• 竹内謙礼のボカンと売れる講座
  • セミナー
  • 著書
  • ボカンと売れる講座(メルマガ)
経営コンサルタント 竹内謙礼 > 竹内謙礼の公式メルマガ > ビジネスマンの仕事力 > 仕事始めの「やる気がわかない」の解決方法
  • 仕事始めの「やる気がわかない」の解決方法

新年明けましておめでとうございます!
いろはの竹内です。

さて、みなさんは、どんな新年を迎えましたか?

私は、上海の語学学校でお世話になった先生が、
ちょっと美人だったので、
調子に乗ってフェイスブックに写真をアップしたんですね。

「いいねボタン」よろしくお願いします♪
http://www.facebook.com/mikihouse.jp#!/kenrei.takeuchi

そしたら、どうも美人先生よりも、
私の緊張した表情や身なりがおかしいせいか、

「竹内さんが、ちょっと変質者気味」

というのが評判になり、
意図しない方向に情報が拡散して困っている状況が続いています。

ええ、美人の写真をアップすれば、
フェイスブックで情報が拡散すると思ったんですが、
一緒に写っている男がヘンテコリンだと、
こんな結果になってしまうという、いい勉強になりました。

と、そんなヨコシマなお話はさておき。

今回は、新年1発目のメルマガということもありますので、
新年らしいお話をひとつ。

みなさんの考え方は、
本当に「客観性」がありますか?

「願望」が行動の目標を狂わせる

さて、地元の話になって恐縮なんですが、
私の事務所は、参拝客が日本で2番目に多いと言われる、

「成田山新勝寺」の参道沿いにあるんですね。

だから、事務所の窓を開けて外を見れば、
そりゃーもう、ものすごい初詣の人手なわけです。
http://twitgoo.com/5a1a52

で、だいたいどのくらいの参拝客が来るかというと、
初詣だけで300万人ぐらいの人が、
成田山新勝寺を目指してやってくるんですね。

そうなると、この成田山の参道にあるお土産屋や飲食店は、
年間の売上の3~4割ぐらいを、
この初詣を含めた1月だけで稼ぎに行きます。

だから、成田山の参道のお店にとっては、
まさに1月の初詣期間は“命がけ月間”です。

極端な話、会社の売上の3~4割を占める販促期間ですから、
そりゃあもう、血眼になって参道の人達は参拝客を呼び込むわけです。

しかし、私、個人的な意見としては、
この参拝客目当てのビジネスモデルというのは、
成田山に限らず、年々衰退していくものと考えています。

「初詣」という習慣は、今後も日本に残るかもしれませんが、
このような古い習慣で、観光客が増えた事例はほとんどなく、
なにより日本は人口減少国なのですから、

高齢者を中心にした「参拝」という企画を主とした観光地は、
よほどのアクロバットな販促の仕掛けがない限り、
参拝客はどんどん減っていくと考える方が、むしろ自然なんだと思います。

少し古いデータですが、ノーリツが調べたアンケート結果によると、
20歳未満だと75%が「初詣には行かない」と回答していますからね。
http://sixcolours.tumblr.com/post/2380396010/2006-12

このように、「初詣」という販促は、
残念ながら、時間の問題で「限界」がやってくるわけです。

でも、「初詣」に売上が依存している企業の人達にとっては、
この「限界」という事実は頭の中で理解していても、
認めたくはないことだったりするんですね。

たとえ例年より初詣のお客さんが少なくて、
三が日の売上が落ちたとしても、

「今年は、寒かったからね」

「天候がちょっとよくなかったよね」

「今年は渋滞が凄かったしね」

そんな感じで、別の理由を探して、
なんとか「限界」という事実を認めないことに、
自分の考え方の帳尻を合わせようとしてしまうものなのです。

いいですか?

人間というのは、「認めたくない」という事実に対して、
辻褄をあわせて、回避していく能力に長けた生き物です。

「自分が要領が悪いのは、親の遺伝のせいだ」

「彼女はたまたま、仕事が忙しくてボクをフッたんだ」

「給料が低いのは、ボクの能力じゃなくて会社のせい」

こんな感じで、
常に「人のせい」「社会のせい」にすることで、
辛いことや苦しいことから、回避することを得意としているのです。

だから、事例のような「初詣の集客が限界」と頭の中で分かりつつも、
この辛い事実を認めてしまうと、
また新しい集客から販売までの
面倒な“売る仕掛け”を考えなくてはいけなくなるので、
そんなゴチャゴチャしたことを考えるぐらいであれば、

「まだ初詣ビジネスは大丈夫♪」

という、安心できる理由を見つけ出して、
例年と同じことを繰り返すことのほうが、
ラクだったりするんです。

さてさて、そろそろ結論ですが。

あなたは、目の前に横たわる
「辛い現実」から目をそむけていませんか?

「楽天は、まだまだきっと売れるよ」

「今年も、あの取引先は契約してくれるよ」

「あせらなくても、またゆっくり考えていこうよ」

自分にとって都合のいいように考えているのは、
実は自分だけだったりします。

どれだけ自分にとって「都合の悪いこと」を、
現実的に考えられるかが、
2012年の成長する人間と企業の「差」となっていくと思いますよ。

自分に厳しい2012年を!

■成長するには必ず「第三者」の目が必要!
「タケウチ商売繁盛研究会」2012年度 新会員募集開始!

おかげさまで170社突破!

冷静かつ客観的に、あなたの会社の2012年を考察します。
https://e-iroha.com/kenkyukai/index.html

編集後記

さて、このメルマガを読んでいる、ほとんどの人が、
今日から「仕事始め」という人が多いと思います。

それも踏まえて、ぶっちゃけたことを言わせて頂きますが、

「やる気わかねー」

っていうのが、本音だと思います。
でも、安心してください。

それが、「フツーの人」っていうもんです。

「辛いこと」があるから「楽しいこと」が際立つわけであって、
「辛いこと」がなければ「楽しいこと」が生まれないので、
やっぱり、この仕事始めの「やる気わかねー」というのは、
仕事始めに必要な“低いテンション”なんだと思います。

これを無理やり乗り切ってからこそ、
1月、2月の厳しい商戦を戦えるんですから、

ひとまず、来週ぐらいまでは、「正月ボケ」を修正するぐらいの期間として、
余韻に浸りながら仕事するのが、ちょうどいいと思いますよ。

えっ、私ですか?

私は12月30日からずーーーーーーーっと三が日も仕事ですから、
まったくテンションが変わっていません!

こういう追い込まれる正月の過ごし方も、
経営者としては、どうかと思って毎年反省しているんですけどね~。

著者/竹内謙礼

記事をご覧になって下さりありがとうございます、
よかったら気軽にコメントを書き込んでくださいね!

このエントリーをはてなブックマークに追加
rss
上矢印
ページTOPへ