• 竹内謙礼のボカンと売れる講座
  • セミナー
  • 著書
  • ボカンと売れる講座(メルマガ)
経営コンサルタント 竹内謙礼 > 竹内謙礼の公式メルマガ > ビジネスマンの仕事力 > 本日、予測カレンダーの先行予約販売が終了です。
  • 本日、予測カレンダーの先行予約販売が終了です。

こんにちは!
いろはの竹内です!

さて、2017年の予測カレンダーの販売も、
本日、12月2日で先行予約販売が

『最終日』となりました!

■2017年『売れる販促企画とキャッチコピー予測カレンダー』
https://e-iroha.com/calendar2017/

本日2日(金)の深夜0:00時を持ちまして、
8,800円での販売を終了させて頂き、1万7800円の定価販売とさせて頂きます!

ということで。

本日、予測カレンダー販売の【最後】のメルマガとなります。

ビジネスに役立つ話を最後の最後までさせて頂きますので、
どうかご一読のほど、よろしくお願いします!

≪本日で終了≫

■2017年『売れる販促企画とキャッチコピー予測カレンダー』
https://e-iroha.com/calendar2017/

 

「未来予想」は、直接役立つものじゃない。

さて、誤解している人も多いと思いますが、
「予測」というのは“当てる”ことが大切なのではなく、

“知っている”ことのほうが大切なんです。

例えば、2017年はデフレ気味に消費が流れていきますので、
夏に節電グッズが売れることが予想されます。

  • 扇風機
  • 冷却マット
  • すだれ

などなど、ここらへんのモノが売れ筋商品として上がってくると思います。

しかし、この情報を得たとしても、
世の中で、扇風機や冷却マットを販売している人は、
ごくごく限られた人だけだと思います。

ほとんどの人が「夏に節電グッズが売れる」と事前に予測できたとしても、
すぐに売上に繋げられる人は、ごくごくわずかしかいないのが現状だと思います。

でも、直接、夏の節電グッズの販売に関わらなくても、
「夏に節電グッズが売れるかもしれない」という予測情報をキャッチしていれば、
夏の販促に対する意識が、大きく変わってくるんですね。

例えば、

「みんな電気代を使いたくないから、夏は薄手の服が売れるのかな」
「家を出たくないから、宅配ビジネスがウケるんじゃないかな」

「すだれが売れるんだったら、緑のカーテンも売れるんじゃないかな」
「暑くて予約をキャンセルする人が続出するから、対策を練らなくては」

といった感じで、

「夏に節電グッズが売れる」という情報がインプットされているだけで、
発想力や企画や広告のイメージの膨らみ方が、
売上に貢献する発想に変わっていくんです。

いいですか?

「予測」というのはピンポイントでお金儲けをするものではなく
「心構え」を持つことで、お金儲けに結びつけるものなのです。

天気予報で「雨が降る」という予想を知っている人は、
折り畳み傘を持っていくし、雨宿りをしながら時間を潰すことができます。

しかし、「雨が降る」という予想を知らなかった人は、
ずぶぬれになるし、いつ雨がやむか分からないので、
軒下で震えながら無駄な時間を潰すことになります。

要は「雨が降る」という“未来”が大切なのではなく、
「雨が降るから、こうしよう」
と、心の準備をすることのほうが大切なのです。

おそらく、みなさんの回りにも、
未来に対しての「心構え」ができていない人が、
たくさんいるのではないでしょうか?

毎年、2月末になると「売れない!」と嘆く経営者。

企画会議直前で「もっと売れる企画はないか!」と騒ぐ上司。

毎年、繁忙期に殺人的な残業しながらもがき苦しむ部下。

給料が上がらないのも、休暇が少ないのも、対人関係がギクシャクするのも、
全ては、事前の「心構え」ができていないからなのです。

2017年は、かなり厳しいマーケットになることが予想されます。

事前の「心構え」ができていないと、命取りになるかもしれませんので、
せめて、今回の予測カレンダーの販売ページで読める
「無料」の予測情報だけでも、ご一読していただければと思います。

【無料で一部の情報を公開しました】
■予測カレンダーのレジュメの一部を購読することができます。
https://e-iroha.com/calendar2017/

編集後記

以前、私の知人の経営者さんで、
いつも仕事が後手後手に回っている人がいました。

企画はいつも直前だからグズグズ。
時間がないから新商品も開発できず、いつも商品と売り方がワンパターン。

しかも、情報のキャッチが遅いから、ガセネタの販促ばかりを掴まされるし、
余計なことに手を付けて、本業で得た利益をいつも無駄に投資して損をする。

その知人の経営者さんを見ながら、私はいつもいつも、
「予測カレンダーを見れば、すぐに解決するのに」
と思いながらも、

毎年、カレンダーの販売が終了して、受注管理をしながら名簿をみると、
その経営者さんの名前は、やっぱりなかったりするわけです。

しかも、最近気が付いたんですが、
その経営者さんは、セミナーとか名刺交換の時に顔を合わすたびに、
毎年、同じ質問をして、同じことに悩んでいることが分かったんです。

たぶん、未来を見ようとしないから、成長できずに苦しんでいるんだと思います。

ビジネスで「成長する」のはとても大変です。
なぜならば、失敗をしなければ、

なぜダメだったのか検証することができませんから、
スキルとノウハウは身につかないからです。

失敗するためには、チャレンジしなくてはいけませんから、
予測する力を身に付けなくては、そもそもチャレンジすることができません。

未来をみないから、チャレンジすることができないその経営者さんには、
いつの日か、この事実に気づいてもらって、予測カレンダーを使いながら、
出口の見えない経営から脱してもらいたいと思っています。

そんな予測カレンダーの先行予約販売も、
本日12月2日の0:00時を持って終了!

自分たちの明るい未来を、ぜひ手に入れてください!

■【本日終了】

2017年『売れる販促企画とキャッチコピー予測カレンダー』
https://e-iroha.com/calendar2017/

※「あれ? メルマガが届かなくなったぞ」と思ったら?
もう一度、メールアドレスを登録してみましょう!
http://www.e-iroha.com/melmaga/mailmagazine2.htm

著者/竹内謙礼

記事をご覧になって下さりありがとうございます、
よかったら気軽にコメントを書き込んでくださいね!

このエントリーをはてなブックマークに追加
rss
上矢印
ページTOPへ