• 竹内謙礼のボカンと売れる講座
  • セミナー
  • 著書
  • ボカンと売れる講座(メルマガ)
経営コンサルタント 竹内謙礼 > 動画/DVD > キャッチコピーカレンダー > なぜ、消費税の駆け込み需要は『10月』から起きるのか?
  • なぜ、消費税の駆け込み需要は『10月』から起きるのか?

こんにちは!
いろはの竹内です。

さて、お待たせしました!
ようやく、ようやく、よーやく!

竹内謙礼の『2013年度のキャッチ&販促予測カレンダー』が完成しました!

うー、1年がかりで、今年もやっと完成しました!

来年、ヒットすると予測「売れる促企画」のポイントや、
すぐに実践できる「キャッチコピーの攻略法」などを、
50ページ以上のレジュメと、スタジオで収録した70分間のセミナーCDにまとめて、
みなさんに今年もお届けしたいと思います!

今年も、一般定価販売の「17,800」で販売する前に、
このメルマガの読者限定で、
先行予約の早期割引で「8,800円」にて販売させて頂きます!

限定400本。11月30日まで(なくなり次第終了)

https://e-iroha.com/calendar2013/index.html

高くても買ってもらえるキャッチコピー作りや、
売れるヒット商品、売れる販促企画作りに頭を抱えている
小売業や、ネットビジネス、士業や大企業の商品開発担当者のみなさんは、
ぜひぜひ、仕事の現場でバリバリと活用してもらえればと思います!

ということで、今回のメルマガは、
やはり恒例の「2013年の予測」について、語らせていただきます!

2013年の「消費税対策」で、向こう3年間の売上は全て決まる!!

さて、みなさん、ご存知の通り、
2014年の4月から消費税が『5%』から『8%』になります。

消費税が上がるとなると、必ず起きるのが「駆け込み需要」。
一気に消費熱が上がるチャンスなので、
商売人は気合を入れて、この商戦に望まなくてはいけません!

「2014年だから、まだ来年は動かなくても大丈夫でしょ?」

そう思っている人もいるかもしれませんが、
実は前回の消費税アップがあった1997年のデータを見ると、

夏ごろから、駆け込み需要が起きはじめているんですね。

つまり、消費税アップに向けての販促に関しては、
“2014年”から対策を立てるのではなく、

前年の“2013年”から対策を立てなくては間に合わないんです。

ただし、私は、例年のお客さんの消費の動きを見ると、
今回の消費税アップの駆け込み需要は、
「夏」ではなく、「秋」から動くと予測しています。

過去5年間の販促企画への顧客の動きをみてみると、
いわゆる一般的な販促イベントの駆け込み需要は、
年々、直前までズレ込んでいる傾向が強くなってきています。
(私はこれを“ギリギリ消費”と名付けていますが)

特に東日本大震災以降は、「母の日」や「父の日」などのギフト商品を、
前日まで買わないという人が、非常に増えているので、

その流れからも、今回の消費税アップの駆け込みは、
夏から少しズレ込んだ、消費税まで半年を切った『10月』から、
消費税5%の“最後のボーナス商戦”の『11月~12月』と踏んでいます。

特に、高額商品は消費税アップ前に必ず動き出します。

そういう商品は、徹底的にネットで検索して、慎重に調べてから買いますので、
ホームページやカタログの改善は、
そこから逆算しても、やはり夏ぐらいからは、完璧にしておきたいところです。

そうなると、準備期間もひっくるめて、
やはり、年明け早々から消費税アップに向けて、
売り手側は、アクションを取っていかなくてはいけません。

いいですか?

ビジネスで一番大切なのは、「予測力」です。
先を読む精度が高い人間が、先駆者利益を確保することができるし、
先を読むことに一生懸命になっている人間には、

必ず“いい情報”が流れる仕組みになっています。

例えば、消費税がアップする2014年の3月31日に、銀行で「金」を買って、
2014年の4月1日にもう一度銀行に行って、
「金」を売りさばけばどうなりますか?

グラム4000円と仮定した場合、1kg400万円で消費税5%で購入。
そして、売りさばく時に、消費税は8%になっていますから、

その利ざやで、3%は稼ぐことができます。
1日の金利で12万円ほどつけば、それなりにいいお小遣いになるとは思いますよ。

あと、2015年の10月1日に、さらに消費税が2%上乗せされますが、
その前の月である2015年の9月は、
実は2009年以来の久しぶりの大型5連休の『シルバーウィーク』が待ち受けているんですよね。

消費税が上がる直前の大型連休となれば、
ここは観光業、レジャー産業、ホテル業が
一気に稼げる大チャンスの5日間になることは確実です。

と、こんな感じで、
先を読むことができれば、ビジネスチャンスなんて、
いくらでも生まれてくるんです。

このように『知らないと確実に損をする』というネタから、
『知っていれば、すぐにお金に代えられる』というネタまで、
2013年を大予測した、販促カレンダーで公開させていただきます!!

コンサルタントのコネクションをフルに活用して、
新聞記者、投資家、会計士、ネットコンサルタント等、
さまざまな人の話と、来年度を予測する雑誌や本などから情報をかき集め、

「このカレンダーがあればお金儲けは大丈夫!」
という商品に仕上げていますので、ぜひ、ご覧頂ければと思います!

ご予約頂ければ、12月中旬までにはお届けさせていただきますので、
ぜひ一度、ご覧になっていただければと思います!

■カレンダーの「動画」もありますよ!
https://e-iroha.com/calendar2013/index.html

編集後記

このメルマガを読んで、
「あー、うちの会社、消費税アップの駆け込みと関係ないのよ」
と思った人もいると思いますが、
実は、関係ない業種なんてないんですね。

例えば、低価格の日用品や食料品でも、セット売りにして
「消費税アップ前にまとめ買い」をアピールすれば、、
購買意欲を煽ることができます。

特にセットでまとめ買いにして、「重くなる商品」は、
ネットショップでの販売が非常に優位になります。

事実、この間、2012年の楽天ヒット商品ランキングが発表されましたが、
持ち運びが重いドリンクのまとめ買いが、
30商品中9商品を占めているんですよね。
http://ranking.rakuten.co.jp/yearly/top30/

それだけ、お客さんは「重くなる商品」を、
ネットで「まとめ買い」したくなるものなのです。

飲食店だって、消費税アップ前に、食事券を作って、まとめ買いさせたり、
ボトルキープのキャンペーンを展開したりすれば、
お客さんの囲い込みのチャンスにも繋がります。

そもそも、大型商品、高額商品が市場で動くと、
それなりに給与や賞与にも反映されますから、
市場のお金の動きは、若干はよくなると思います。

そんな事情からも、
やっぱり、どんな職業でも「消費税アップ」の販促ネタは、
しっかりと抑えておいた方がいいんです。

消費税アップに向けて、
2013年の1年間、どのような対策を練ればいいのか、
みっちりと、このカレンダーのレジュメに記しておきましたので、
ぜひ、この情報を元に、対策を練ってもらえればと思います!、

■定価17,800円のカレンダーが「8,800円」
50ページ以上のレジュメと、70分間のセミナーCD付

⇒限定400本。(なくなり次第終了)
https://e-iroha.com/calendar2013/index.html

著者/竹内謙礼

記事をご覧になって下さりありがとうございます、
よかったら気軽にコメントを書き込んでくださいね!

このエントリーをはてなブックマークに追加
rss
上矢印
ページTOPへ