• 竹内謙礼のボカンと売れる講座
  • セミナー
  • 著書
  • ボカンと売れる講座(メルマガ)
経営コンサルタント 竹内謙礼 > セミナー・著書 > 竹内謙礼の著書・新刊情報 > あなたの会社の「課長さん」は仕事ができますか?
  • あなたの会社の「課長さん」は仕事ができますか?

こんにちは! いろはの竹内です。
さてさて、新年一発目にふさわしい本が、PHP出版より発売されました!
その名も、

 

「戦略課長」

http://www.amazon.co.jp/dp/4569761437

表紙の雰囲気からもお分かりの通り、単行本と文庫本を合わせて
累計13万部突破の「会計天国」の第2弾の本となります。

で、本日、本当に先ほど入った情報ですが、
こちらの「戦略課長」、発売一週間で、

即5000部の増刷が決定しました!

うぉおおお! 新年早々、先行きがいいお話です!

で、肝心の内容なんですが……。

単行本で2010年に発売された「投資ミサイル」が、
タイトルを変えて、新たに文庫本として登場したのが、
こちらの「戦略課長」になります。

「会計天国」と同じく、はちゃめちゃストーリーで戦略ノウハウが学べる、
エンタメ系ビジネス小説として仕上がっています!

この本、実は執筆した著者としては、
人生のターニングポイントとなったと言っても過言ではない、
非常に重要な本になります。

共著者である会計士の青木氏の「戦略」に関する言葉が、一言一言、心に刻まれて、
原稿を書き終えた直後に、正座して天井をあおいで、
「このままじゃダメだ!」
と、心を奮い立たせたことを今でも覚えています。

その後、この本で学んだ「戦略」のノウハウが、
経営やコンサルティングの面だけではなく、

大切な人生の「戦略」を立てる上でも、とっても勉強になったこともあり、
私の40冊近く出した著書の中では、

間違いなく5本の指の中にはいる名著と言えます!(自画自賛!)

内容は2010年に書かれたものですが、
何度読み返しても勉強になる一冊です。
ということで、今回のメルマガでは、

この「戦略課長」から抜粋したノウハウをひとつ。

■発売記念で東京でこんなセミナーやります!
「戦略課長」発売記念トークライブ

竹内謙礼×青木寿幸
2月14日 15:30~17:30
『2014年の「出口戦略」のコツ教えます!』
https://e-iroha.com/seminar_140214/

それと、「会計天国」と「投資ミサイル」の裏話も少々。

「事業計画書」は誰のために作るのか?

この「戦略課長」の内容ですが、ざっくりと紹介すると、
主人公の若い女性課長のところに、
銀行から出向してきたロボットの上司が突然現れて、
会社の新規事業を大きく成長させていく……

という流れになります。

「完全なエンタメ系の小説じゃん」

そう思うかも知れませんが、実は内容的には、
経営戦略の立て方からはじまり、株式投資、ポートフォリオ理論、
CAPM理論、不動産投資、プロスペクト理論等、

かなり真面目に、そして仕事で役立つノウハウが、ギッシリと解説されています!!

一部、
「ありゃ、これは難しいぞ」
ってノウハウのところもあると思いますが、

それを多少読み飛ばして話をすすめていっても、
必ずストーリーについていける構成に仕上げていますので、
途中で放り出して読むのを止めてしまうこともないと思います。

で、このストーリーの中で、
主人公の女性課長が、会社の指示で戦略を立てるシーンがあるんですが、
ここが、なんだか私自身のサラリーマン時代を思い返させて、
ちょっと身をつまされる思いになるんですね。

とにかく、この主人公の女性課長が、
適当に「戦略」を立てちゃうんですよ、ホントに(笑)。

目標金額から、適当に月割りで売上見込みを出してみたり、
対外的なことばかり気にして、かっこいい仕事をやりたがったり、
戦略がおかしくなったら、勝手に売上目標を下げたり、

過去に私自身が「戦略」を売上のために作っているのではなく、
自分の妄想を膨らませるための自己満足のツールとして使っていたことが、
自分で書いた本で分かって、深く反省してしまいました。

いいですか?

年間計画や戦略は、なんのために立てるのか、
この本を読むことで、もう一度だけ考えてみてください。

「戦略課長」に、こんなワンシーンがありますーー。

「事業計画書で、ガチガチに数字を作ってしまったら、
逆にその考えに凝り固まってしまうんじゃないんですか?」

 思い切って反論してみたが、すぐにロボットは言葉をかぶせてきた。

「じゃ、何のために事業計画書を作っているんだ?
まさか、社内の稟議を通すだけの書類じゃないだろうな。
いいか、人間は、将来を予想することはできない生き物なんだ。
だからこそ、その不確実性と、うまく付き合っていくために、
“羅針盤”になる事業計画書が必要になるんだ」

「羅針盤って……つまり、事業が失敗しそうになったら、
最初に制作した事業計画書を見て、もう一度、数字を検証して修正するってことですね」

「違う! 根本の考え方がオカシイ!」

 ロボットはさらに声を張り上げた。

「事業計画書は数字だけではない!
もし、予想していた売上を達成できなかったら、
どうやって検証するつもりなんだ?」

「事業計画書の売上を下方修正して、現実に合わせます」

「現実を従順に受け入れることが、柔軟性があって、優秀だと思っているのか?
それは、努力もせずに諦めただけの、負け犬だろ。
いいか、最初に作った数字に理論がないから、そうなるんだ。
理論があれば、事業のやり方を変えて、売上を上げることができるんじゃないのか?」

「数字の理論というのは?」

「経営戦略だよ。“戦略なき投資は、失敗する”ということを肝に銘じて欲しい」

「戦略なき投資は、失敗する」……うーん、胸に響く言葉です。

このようなズシリと経営に響く言葉が、
本書にはガンガンに書かれていますので、ぜひ一読してもらえればと思います!

「戦略課長」
http://www.amazon.co.jp/dp/4569761437

編集後記

さて、今回、この「戦略課長」の発売を記念して、
M&A関連のセミナーを開催することになりました!

「会社を売りたい人、集まれ!」
■2月14日 15:30~17:30
https://e-iroha.com/seminar_140214/

6年ぶりぐらいの共著者の青木さんとのトークセッションです。
「会社を今後、どうするか?」と真剣に考えている人は、
必見のセミナーになると思いますよ!

で、これとは正反対といってもいいぐらいのセミナーで、
コスト削減のセミナーも開催予定です!

■【従業員30名以上の企業限定】
社員が泣いて喜ぶコスト削減セミナー
2月7日 16:30~17:30
https://fs220.xbit.jp/a599/form5/

こちらは、私が気に入った経理ソフトを使った、
ちょっと実践的なコスト削減セミナーになります。

あとは、結構、全国でセミナーが目白押しでして……。

■1月23日・24日 【高知県】参加者募集!
安売りしたくない担当者の「高く売る方法」が具体的にわかるセミナー
http://www.cciweb.or.jp/kochi/seminar-kenshu/201401_hansoku.html

■1月27日 【山口県】(初!)参加者募集!
2014年売れる商品、売れる企画はズバリこれ!
http://www.tamura-keiei.com/seminar/201401_seminar.html

■1月29日 【京都】参加者募集!
安売りしないでお客をがっちりつかむ技術
http://www.nikkei4946.com/seminar/seminar.aspx?ID=798&TYPE=

■2月6日 【東京】参加者募集!
ダイヤモンドオンライン主催・消費税増税を生かす販促術
https://web.diamond.jp/survey/index.cgi?shid=4633

■2月10日 【広島】(PDF申込書) 参加者募集!
消費税率アップ徹底対策セミナー
http://bit.ly/1alrBhY

■2月24日 【大阪】参加者募集!
竹内謙礼の「2014年 ビジネスを成功へ導くためのキーワード」セミナー
http://www.osaka.cci.or.jp/event/seminar/201312/D41131219015.html

……果たして3月まで乗り切れるのだろうか。

著者/竹内謙礼

記事をご覧になって下さりありがとうございます、
よかったら気軽にコメントを書き込んでくださいね!

このエントリーをはてなブックマークに追加
rss
上矢印
ページTOPへ