• 竹内謙礼のボカンと売れる講座
  • セミナー
  • 著書
  • ボカンと売れる講座(メルマガ)
経営コンサルタント 竹内謙礼 > 最新ニュース > 初めてのビジネス書2冊同時発売なのである。
2013/03/18
  • 初めてのビジネス書2冊同時発売なのである。

こんにちは。いろはの竹内です!
さて、前回のメルマガでも紹介させて頂きましたが、
私、初めて“2冊同時発売”というのを体験することになりました!

1冊目は、
「読むだけですぐに売れ出す40の言葉」(日本実業出版社)

2冊目は、
「ネットで儲ける王様のカラクリ」(技術評論社)

わかりやすく、この2冊の概要を紹介すれば、
前者は、「うぉー! 俺は何でも売ってやるぜ!」というテンションの上がる本。
後者は、「うぉー! ネットビジネスのコツが分かったぞ!」というストーリー本。

って、ぜんぜんこれじゃあ、イメージ沸きませんよね……。

とりあえず、こちらのキャンペーンページをごらんになって頂ければ、
2冊の本の内容のすべてが分かります!

■ただ今、先行予約キャンペーン展開中!
18日・19日の2日間で特別ダウンロードレポートプレゼント!

★本の内容も含めて、詳しくはコチラ!
https://e-iroha.com/cpn201303/

1冊目『読むだけですぐに売れ出す40の言葉』

さて、今回、日本実業出版から発売される、
「読むだけですぐに売れ出す40の言葉」という本ですが、
編集者さんとは、

「難しく考える『売り上げの伸ばし方』を、一言で簡潔にまとめよう」

というコンセプトで作りました。
最近、売上が伸びない会社や人を見ていると、

かなり複雑な販促を、こねくり回してドツボにハマっていく人が、
めちゃくちゃ多いことに気がついたんですね。

ビジネス書をいろいろ買いあさって、
いろんなコンサルのセミナーにガンガン出席して、
たくさんの経営者の交流会に参加して、

結局、
『何が大事なんだっけ?』

と、分からなくなってしまい、
途方に暮れている人って、思いのほか多いと思うんです。
だから、そういう人たちに向けて、

“短い時間”でパッと売上が伸ばせる販促ノウハウを、

・インパクトのある言葉
・心にズドンッと響く言葉
・すぐに行動に移せる言葉

という3つの条件を兼ね備えた40の言葉をセレクトして、
この1冊にまとめました。

一部を抜粋して紹介すると・・・・。

・「富裕層は狙うな」

・「入りづらい店は、すでに死んでいる」

・「貧乏人は春に春の企画を考えるが、
  お金持ちは春に秋の企画を考える」

・「楽しい売場なら、楽しくお金が使える」

・「メルマガは『書き方』よりも、『客質』で売上が決まる」

・「みんな」に向けたキャッチコピーは、「みんな」に嫌われる。

などなど、経営者だけでなく、
従業員にも読ませたい「簡単に売上が伸ばせるポイント」が、
脳裏にビシッと残る言葉でまとめられています!

今なら、3月18日と19日の2日間限定で
アマゾンで先行予約をしてくれたお客様に対して、

特別レポート
「消費税の「駆け込み需要」を100%成功させる技術」
を無料プレゼントさせてもらっています!

円安株高の好景気に、いまひとつ乗り切れていない人は、
ぜひ一度読んで、この本が届いた瞬間から、
高いテンションで売上を伸ばしてみてくださいね!

■2日間限定企画

「40の言葉」先行予約キャンペーンはコチラ!
https://e-iroha.com/cpn201303/

■中身がチラ見できる「本の動画」はコチラ!
https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=1AwcHLj-hHA

 

2冊目『ネットで儲ける王様のカラクリ』

さて、2冊目は難しいWEBマーケティングの話を、
ストーリー形式に落とし込んだ異色のビジネス書です。

簡単なあらすじを紹介しますと・・・。

一部上場の大手ホームページ製作会社の主人公・平木と、
売上が落ちる田舎町の花屋の店長・城之内が、
同窓会の帰りにカミナリに打たれて、二人の体が入れ替わってしまいます。

ネット業界の“裏”を知っている平木は、
オープン予定だったネットショップをストップさせて、
花屋の売上を伸ばすために、新たなネット販促をスタートさせ、

一方、ネットビジネスの業界をまったく知らない城之内は、
ホームページの運用の醜い“裏側”を目の当たりにして、
いかに弱者が強者の餌食になっているかを知ることになります。

果たしてネット広告やネットサービスを使い続けることが、
本当に「売上」に直結するのか?

はたまた、「ネットショップ」というサービスは、
この後、5年、10年と繁栄し続けるビジネスなのか?

ちょっと危なっかしいコンサルタント業界の裏話もひっくるめた、
エンターテイメント系のビジネス書ストーリーに仕上がっています

今回、登場人物の『入れ替わり』をストーリーのロジックに持ってきたのは、
ネットビジネスは、
「情報を知っている人」と「情報を知らない人」の格差が、
びっくりするほど大きな業界だったりするんですね。

それを理解してもらうために、
「情報を知っている人」を、情報をまったく知らない世界に飛び込ませて、
逆に「情報を知らない人」を、情報の最先端に放り込ませることで、

どういうストーリーになっていくんだろう・・・と妄想を膨らませながら、
いろいろ書かせて頂きました。

特にネット業界全体になんとなく違和感を持っている人や、
過去に「これはちょっとありえないだろ」と、

業界全体の矛盾点に首をかしげた人は、
一読すると“なるほどね”と思える一冊だと思います!

なお、こちらの本も、

3月18日と19日の2日間限定で
アマゾンで先行予約をしてくれたお客様に対して、

特別レポート
『経営者と従業員で共有しておきたい 消費税アップで「やってはいけい売り方」』

を無料プレゼントさせてもらっています!

消費税の外税表示が2017年4月まで時限立法でOKになり、
さらに「消費税還元キャンペーン」が禁止になったり、

消費税周辺のネタがものすごい変化で変わっていますので、
情報をしっかり抑えたい経営者は、お勧めのレポートだと思いますよ!

■「王様のカラクリ」先行予約キャンペーンはコチラ!
https://e-iroha.com/cpn201303/

著者/竹内謙礼

記事をご覧になって下さりありがとうございます、
よかったら気軽にコメントを書き込んでくださいね!

このエントリーをはてなブックマークに追加
rss
上矢印
ページTOPへ