• 竹内謙礼のボカンと売れる講座
  • セミナー
  • 著書
  • ボカンと売れる講座(メルマガ)
経営コンサルタント 竹内謙礼 > 動画/DVD > キャッチコピーカレンダー > 3月3日が『日曜日』であることの重要性
  • 3月3日が『日曜日』であることの重要性

こんにちは!
いろはの竹内です。

さて、先週から先行予約開始となりました、
竹内謙礼の『2013年の販促企画&キャッチコピーカレンダー』。

12月1日から「17,800」で販売されるカレンダーですが、
このメルマガを読んでいる読者に限り、
毎年、先行予約販売で「8,800円」にて販売させて頂きます!

■限定400本。11月30日まで(なくなり次第終了)
https://e-iroha.com/calendar2013/index.html

ということで、
今週は、カレンダーの『先行予約販売期間』ということもありまして、
3回に分けて、2013年度の予測について、
いろいろお仕事の現場でお役に立てるお話をさせて頂きます。

まずは、ちょっと面白い
『2013年の販促企画の傾向』からお話をひとつ・・・。

2013年は、細かい販促をコツコツ拾え!!

さて、これは2013年のカレンダーを、
じっくり考察した人でなくては気付かないことなんですが、

来年は、“細かい販促企画”の日程が、
ほとんど『週末』に集中しているんですよね。
ざっと並べてみたんですが……。

・イチゴの日 (1月5日 土曜日)

・ニクの日 (2月9日 土曜日)

・ひな祭り (3月3日 日曜日)

・七夕 (7月7日 日曜日)

・防災の日 (9月1日 日曜日)

・いい夫婦の日 (11月22日 金曜日)

・いいニクの日 (11月29日 金曜日)

と、こんな感じで、今まであんまり本格的に取り組んでこなかった、
小さな販促企画が、金曜日、土曜日、日曜日に絡んできているんです。

「こんな小さな企画、やってもしょうがないでしょ」

そう思うかもしれませんが、
週末が絡むとなれば、事情は違います。

例えば1月5日の「イチゴの日」などは、
食品関連のネットショップでイチゴのスイーツの新商品を提供するだけではなく、
食品以外の実店舗でも、『イチゴの苗を先着で30名に差し上げます』というキャッチコピーで、
大義名分の整った集客企画を展開することが可能になります。

思いのほか、イチゴの苗は高いものではなく、
そのくせ女性客や主婦客には評判のいい商品なので、

何か商品を割り引いて安売り企画をするよりも、
ずっと効果的に良質なお客さんをかき集めることができるんですね。

特に購買意欲の弱まった年明け早々の企画としては、
非常にありがたい販促企画のひとつと言ってもいいでしょう。

あと、3月3日の「ひな祭り」が日曜日というのも、
非常に大きなビジネスチャンスと言えます。

雛あられを始めとした和菓子関連だけではなく、
お食事会の予約やギフト商品がいつもよりも動くと思いますので、
事前に「3月3日は日曜日ですよ!」ということは、
大々的にピーアールしておく必要があります。

特にシニア層を狙った販促は、“孫需要”で大きなビジネスチャンスと言えるでしょう。

7月7日の「七夕」が日曜日というのも、大変珍しいですよ。
おそらく、日曜日が七夕と、
七夕に絡んだ販促イベントが全国いたるところで開催されますので、

地域密着型のビジネスを展開している人は、
思い切ってカップル系の大きなイベントを開催するのもいいと思います。

店頭に笹を立てかけて、短冊に願いことを書かせるだけでも、
お客さんとの距離はぐっと縮まりますので、
こういうイベントでの集客は確実に拾っていきたいとところです。

また、9月1日の「防災の日」が日曜日だということは、
全国で防災イベントが活発に行われる可能性が高いと思われます。

そうなると、防災グッズが例年に増して注目を集めると思いますので、
この手の商品は、集中的に取り扱っておいたほうがいいと思います。

特に防災グッズの新商品や話題の商品に関しては、
日曜日の情報番組等で、ランキング形式で紹介される可能性が高いので、
そのような番組はちゃんとチェックして、

マスコミ経由で爆発的に売れる商品の情報は、
しっかりと掴んでおいた方がいいと思います。

と、このように、

ひとつひとつは小さい販促企画ですが、
開催日が事前に「週末」だということが分かれば、
イベントの取り組み方や仕掛け作りが、大きく変わってくるのです。

いいですか?

今の消費の厳しい時代、
「買う理由」を探すよりも「買わない理由」を探す人の方が、
圧倒的に多いんです。

しかも、SNSやスマホの登場で、
人は、「お金を使わずに楽しむ方法」というのを一生懸命見つけ出して、
できるだけ「お金を使わない」という生活を送ろうとしています。

だから、売り手側は、是が非でもお金を使ってもらうために、
さまざまな「仕掛け」を、買い手側に提案していかなくてはいけないのです。

「イチゴの日」だろうが「防災の日」だろうが、
買ってもらえるチャンスが1%でもあるような販促企画であれば、
売り手側はコツコツと当てにいって、

お客さんに「買う理由」を見出してもらう努力をしなければ、
いつまで経っても商品が売れることはありません。

そういう意味では、
来年の2013年は、ワールドカップもなければ、オリンピックもなく、
さらには、大型商業施設のオープンもない、
いわゆる販促コンサルタントの間では“谷間の年”と言われている年でもあります。

ゴールデンウィークの大型連休は真っ二つに割れているし、
稼がなくてはいけない9月には、
3連休が2週連続して続くという、非常に厳しいスケジュールの中で、
1年間の売上を作り出していかなくてはいけません。

そうなると、やはり細かい2013年の販促企画や
消費のトレンドの流れはちゃんと掴んで、
販促企画ひとつひとつに対して、
しっかりと取り組んでいかなくてはいけないと思います。

例えば「11月22日」の『いい夫婦の日』だって、
過去のデータをよくよく調べてみると、
この日に入籍やプロポーズをする人が多く、

さらには、「11月11日」は、ゾロ目で“記念日を忘れない”ということで、
実は同じようにプロポーズと入籍が多い日でもあるんですね。

ということは、この11月中旬から下旬にかけては、
指輪や小物、記念品やプレゼントなどが動きやすい上、

レストランや結婚式会場の予約が入りやすいので、
それにあわせて、数ヶ月前からキャッチコピーや販促をしっかり行っていれば、
例年以上の売上実績を作ることができます。

このように、「来年の予測」というのは、
バカにすると結果は『ゼロ』にしかなりませんが、
しっかりと予測を立てて、実行することができれば、

100万円にも1000万円にも1億円にもなる、
とても重要な販促ツールなんだと思います。

■他にも2013年の予測大公開!
https://e-iroha.com/calendar2013/index.html

編集後記

かれこれ、もう5年もこの予測カレンダーを作ってきているので、
その年の暦とイベントの状況を眺めるだけで、
「あー、ここがポイントになるなぁ」というところが、
ちょこちょこ見えてきたりします。

例えば、2013年の4月は「ディズニー30周年」なんですが、
前回の「25周年」の周期イベントの際は、
テレビCMを1年間ガンガン打ち込むおかげで、
10月のハロウィンのイベントの浸透度があがって、
その年のハロウィンの仮装グッズはめちゃくちゃ売れたりするんですね。

で、最近の仮装グッズの売れ筋を調査してみると、

1位 魔女
2位 かぼちゃ
3位 ドラキュラ

というランキングなので、
これにあわせて、商品を仕入れれば実店舗だけではなく、
ネットショップやアフィリエイター、

ドロップシッピング利用者にとっても、
大きなビジネスチャンスになるんだと思います。

このような「未来の予測」を語るだけではなく、
その予測の“使い方”までしっかりと語ったカレンダーを、
今年も頑張って作りましたので、

販促やキャッチコピーを仕事で使って、
さらにそれを「お金」にガツンと変えたい人は、
ぜひぜひ、ご覧になってくださいね!

定価17,800円のカレンダーが「8,800円」

50ページ以上のレジュメと、70分間のセミナーCD付

⇒限定400本。(なくなり次第終了)
https://e-iroha.com/calendar2013/index.html

著者/竹内謙礼

記事をご覧になって下さりありがとうございます、
よかったら気軽にコメントを書き込んでくださいね!

このエントリーをはてなブックマークに追加
rss
上矢印
ページTOPへ