• 竹内謙礼のボカンと売れる講座
  • セミナー
  • 著書
  • ボカンと売れる講座(メルマガ)
経営コンサルタント 竹内謙礼 > 竹内謙礼の公式メルマガ > ビジネスマンの仕事力 > 仕事のできない人は、仕事のできない人を引き寄せる
  • 仕事のできない人は、仕事のできない人を引き寄せる

こんにちは。いろはの竹内です。

 

さて、先日、長女(大学2年) が留学先のカナダから帰国しました。

 

で、「私がいない間に、何か変わったことあった?」と聞くので、

「お父さん、尿管結石になったんだよ」と伝えたところ、

 

 

「そっか。ご苦労さん♪」

 

 

と、3週間ぶりの会話は、それで終わってしまいました。

 

ええ、予想はしていましたが、ほぼノーリアクションでしたね。

親の尿管に詰まった石のことなど

20歳の女の子には興味がない出来事のようです(当たり前)。

 

ということで。

 

本日のメルマガのテーマは、

 

「なぜ、仕事ができない人は、仕事ができない人に囲まれるのか」

 

というお話をひとつ。

 

■10月21日 高松 14:30~16:30
「折込チラシから始める販促改革」
http://www.nikkei4946.com/seminar/seminar.aspx?ID=2097

■10月22日 高知 12:00~14:00
「折込チラシから始める販促改革」
http://www.nikkei4946.com/seminar/seminar.aspx?ID=2098

 

類は友を呼んでしまうんです。

 

私の経験上だけの話かもしれませんが、

 

仕事ができない人が「ぜひ会って欲しい」と連れてくる人は、

だいたい、仕事ができない人のケースが多いです。

 

仕事ができない人が、優秀な人を連れてくるケースは、

ほとんどなく、レアケースと言ってもいいぐらいです。

 

特にネット関連の仕事の場合は、

ほぼ100%、間違いなく、仕事の出来ない人は、

なぜか仕事の出来ない人ばかり連れてきます。

 

よくわからないシステム屋さんや、

ポンコツな広告代理店。

さらには、同業のコンサルタントや

意味不明なネットビジネスの経営者など、

 

高いお金を払ってしまっているのか、

それとも意気投合しているのか分かりませんが、

 

「あんた騙されているよ」

 

っていうダメ人間を、

仕事ができない人は、得意げにビジネスパートナーとして、

平気で紹介してくるんです。

 

で、そうなると、ただでさえ仕事ができない人が、

仕事ができない人とタッグを組むわけですから、

当然、良い結果が出るわけがありません。

 

しかし、幸いなことに、仕事の出来ない人は、

自分が失敗したのか、成功したのか判断すらつかないので、

ズルズルとその関係性を続けていってしまいます。

 

そして、かなり時間が経ってから、

ようやく「騙された」ということに気づいたころには、

すでに周囲は100歩も1000歩も先を走っていて、

さらに商売で遅れを取ってしまい、

取り返しのつかない状況に追い込まれて行ってしまうわけです。

 

 

いいですか?

 

 

まず、ビジネスパートナー選びにおいて、

スキルのない人は、自分の判断だけで相手を選ばないことです。

 

例えるのなら、キノコの種類も分からないのに、

自分の判断だけでキノコ狩りに行って、

「おいしそうだな」と言って食べてしまって、

実はそれが毒キノコだった・・・という話と同じことです。

 

知識と経験のない人は、 間違った選択をする可能性のほうが高いので、

自分の能力を過信せず、

まずは、身近なスキルの高い人に相談することをお勧めします。

 

そして、もうひとつの注意点は、

「自分だけ凄い人、すごい情報と出会えた」 と勘違いしないことです。

 

「誰も知らないとっておきのノウハウを手に入れた!」

「誰も知らないとっておきの広告枠を紹介された!」

「すごいスキルのある人が、自分のことを面倒見てくれる!」

 

そんな都合のいいことは、スキルの高い人たちのところで、

スキルの高い人が集まって起きる化学反応であって、

 

仕事の出来ない人のところに、

いきなり仕事で成功するようなビッグビジネスの話が持ち込まれる ことは、

まず、ありえないと思ったほうがいいと思います。

 

分かりやすく言えば、

オリンピックの候補選手に優秀なコーチが付く可能性はありますが 、

学校の運動会のリレーの選手には、やっぱり学校の先生で、

しかもスポーツにも興味ないような先生しか、 面倒は見てくれないんです。

 

だから、仕事ができない人は、

できるだけ多くの人が「この人は仕事ができる」 と認めている人のところに出向いて、

金を出してでもいいから、 死にもの狂いでくらいついていくほうが、

スキルアップしていく可能性は高いと言えます。

 

そうしないと、仕事のスキルの低い人は、

永遠に仕事の出来ない人の階層から脱出することができず、

お金だけがむしりとられていく人生になってしまいます。

 

最終的には、お金儲けというのは、

金儲けのセンスがある人と、いかに巡り合って、

いかに利用していくかで、勝負が決まりますからね。

 

そう考えると、仕事のスキルを身に着けたければ、

まずは、人を見極める能力を高めていくことのほうが

大切なんだと思いますよ。

 

【石川県羽咋市】9月28日
 販促費0円!誰でも明日から実行できる
キャッチコピーによる売上アップの販促戦略
http://hakui.shoko.or.jp/info/sci/519

 

編集後記

 

「仕事ができない」「金儲けができない」という人は、

自分と価値観が真逆なところに飛び込むべきだと思います。

 

自分の考えと共感する相手だったり、

自分の居心地の良い意見を言ってくれたりする人は、

 

仕事ができない自分と、似たような考え方を持っている人だから、

そもそも参考にしてはいけない意見だったりします。

 

それだったら、

 

  • 真逆の意見を言ってくれる人。
  • 腹の立つ意見を言ってくれる人。
  • 辛い道のりの指示を出してくれる人。

 

このような意見を言ってくれる人のほうが、

仕事ができない自分とは、対極にいる可能性が高いわけですから、

仕事ができる世界に引き上げてくれるはずです。

 

残念ながら、ストレスのかかる環境でしか人は成長しないので、

その厳しい環境に、いかに自分を追い込むかが、

仕事ができる人と、できない人の境界線なんだと思いますよ。

 

■違う価値観でお話させてください。
月々5000円~ タケウチ商売繁盛研究会
https://e-iroha.com/kenkyukai/index.html

 

※「あれ? メルマガが届かなくなったぞ」と思ったら?
もう一度、メールアドレスを登録してみましょう!
http://www.e-iroha.com/melmaga/mailmagazine2.htm

著者/竹内謙礼

記事をご覧になって下さりありがとうございます、
よかったら気軽にコメントを書き込んでくださいね!

このエントリーをはてなブックマークに追加
rss
上矢印
ページTOPへ