいろな国の文化を学ぶチャンスが広がったかもしれないし、

高校生の頃に部活動に熱中していたら、
もっと精神的に強くなっていたかもしれないし、
かけがえのない友達ができたかもしれません。

つまり、「高校生」という時間は、
自分の人生を大きく左右させる貴重な時間なんですね。

「大学」のレベルで、就職先がある程度、線引きされてしまっている以上、
やはり、少しでもレベルの高い大学に滑り込むことは、
将来のことを考えれば、とても重要な高校生の「仕事」でもあります。

たとえ「小学校」と「中学校」で勉強ができなかったとしても、、
高校の3年間があったら、頑張れば勉強はなんとか取り返せるんです。

でも、その人生が決まってしまうかもしれない、
高校生の貴重な時間を、
「時給800円」とかで“切り売り”してしまうのは、

非常にもったいないのではないかと、
「就活」の視点からみた人生プランを考えたときに、思ってしまいました。

もちろん、家庭の事情でアルバイトをしなくてはいけない人もいますし、
アルバイトをしながら勉学に励んだ人もたくさんいます。

アルバイトを通じて学んだことや、
アルバイトから人生経験を積んで、お金持ちになった人もたくさんいますから、
一概に高校生のアルバイトが、人生の役に立たないとは言いません。

でも、もし、そんなに意味もなく、
ただ単に「やることねぇな」「お小遣い欲しいな」程度の理由で、
高校生の大切な時間を、数百円で切り売りしてしまうぐらいであれば、

小遣いを少し多く渡して、「時間を大切い使おうぜ!」ってアドバイスしたほうが、
「未来」は大きく切り開かれるかもしれません。

それに、アルバイトだったら、大学生になってからだって、
いくらでもできますからね。

高校生の頃にアルバイトで学べるような社会経験なんて、
大学生になってからでも学べるんです。

もっと究極のことを言ってしまえば、
社会人になったら、

死ぬほど働けますよ!

いいですか?

本当にビックリするぐらい、
これからの日本の将来というのは分からなくなってきています。

でも、ひとつだけハッキリしているのは、
今以上に、貧富の差が激しくなって、
今以上に、競争が激しくなって、
生きるのがしんどい世の中になってしまうということです。

子どもは、お金のことも人生のことも、
これっぽっちも分かっていないから、

目の前の「時給800円」に気を取られてしまい、
将来、「時給10万円」になるチャンスを、
「時給50円」にしてしまうような選択を、
平気でしてしまうんです。

しかも、親もその自覚がないと、
子どもが「俺、アルバイトするよ」と言われても、

「へーっ、頑張ってね!」ぐらいで、
そのまま聞き流してしまい、

子どもの将来を作り上げる大切な時間を、
親も一緒になって切り売りしていしまう恐れもあります。

もちろん、将来のことなんて誰も分かりません。

でも、できるだけ「成功する確率」の高いことをやらせることは、
ビジネスも人生もまったく同じで、
そのプロセスにおける“人生の販促企画”を、
いかに有効に使っていくのかが大事なんだと思います。

せめて自分の子どもには、
自分の人生に『キャッチコピー』がつけられるぐらいの、
楽しい人生を送ってもらいたいと思うのは、
どの親も一緒だと思いますよ。

この講座を観れば、「時間の大切さ」のことが良く分かる。

■この情報は知っておいて損なし! 5000円のナマ講義!

「就活に負けない子どもの育て方」DVD
http://a06.hm-f.jp/cc.php?t=M158603&c=6478&d=d38c

編集後記

以前から、告知を行っていますが、
今月末の9月28日に、
大阪で「ホームページ制作講座」を行います。

「今さら?」

と思うようなテーマですが、
もう一度、その「今さら」というのを、
見直してもらいたいところがあって、
このような講座を開くこととなりました。

今回の講座のテーマは、
「ホームページへの集客」です。

当日は、僕が完全にプロデュースした、
ホームページをいくつか紹介させていただきながら、

人を集めるキャッチコピーの作り方や文章術の他に、
SNSやブログとの連動や、メールマガジンによる集客、
その他にも、ホームページ制作にお金をかけたくない店舗が、
どうやってお客さんをホームページを有効活用すればいいのか、
基礎的な話から、トコトンお話したいと思っています。

大阪の人以外も、ぜひ参加していただきたいセミナーです。

ちなみに、私が今回利用した、
ジェットスターなんですが、
なんと成田⇒関空の料金が3990円でした。

カップラーメンでも食べながら、ぜひいらっしゃってくださいな。

■9月28日 大阪
店に客を呼ぶホームページはこうやって作るんじゃ!

竹内謙礼の「職人技」大公開!

「真・お客様を呼び込むための、ホームページ作成講座」
http://a06.hm-f.jp/cc.php?t=M158604&c=6478&d=d38c

他にも、諸々なセミナーがございますので、
みなさん、ふるってご参加いただければと思います!

著者/竹内謙礼

記事をご覧になって下さりありがとうございます、
よかったら気軽にコメントを書き込んでくださいね!

このエントリーをはてなブックマークに追加
rss
上矢印
ページTOPへ