• 竹内謙礼のボカンと売れる講座
  • セミナー
  • 著書
  • ボカンと売れる講座(メルマガ)
経営コンサルタント 竹内謙礼 > 竹内謙礼の公式メルマガ > ホームページ制作 > 動画をネットビジネスで100%活用する方法
  • 動画をネットビジネスで100%活用する方法

さて、今、巷では「デング熱」で大騒ぎですが、
おそらく、多くの人が、

「テング熱」

って、最初は聞き間違ったり、見間違ったりしていると思うんですね。
何を隠そう、私も「デング熱」ではなく、
「テング熱」だと思った一人です!

テング熱……いったい、どんな熱何でしょうか。

鼻が伸びるんでしょうか?

顔が赤くなるんでしょうか?

下駄を履きたくなるんでしょうか?

もし、感染経路が「天狗」であれば、

高熱になってもいいので、私は「天狗」にあってみたいです!
そう思い始めると、もう「テング熱」で頭がいっぱい!

我慢できなくなり「テング熱」の絵をブログにアップしました♪

竹内画伯「テング熱」
http://kenrei1.blog50.fc2.com/

ええ、Facebookのトップ画もこのイラストです。
どうやら、いろいろな意味で天狗の熱に犯されているみたいです。

これからは、もっともっとたくさん「テング熱」の絵を描いて、
LINEのスタンプにしてひと稼ぎしたいと思います♪
(いらねぇよ、そんなスタンプ)

というこで、本日は「絵」の話をちょっと発展させて、
「動画」についていろいろ考察したいと思います。

「絵」といえば。

コミック会計天国、もう読みましたか?
http://www.amazon.co.jp/dp/4569820182

ネットビジネスが次のステージに入りました。

私、以前より「動画」と「ネットビジネス」は、
相性がよくないものだと思っていました。

理由は2つあります。

ひとつは、動画のコンテンツのクオリティが「低い」ことです。
もちろん、ユーチューブやニコニコ動画等の動画は流行っています。
素人の作った動画でも、非常にクオリティが高いものもあります。

しかし、注目されている動画は「面白い」か「エロい」かの
二極のコンテンツであって、

わざわざネットで商品を買ったり、サービスを利用したりするのに、
動画を見るほどの価値がなかったんですね。

例えば

カニ屋さんが、カニの美味しそうな動画を映し出しても、
美容整形外科が院内を動画で映し出しても、
ジュエリーショップが動画で制作や梱包風景を映し出しても、

結局は、

「写真を見たり、文章を読んだりするので十分」
という結論になってしまうんです。

つまり、動画をわざわざ閲覧する必要性がなかったんですね。
素人が撮影した、ブレブレの流しっぱなしの動画か、
地方テレビ局のテレビCMの延長線上のような、田舎くさい動画か、

どちらにせよ、静止画コンテンツに勝てるほどの、
動画コンテンツに魅力がなかったわけです。

もうひとつの問題が「制作費用」です。

動画の業界は、ご存じの通り、テレビ媒体が主導権を握っているものでした。
だから、本格的な動画を作るためには、
テレビCMを作るぐらいの金額が必要だったんですね。

ぶっちゃけ、CM1本作るのに1000万円ぐらいは発生します。
しかし、こんな金額、おいそれと中小企業が出せる金額ではありません。

だから、必然的に、ネットビジネスの動画は、
安っぽいものを作らざるを得なくなります。

予算がないですから、小さな素人レベルの動画コンテンツ制作会社に、
ネット動画の制作依頼をかけるしかなくなってしまうんです。

そうなると、結局、テレビ撮影の実績がちょこっとだけあるカメラマンが、
一人で撮影機材を担いで、ちゃちゃっと撮った動画に、
従業員が商品を紹介して、適当な字幕スーパーを入れて、オシマイ・・・。

こんな感じで作った動画で、
人に良いものを伝えようなんて、不可能といってもいいでしょう。

結局、動画はネットビジネスで使えるのかもしれないけれど、
使えるレベルに達するものが作れないというのが、

私の導き出した『ネットビジネス動画不要論』の根底にあるわけです。
しかし。

先日、訪問させて頂いた、動画コンテンツ制作会社に、
私は腰を抜かすほど驚かされました!

こちらの会社です。

Viibar(ビーバー)
http://viibar.com/

2013年から事業スタートした、本当に若い会社ですが、
一目で、「この制作会社の動画はすげぇぇぇぇl!」と唸ってしまいました。

騙されたと思って、『制作実績』の動画をちょっと覗いてみて下さい。
このクオリティだったら、最後まで動画を見ちゃいますよね・・・。

http://viibar.com/works.html

しかも、アニメ動画のクオリティは秀逸ですよ。
試しに、上から7番目の一番右にある

「売れるネット広告社」の動画CMをご覧ください。

絶対に静止画コンテンツよりも興味を引くし、
売り込みサービスのコンテンツなのに、最後まで見ちゃいますよ。

さらに、肝心な制作料金ですが、かなり「低価格」です。

ちょっと金額を公表できるかできないか、先方に許可をもらっていないので、
ここでは明記できないんですが、中小企業でもまったく出せない金額ではありません。

制作する動画のクオリティや手間によって金額は変わるそうなんですが、
基本、一番安いコースであれば、
問題なく小さな会社でも捻出できる制作費といってもいいでしょう。

事実、機会があったら、
うちみたいな個人業レベルの小さい会社でも
今度、制作を依頼しようかなぁと思っているぐらいです。

格安のホームページを1個作ってもらうぐらいの金額で、
楽天市場のちょっと高めのお歳暮広告ぐらいの金額で、
オメガのシーマスターぐらいの金額で、

このクオリティの動画が制作できるのであれば、
僕はネットビジネスの動画のコンテンツは、
大きく変わっていくんじゃないかなぁと思います。

実際、viibarの手がけたクライアントの中には、

YouTubeと連動させて、物販の売上を伸ばしたり、
Facebookでのシェアを一気に伸ばしたり、
動画による販促やブランディング効果の実績が出ているそうです。

いいですか?

ユニクロやGAP、ZARAという
「ファストファッション」と同じように、

ネット上のコンテンツも、
「ファストクリエィティブ」の時代に突入しました。

低価格で、クオリティが高く、魅力的なものを、
効率よく作っていけるのであれば、
動画がネットビジネスで大きな武器になることは間違いありません。

だって考えてみて下さい。

もうPCからスマホに閲覧者が逆転してはじめていて、
長くてダラダラしたページを、
どれだけの人が閲覧すると思いますか?

あんな小さな画面の文字を、どれだけの人が読めると思いますか?
「スマホ対策」と声高らかに叫ぶのであれば、
それはイコールで「動画対策」という時代なのかもしれませんよ。

■9月生募集

ネットビジネスの最新情報、教えます!!
月々5000円~「タケウチ商売繁盛研究会」
https://e-iroha.com/kenkyukai/index.html

編集後記

今回、動画コンテンツの制作会社に訪問させてもらったのは、
娘の高校の文化祭に行ったのがきっかけでした。

今、高校の文化祭の出し物って、
各クラスが1分ぐらいのCM動画を作って、
それを入口の大きなテレビで公開して、客寄せしているんですね。

しかも、この動画コンテンツのクオリティがメチャクチャ高いんです!

掴みがよくて、面白くって、うまい演出されていて。
スマホ世代、YouTube世代というんでしょうか……。

おそらく、私の世代と比べて、
情報の伝え方や伝わり方が、まったく違うんだと思います。
この世代が、次のネットビジネスを背負っていき、

そして、これからの消費の中心になっていくと考えると、
動画コンテンツは、はずすことのできない販促ツールになっていくんだと思います。

そして、今回、viibarの上坂社長とお会いさせて頂いたんですが、
なんと、上坂社長は、まだ30歳!

なんか……キラキラしていましたよね。
ええ、44歳で薄毛とメタボで悩んでいるオジサンから見れば、
まぶしいぐらいの若々しい年齢でした。

いいなぁ……若いって。
しかも、すごい腰が低く、説明が上手で、頭の回転も速く
この若い世代が、ぐいぐいと下から押しあがってくれば、
またネットビジネスも面白くなっていくんでしょうね。

どちらにせよ、最近のちょっと一押しの会社さんなので、
動画コンテンツに興味がある人は、
一度、問合せしてみてくださいね!

著者/竹内謙礼

記事をご覧になって下さりありがとうございます、
よかったら気軽にコメントを書き込んでくださいね!

このエントリーをはてなブックマークに追加
rss
上矢印
ページTOPへ