• 竹内謙礼のボカンと売れる講座
  • セミナー
  • 著書
  • ボカンと売れる講座(メルマガ)
経営コンサルタント 竹内謙礼 > セミナー・著書 > 竹内謙礼の著書・新刊情報 > 「Amazonに勝てる本」はAmazonで1位が取れるのか?
  • 「Amazonに勝てる本」はAmazonで1位が取れるのか?

こんにちは!
経営コンサルタントの竹内です!

さてさて、新刊のお知らせです!
今まで何度かメルマガ等で前振りをしてきましたが、
ようやく、ようやく、ようやく!

Amazon対策本を発売することができました!

『Amazonに勝てる絶対ルール』(商業界)

http://www.amazon.co.jp/dp/4785504870/

で、本日3月2日~3月4日までの3日間で、
本著をAmazonにて購入してくれた方に限り、

特別書下ろしのレポート
『Amazonの売上を増加させる「意外に見逃されている」3つのこと』
を無料進呈させて頂きます!

★キャンペーンページはコチラ!

https://e-iroha.com/cpn201503/

ええ、みなさん、ここで想像力を膨らませてください!
この「Amazonで勝てる」というタイトルの本が、
もしも、Amazonランキングで1位になったら、

それこそ、前代未聞です!

みなさんの協力があれば、
本当にamazonに勝てるかもしれません!

ぜひ、今ここで、
メルマガの読者とFacebookの読者とブログの読者で一丸となって、
Amazonに一泡吹かせてやりましょう!(なんで?)

ということで。
今回のメルマガは、Amazon本の中から、
“ちょっといい話”をひとつお届けしたいと思います。

■3月4日まで限定企画

みんなでAmazonに勝てる本をAmazonで1位にしましょう!
https://e-iroha.com/cpn201503/

 

『Amazonに勝つ』の本当の意味

当初、商業界からこの本の執筆の依頼を受けた時に、
私は、かなり余裕をブチかましていました。

だから、本の企画書にも平気で、
「Amazonに勝てる絶対ルール」
などという、なめきったタイトルをつけて提出してしまいました。

で、それから半年間、Amazonについて徹底的に調べました。
Amazonの専門のコンサルタントから、
Amazonで商品を販売しているネットショップ、

さらには、Amazonに売上を持っていかれている実店舗の会社や、
Amazonと互角に市場で渡り歩ているEコマースの企業など、
片っ端から話を聞きに行きました。

そこで辿り着いたのが、

「Amazonに勝てる方法なんてないじゃん!」

という絶望的な結論でした。

最安値、即日配達、莫大な商品点数……。
調べれば調べるほど、Amazonの“穴”はまったく見つかりませんでした。

お恥ずかしながら、再度、商業界に出向いて担当の編集者さんに、
「すみません、タイトルを変えてもらえませんか?」

と、泣きついたぐらいでした。

それだけ、今回のテーマは著者泣かせのものでした。

でも、その後、さらに深い取材と実践データの検証を繰り返し、
事例を集めたり、ノウハウを構築していくうちに、
私はある結論に行き着きました。

それは、

「Amazonに勝つためには、Amazonと戦わないこと」

これが、本書の最大のテーマとなったわけです。

おそらく、このAmazon対策本のタイトルを見て、
多くの人が

「ネットショップの対策本だな」

と思っていると思います。

しかし、実際には、この本にはネット販促の対抗策だけでなく、
実店舗のお客さんがショールーミングでによって
Amazonに売上を持っていかれないための手法も講じています。

つまり、「Amazonに勝つ」ということは
突き詰めるところ、

  • 価格の安い店に勝つ方法
  • お客さんを囲い込む方法

この2点を強化することであり、それを実践するためには、
ネット販促にこだわらず、広い視野で“売り方”を検証して、

Amazonとの競争を回避することで
自分たちの市場を新たに開拓していく戦術を見つけていくことが
大切なことなのです。

いいですか?

Amazonは本気で日本の小売業を全て飲み込んで、
流通業を制圧しようとしています。

そのために、Amazonは物流拠点を日本中に作り、
ネット上で一番安い商品を売り、

そして、映像や本などのコンテンツを低価格で配信して、
日本中の消費者を根こそぎ、自分たちの虜にしようとしています。

そのような雑食性の“小売モンスター”に対抗するためには、

  • Amazonを味方につける。
  • Amazonと戦わない。

この2拓しか小売業に生きる道はないと思います。
少なくとも、ここに

・Amazonと戦う

という選択肢はありません。
でも、多くの人が、Amazonの怖さを知らずに、
真正面から戦う道を選び、そして、その戦略を講じるあまりに、
自爆しているのが現状だと思います。

そうならないためにも、
私たちは本当の「Amazonに勝てる絶対ルール」を学んで、

安い商品を売る、大きな会社に勝てる仕組み作りを、
しっかりと地に足をつけてやっていかなければいけないんだと思います。

そんなAmazonへの対抗策を講じた魂を込めた1冊を、
ぜひぜひみなさんにご一読してもらえればと思います!

本日より発売『Amazonに勝てる絶対ルール』

購入はコチラ!
http://www.amazon.co.jp/dp/4785504870/

3月2日~4日の限定レポート配布キャンペーンはコチラ!

https://e-iroha.com/cpn201503/

 

編集後記

Amazonは世界各国でEコマースを展開していますが、
唯一、独占できていないのは、日本の市場だけなんですね。

日本にはEコマースのトップを走る「楽天市場」があり、
そして、独特の販売ノウハウを持った商売人が多くいて、
Amazonがなかなか小売りの牙城を崩せない市場のひとつと言えます。

そんな中で生まれた「Amazonに勝てる絶対ルール」という本は、
ある意味、

「そう簡単には、日本のお客さんはAmazonに譲れないよ!」

という、日本の商売人の思いが込められているところがあります。

だから、もし、奇跡的にこの本がAmazonのランキングで
上位に食い込むぐらい売れてくれれば、

それは、日本の商売人の
ビジネスに対する意識の高さを物語っているような気もします。

そんなわけで、いろいろな人の思いがこもった、
今回のAmazon本、ぜひ、ご一読してもらえれば、
私の熱い思いが少しでも伝わるのではないかと思っています!

目指せ!Amazonに勝てる方法の本を、
Amazonで1位にするぞ!

本日より発売『Amazonに勝てる絶対ルール』

購入はコチラ!
http://www.amazon.co.jp/dp/4785504870/

3月2日~4日の限定レポート配布キャンペーンはコチラ!

https://e-iroha.com/cpn201503/

著者/竹内謙礼

記事をご覧になって下さりありがとうございます、
よかったら気軽にコメントを書き込んでくださいね!

このエントリーをはてなブックマークに追加
rss
上矢印
ページTOPへ