• 竹内謙礼のボカンと売れる講座
  • セミナー
  • 著書
  • ボカンと売れる講座(メルマガ)
経営コンサルタント 竹内謙礼 > 動画/DVD > キャッチコピーカレンダー > 2016年から新しく始まる祝日「山の日」は敵か味方か?
  • 2016年から新しく始まる祝日「山の日」は敵か味方か?

 さて、今年も頑張って2016年の予測カレンダーを制作しているんですが、ここで「これは知っておいたほうがいいんじゃないかな」的なネタをひとつ見つけたので、ブログにて公開させて頂きます。

 ご存じの人もいると思いますが、来年の8月11日は、新しい祝日として「山の日」が登場します。山岳関係者や自然保護団体から「海の日があるんだったら、山の日もあっていいんじゃね?」ということで、2016年から施行されることになりました。

2013-12-30 09.54.36

 

 

 

 

 

 ちょっと裏話的なお話をさせていただくと、本来であれば、一般的なお盆休み期間である8月13日~16日にくっつけるために、山の日は「8月12日」を祝日にする予定でした。しかし、8月12日は日航墜落事故という大惨事があった日でもあり、群馬県出身の小渕議員から「その日をお祝いにするのはいかがなものか」という意見があって、連休案は頓挫してしまいました。

 結果、その前日の「8月11日」で山の日は制定されることになったのですが、まぁ、ちょうど「11」という数字が、森の木が並んでいるように見えることから「この日でいいんじゃないか」ということで決まったわけです。

 で、ここからが本題。

 山の日は「8月11日・木曜日・祝日」なのですが、翌日は「8月12日」で金曜日・平日となります。当然、みなさん、会社に行かなくてはいけません。そして、その翌日は13日からお盆休みとなりますので、16日頃まで休む人も多いと思います。つまり、11日が休みになったことによって、「12日・金」が、飛び石連休の“石”になってしまい、非常に中途半端な連休になってしまったのです。

 しかも、この時期は、全国の子供たちが夏休みになっているので、これはこれで非常にモチベーションが下がる飛び石連休になります。そうなると、カレンダーをにらめっこしていた人は、こう思うわけです。

「いっそのこと、8月12日の金曜日に有給休暇とっちまうか」

 ということで、一気に6連休を取ってしまう人は、来年の夏は多いと思うんです。しかも、会社側も8月は猛暑で売上が伸びないから、いつもよりも長めの6連休でお盆休みを取るところは多いと思います。

2010-07-30 17.38.48

 

 

 

 

 そうなると、例年の8月に比べて、営業日数が経るわけですから、当然、売上が落ちることが予想されます。しかも、お盆休みを分散してとっていた企業も「8月11日が祝日になるんだったら、いっそのことお盆休みまとめてとっちゃおうぜ」ということになり兼ねないので、本格的に8月がゴールデンウィークみたいになる可能性が十分にあると思います。

 さらに追い討ちをかけるように、来年は4年に1度のオリンピックイヤーです。8月5日から21日までリオデジャネイロでオリンピックが開催されるので、ドンピシャでこの6連休のお盆休みとぶつかってしまいます。そうなると、テレビを観て家で過ごす人が増えるわけですから、外食産業なんかは、大打撃になることは間違いありません。ただでさえ暑くて食が細くなる時期なのに、会社は休みだわ、テレビを観て過ごすわ、暑くて表に出ないわで、この期間は一気に消費が鈍る可能性は大きいと思います。しかも、最近の円安で、海外旅行に行く人は減っていますし、国内もホテルがインバウンド客でいっぱいなので、「オリンピックもやっていることだし、家でテレビでも観ながら、のんびり過ごそうぜ」という家族は例年よりも多いのではないでしょうか。

 と、こんな感じで、ちょっと2016年の8月は、ヤバい雰囲気が漂う月になりそうです。

 しかし、そんな中でも、恩恵を受けそうな業種はあるわけであって、考えるだけでも、次のような業種は、特需が起きるんじゃないかなぁと思っています。

・宅配ピザ
→暑いから出前を頼む人が増える

・コンビニ
→近くに買いに行く人が増える

・夏バテ対応商品
→1日中エアコンの中で過ごすから体調を崩す人が出てくる
→放送時間が早朝と夜中なので、体調を崩す人が出てくる

・ネットショップ
→表に買いに行くのがイヤだ。ネットの広告に反応する人が増える。

 スーパーマーケット関連は、お総菜を充実させたほうがいいと思います。暑くて台所に立つのが嫌な主婦は多いですから、この手の商品は夏場によく売れる傾向にあります。また、メーカーや店舗は、子連れの体験イベントなんかも開催するといいと思います。連休とはいえ、こういう降って沸いたような大型連休の場合は、あまり遠出はしたくない人が多いので、地域密着型のイベントはウケがいい傾向にあります。特に夏休みの自由研究を親と一緒に体験するようなイベントなんかはお勧めです。

 一方、リフォームや外壁塗装、工務店、自動車などの高額品は、大型連休が入る前に、一通り営業を仕掛けて、パンフレットやカタログは配布しておいたほうがいいと思います。連休になると、親族が集まりやすくなるので、こういう「みんなが集まらないと決められない」という商材は、大きく話が発展する可能性があります。せっかくの連休ですが、非常に大きな販促チャンスに繋がるかもしれませんので、営業や展示会イベント、連休中の検索連動型の広告は、しっかり行っていたほうがいいかもしれません。

  このように、2016年の8月は、例年の8月と比較して、かなり変則になることは、頭の隅っこに入れておいた方がいいと思います。大型連休の後は、だいたい個人も企業も財布の紐が堅くなりますので、営業や販売に力を入れられるのは8月の前半ぐらいだと思った方がいいでしょう。そして、8月下旬から9月上旬にかけては、例年、残暑で営業が苦戦します。だから、来年は、無理をしてでも9月の第三月曜日に控える「敬老の日」のイベントを絡ませて、うまく消費の波を盛り上げていく戦略組むことが、2016年の後半戦の戦い方の肝になっていくのではないでしょうか。
 こんな感じで、「2016年のおいしい話」と「2016年のヤバい話」を盛りだくさんでお届けしている「予測カレンダー」。「知っときゃよかった」売上アップネタを100ページのレジュメと70分の音声CDにまとめていますので、ぜひ、ご一読の程を!

IMG_1242 (1)12246617_943360312400558_945874921781133546_n

 

 

 

 

予測カレンダー 詳しくはコチラ https://e-iroha.com/calendar2016/index.html

 

著者/竹内謙礼

記事をご覧になって下さりありがとうございます、
よかったら気軽にコメントを書き込んでくださいね!

このエントリーをはてなブックマークに追加
rss
上矢印
ページTOPへ