• 竹内謙礼のボカンと売れる講座
  • セミナー
  • 著書
  • ボカンと売れる講座(メルマガ)
経営コンサルタント 竹内謙礼 > 最新ニュース > 「安売りはバカでもできるけど、バカが一番やっちゃいけない売り方なのよ」
2016/03/07
  • 「安売りはバカでもできるけど、バカが一番やっちゃいけない売り方なのよ」

3月3日発売「販売魔女と死の眼鏡」から抜粋

http://www.amazon.co.jp/dp/4569763529

12747927_990975697639019_3405150350426832844_o

 

 

 

 

「『これは売れるよ』という言葉は、自分に都合のいい言葉だから、商売人はみんな勘違いして素直に受け止めちゃうのよ」

「親しい相手からの意見は、“正しい”と判断してしまいがちなの」

「ビジネススキルの高い人は、多くの意見を聞きすぎないように、情報の“量”と“質”のバランスを取ってコントロールしているのよ」

「安売りはバカでもできるけど、バカが一番やっちゃいけない売り方なの!」

「客は店のことなんか、これっぽっちも考えていないのよ。自分の都合のいいことしか考えていないの。安くていい商品が手に入れば、それでいい。そんな身勝手な客の声をまともに聞いてたら、儲かるわけがないじゃない」

「バカね。客を喜ばすには、まずは自分が儲からなきゃ」

「自分のワガママを、客に押し付けるぐらいの強い気持ちがなければ、商売なんてやっちゃいけないの」

「客の言いなりになって価格を下げたり、商品点数を増やしたりするのは、ビジネスでも何でもないわ。そんなのただの客の奴隷よ」

「客に嫌われないことも大事ですが、商売は儲かることのほうが大事だと思うんですよ」

「昔と違って、今は客が圧倒的に強くて、店が驚くほど弱い立場になっているの。だから、お客さんの声にお店が振り回されるようになってしまったの」

「プライドを捨てて、客の言いなりになっていると、売り手側はすごい楽なのよ。だって、客の要望通りに商売をすればいいだけだからね

「客の声をコントロールするぐらいの、強烈なリーダーシップのあるお店を作らなければいけないの」

「クレームをビジネスチャンスに繋げることよりも、自分たちにプラスになるクレームなのか、それとも役に立たないクレームなのか、まずはそのクレームの“”を見極めることのほうが先決よ」

「お客は神様でもなければ、ご主人様でもないのよ。客は客でしかないの

12747927_990975697639019_3405150350426832844_o

「販売魔女と死の眼鏡」好評発売中♪

http://www.amazon.co.jp/dp/4569763529

 

著者/竹内謙礼

記事をご覧になって下さりありがとうございます、
よかったら気軽にコメントを書き込んでくださいね!

このエントリーをはてなブックマークに追加
rss
上矢印
ページTOPへ