• 竹内謙礼のボカンと売れる講座
  • セミナー
  • 著書
  • ボカンと売れる講座(メルマガ)
  • 就活に強いのは長男? それとも次男?

こんにちは!
いろはの竹内です。

さて、実は今回、
「就活に負けない子供の育て方」
という、ちょっと変わったセミナーを開催します。

タイトル通り、
就職活動に強い子供を育てるポイントについてレクチャーする、
いわゆる“子育てセミナー”です。

「なんで、経営コンサルタントのお前が就活セミナーやるんだよ!」

そう思われるかもしれませんが、
実は、こう見えても、私、なかなかのデータを持っているんですよ。

リサーチ会社にかなりの大金を突っ込み、
「就職の内定を3つ以上もらった100人」と、
「就職の内定が0個だった100人」の、

合計200人に徹底アンケート調査を行ったんです。

そしたら「内定が出た子」と「内定が出なかった子」の、
生活環境の違いが出るわ、出るわ!

例えば、私立中学から大学までエスカレートであがった子と、
公立中学、公立高校、大学と、受験をクリアしてきた子では、
どっちが内定が取りやすい子に育つと思いますか?

こんな子供の将来に関わる大事なことが、
全てこのセミナーで明かされます!

■7月21日(土)
「就活に負けない子供の育て方」セミナー
http://www.netshukyaku.jp/seminar/120721shukatsu.html

大学生から就職活動をしたら、遅いんです。

このセミナーを開催するきっかけになったのは、
ある大手企業の人事担当者と話をしたときのことでした。

「採用したい人材は、話して1分ぐらいで欲しいと思うけど、
採用したくない人材は、話して数分で『いらない』と思ってしまう。
この差はなんでしょうか?」

・・・確かにそうなんですよね。
実は「欲しい人材」と「欲しくない人材」というのは、
面接の際、一瞬のうちに決まってしまうことが多いんです。

しかも、「こいつ欲しい!」と思った人材に限って、
2個も3個も内定をゲットしていて、

逆に「こいつは要らない」と思った人材は、
やっぱり100社以上も受けているのに、内定0個……。

この“差”は、おそらく大学生活の間で、
付け焼刃で身につけられるテクニックではないんだと思います。
仮にテクニックや知識でカバーできるのであれば、

これだけ就活に『格差』は生まれないと思います。

つまり、就活には短期間で身につけられるテクニックではなく、
無意識のうちに態度や話し方、雰囲気に出てくる、

「一瞬で人に好かれる力」が必要なんです。

そのような、「一瞬で人に好かれる力」を身につけていなければ、
とてもではありませんが、大学生ごときの若者が、
百戦錬磨の面接官のオジさん、オバさんと戦うことはできません。

では、「一瞬で人に好かれる力」は、
どのように身につければいいのか?

これは、小さい頃からの生活環境に大きく影響されると思います。
人の性格や態度、雰囲気は、おいそれと簡単に変えられるものではないし、
ちょっとした演技でごまかせるものではありません。

だから、どうしても小さい頃から、
親は子供に「一瞬で人に好かれる力」を身につけさせて、
なんとかして「就活に強い子供」を育てることを意識しながら、
子供に接しなくてはいけないのです。

だけど、多くの人が、
就活は高校受験、大学受験の延長戦だと思って、
「大学になったらがんばればいいんだ」と思っています。

だから、子供には勉強しかやらせませんし、
勉強さえできれば、いい大学に入って、いい会社に就職できると思っている親がほとんです。

しかし、どんなにいい大学に入ったとしても、
就活のときに「一瞬で人に好かれる力」がなければ、
最後の最後で、就職難民になり、人生、路頭に迷ってしまいます。

今までの全ての努力がパーになってしまう可能性があるのが、
今の厳しい競争社会の現状なんです。

だから、ある程度、親は「就活に負けない子供を育てる」という意識を持って、
子供と接しなくてはいけないんだと思います。

いいですか?

私はご存知の通り、
就活専門のコンサルタントでもなければ、
子育てに詳しいコンサルタントでもありません。

しかし、データから現状を読み取って、
最適な戦略を導き出すプロの経営コンサルタントではあります。

今回、リサーチ会社を活用して、
「内定を3つ以上獲得した100人」と
「内定が0個だった人100人」に、30問の質問を行って、

内定を3つ以上獲得した人の生活環境を徹底的に調べました。
そして、就活に強い人、つまり、

「人に一瞬で好かれる能力の高い人」

というのが、どのような生活環境で大学生になったのか、
そのプロセスを調べて、ある法則を導き出すことができました。

今回は、「就活に強い子供の育て方」というテーマではありますが、
これから優秀な人材を採用したい人、
または人材教育に悩んでいる人が聴講しても、
人の能力を見抜く上で、非常に役立つセミナーにはなると思います。

「まだ、うちの子供は小さいから関係ないよ」

そう思っているお父さん、お母さんこそ、
ぜひ参加していただきたいセミナーだったりします。

先に現状を把握してアドバンテージを取ることは、
子育ての世界も、商売の世界も同じですからね。

■7月21日(土)
「就活に負けない子供の育て方」セミナー
http://www.netshukyaku.jp/seminar/120721shukatsu.html

編集後記

実はこの企画、本で書こうと思って、
1年がかりで、じっくり暖めてきたものなんです。

でも、結局、どこの出版社も相手にしてくれなくて、
最後に編集者に言われたのは、

「経営コンサルタントが書く本じゃないでしょ」

と、言う一言でした。

でも、売上を伸ばすのに一番大切なのは「人」ですからね。
その「人」の見抜き方の背景を知らなければ、
いつまで経っても、いい人材を採用することはできません。

それに、専門の就活コンサルタントが書けば、
そりゃあ、いい本を書くとは思いますが、
彼らは絶対に口が裂けても、

「大学生になってから、就職活動しても間に合わないっすよ!」

なんて言いませんからね(笑)。
そんなこと言ったら、商売上がったりですから。

だから、今回、就活の業界とはまったく関係のない私が、
まったく新しい視点で「人材」というテーマで、
いろいろ語らせていただければと思います。

かなりセミナールームが狭くて少人数で開催する予定なので、
申し込みはお早めに!

■7月21日(土)
「就活に負けない子供の育て方」セミナー
http://www.netshukyaku.jp/seminar/120721shukatsu.html

著者/竹内謙礼

記事をご覧になって下さりありがとうございます、
よかったら気軽にコメントを書き込んでくださいね!

このエントリーをはてなブックマークに追加
rss
上矢印
ページTOPへ