• 竹内謙礼のボカンと売れる講座
  • セミナー
  • 著書
  • ボカンと売れる講座(メルマガ)
経営コンサルタント 竹内謙礼 > 竹内謙礼の公式メルマガ > ホームページ制作 > ホームページ作りに自分の「センス」を織り込むな!
  • ホームページ作りに自分の「センス」を織り込むな!

こんにちは!
いろはの竹内です。

さて、突然ですが私、洋服センスがメチャクチャです!
ええ、まずフツーの人が着ないような、
デタラメな色合いとデザインの服を買ってきます。

「えー、でもセミナーの時の格好とかフツーだよ」

はい、フツーの格好をしています。

なぜならば、
公の場に出る服はちゃんとコーディネイターさんがいて、
無難な洋服をセレクトしてくれているから、
見るに耐えられる格好になっているわけですね。

だから、いつもセミナーで見ているカッコウは、
ハッキリ言って僕のセンスじゃない。
コーディネイターさんの「センス」なんですね。

ということで。
今日は「センス」にお話をひとつ・・・。

私はこだわりが、ない

私、ハッキリ言って洋服なんて、
なんだっていいと思っています!
こだわりなんてありません!
ジャージでも布切れでも葉っぱでも、ウエルカム体制。
寒くなきゃいい、暑くなきゃいいって感じです。

「なんだよ、そんなセンスの無さで
アパレルや雑貨関係の商売の売上伸ばせんのかよ!」

そういう批判がある覚悟で言わせて頂きますが、

「センス」なんて売上アップに関係ないですよ。

だってもし、コンサルタントがセンスを持ち合わせていたら、
商品に対して「好き」か「嫌い」かの判断が出ちゃいますよね。
そうすると実際に売れている商品なのに、
「これは私のセンスに合わないからきっと売れていないんだ」って、
客観的な判断ができなくなっちゃいますよね。

もちろん「センスがいいから売れている」かもしれませんよ。
だけど正確には「売れているからセンスがいい」って話になるわけであって、
売れていなくて「センスがいい」って言っていたら、

それは自己満足の世界になっちゃいます。
そういう人は趣味で商売でもやっててください。はい。

僕がアパレルや雑貨関連のショップをコンサルティングする場合、
はっきり言ってデータとページしか見ませんね。
それとブランド名や商品のキーワードの需要とキャッチコピーの質。

ウエアにフリフリがついているとか、
キャミソールの色合いは赤がいいか、青がいいか、
ジャケットの袖が長いか短いか、

そんなことは、ハッキリ言ってどーだっていい。
それはクライアントさんの方で決めて下さい。

そんなことよりも、

いかにその商品を欲しいと思わせるか?
いかにその商品を買わせるか?
いかにその商品で満足させるか?
いかにその商品の良さを伝えるか?

その結果を出すためにデータを見ながら、
売上アップの相談にのってあげるんですね。
「センスの良い服」を作ることよりも、
「売れる服」をつくることが、私の仕事なんですから。
それに売上データは絶対にウソをつきませんからね。
どんなに「センスが悪い!」と言い張ったって、
商売の世界、売れていない方が「負け」になっちゃうんですから。

あっ、これはホームページのデザインも同じことですよ。

好きか嫌いか?
生理的に受け付けるか? 受け付けないか?
自分のポリシーに反するか? 反さないか?

そんなことはどーだっていいんです。

残念ながらホームページのデザインは、
芸術作品ではないので、好きか嫌いかは関係ないんです。

「売れるか? 売れないか?」

これを目標にするためには、
自分のセンスやポリシーを殺さなきゃいけないことだって
たくさんあるんですよ。
時には自分の大嫌いなホームページを参考にしながら、
泣きならデザインを変えなきゃいけないことだってあります。

まぁ、僕の場合、そのセンスやポリシーがないから、

純粋に「売上」を追求できるコンサルタントに
なっているんだと思いますけどね。

著者/竹内謙礼

記事をご覧になって下さりありがとうございます、
よかったら気軽にコメントを書き込んでくださいね!

このエントリーをはてなブックマークに追加
rss
上矢印
ページTOPへ