• 竹内謙礼のボカンと売れる講座
  • セミナー
  • 著書
  • ボカンと売れる講座(メルマガ)
経営コンサルタント 竹内謙礼 > 竹内謙礼の公式メルマガ > ホームページ制作 > ところでトップページって何を載せるの?
  • ところでトップページって何を載せるの?

こんにちは!
いろはの竹内です!

さて、前回のメルマガで募集を開始した、
「竹内謙礼のすべらないコンサルタント」
http://www.e-iroha.com/seminar0902/

前代未聞の「質疑応答」だけを受け続けるという
2時間ぶっ続けの修行僧のようなセミナーなんですが、
参加者が集まるというよりかは、

「竹内さん、無茶なセミナーやるよねぇ~」

という、激励とも嘲笑ともいえるようなメールが、
同業者からバンバン届いています!
ええ、告知してから言うのもなんですが、

ちょっぴし不安になってきました……。

でも、なんとかご期待に沿えるような
楽しくてタメになるセミナーにしたいと思いますので、
そんな「竹内びいき」のみなさんの、セミナー参加をお待ちしております!
http://www.e-iroha.com/seminar0902/

新春価格の8000円のセミナーで、
なおかつ珍しい当社主催のセミナー。
DVD等の録画もありませんので、

他では話せないような、
勇気を出したぶっちゃけトークでやらせて頂きます!

ということで、
今回はセミナーにちなんで「質問」の話をさせて頂きますね。

ズッコケるような質問に真実が隠れている

過去のセミナーの質疑応答で、
一番“ズッコケる”ような質問を受けたのは、

「印税でどのくらい儲かっていますか?」

というしょっぱい質問。
ええ、まったくセミナーの内容とは関係のない質問でした。
しかも会場には珍しく200人近いお客さん。

演台にいる私でも、
会場がサーッと引いていくのが分かりましたね。

とりあえず大人の対応をしようと思って、
ごにょごにょとごまかしながら答えたんですが、

「俺はそんな答えを聞きたいんじゃない!」

と、逆ギレして怒り出す始末。
私のセミナー経験の中でも指折り辛い辛い思い出ですね・・・。

他にも、いろいろな質問を受けたことがありますよ。

「俺の悪口を言っているホームページを消してくれ!」
「息子に働く気配がないんですけど」
「チーズを作る機械を買ってくれませんか?」

もう、ここまできたら、
コンサルタントへの質問の領域を超えていますよね。
ほとんど、みのもんたの思いっきり電話状態。

でも、実はこういう「ズッコケるような質問」の中に、
凄い真実が隠れているんですよね。

先日も、

「トップページには何を載せればいいんですかねぇ~」

という、何気ない質問をタケウチ商売繁盛研究会の会員さんから受けたんですが、
これって、実はメチャクチャ奥の深い、鳥肌もんの質問ですよね。

たぶん、普通の人が聞いたら、

「おいおい、何を初歩的なことを質問しているんだ」

と笑ってしまうかもしれませんが、
これはコンサルタントにとったら、
「おっ、鋭い!」って質問の部類に入るんです。

だって、「トップページ」って、結局、誰が見ているんですか?

キーワード広告はお客さんにストレートで買い物させるために、
検索キーワードに合った「商品ページ」に飛ばした方が効率がいいし、
トップページはハッキリ言ってコンバージョンが悪い。

楽天市場のネットショップだって、
広告から直接お客さんを「商品ページ」に飛ばした方が反応いいから、
トップページなんかほとんど見られていない。

SEOだって「1ドメイン 1アイテム 1キーワード」で、
ホームページを作りこんだ方が上位表示もされやすいし、
買い物だってされやすい。
「商品ページ=トップページ」の概念が一番戦いやすいですよね。

つまり

「集客」というラインから考えると、
トップページ経由でお客さんがくることって、
ほとんど考えられないですよね。

そうなるとですよ。

「トップページ」という概念そのものが、
インターネットには、なくなりつつあるんじゃないかというのが、
私の行き着いた結論なんです。

よく「トップページはお店の入り口だから」といって、
丁寧にお金をかけて作りこんでくる人がいますが、
そもそも、「買い物がしたい!」というお客さんが、
トップページに直接乗り込んでくるってことは、
ほとんどないんです。残念ながら。

まぁ、有名一流企業だったり、
マスコミで話題の会社だったりしたら、
トップページには「会社名」という検索キーワードで突入してくるから
とっても大事だとは思いますよ。

でもでも、基本的にはモノを売ったり、サービスを提供したりする会社は、
「トップページ=商品ページ」の概念で、
直接、お客さんを接客できるページをトップに作りこんだ方が、
絶対にお客さんにも親切だし、迷いもなくすぐに買い物させることができる。

だから、せいぜい、トップページの情報として乗っけるのは、

・メイン商品
・セール商品
・売れ筋商品のランキング
・お店のポリシー

と、こんなもん。
更新が楽で分かりやすいページだったら、
多少、平凡で乱雑でもOK。

はっきり言って、トップページのリニューアルを、
いくら気合を入れてやったって、
売上なんか伸びませんよ。ええ。

結局、ネットビジネスの勝負どころは

「集客」するための広告キャッチコピーと、
「販売」するための商品ページですからね。

コンサルタントだって、
トップページのアドバイスは簡単だけど、
商品ページのアドバイスは難しいですよ。
集客ラインから見ていかなきゃいけないし、
客の性格もよんでいかなきゃいけないし。

と、まぁ、こんな感じで、
「トップページには何を載せればいいんですかねぇ~」
っていう、質問に対して、ここまで話が広がるわけです。

しかも、質問者だけではなく、
聞いている人もタメになる話が多い!

経営者が販促で抱えている質問なんて、
ほとんど同じですから。

というわけで、インターネットに限らず、
いろいろな販促テクニックの質問にこの日は答えていきたいと思います。

<まだまだ空席あり!>
■2月6日(金) 18:00~
参加費:新春特別価格 8000円
「竹内謙礼のすべらないコンサルタント」セミナー開催
http://www.e-iroha.com/seminar0902/

「この商品ってネットでどうやって売るの?」
「メルマガって何曜日に出すのが一番いいの?」
「DMを出したいんだけど、一番効率のよいやり方は?」
「新聞に折込チラシを入れたいんだけど」
「スタッフの仕事のやる気を沸きたてる方法は?」
「楽天市場で今、お勧めの広告は?」
「今度の父の日の面白い企画はなに?」

などなど、販促ジャンル問わず、
バンバン答えていきたいと思います!

新年早々、スッキリするセミナーになると思いますよ!

編集後記

と、今回も明るく書き終わったメルマガなんですが、
私自身は、実はそんなに明るい気持ちじゃないんですね。

ええ、毎度のことなんですが、

新年早々、ビジネス書の執筆でホテルに缶詰状態です。

もう何日目だろ……。

今回は情報を整理するのに、物凄い時間がかかっているせいか
もう書くのが辛い辛い!

たぶん、すべてを書き終わるよりも、
担当の編集者を拉致してホテルに監禁したほうが、
早いんじゃないかなぁと思うぐらい、
書くのに時間がかかっています。

私もそろそろ限界がきていて
ホテルの備え付けのポットに話しかけている状態なので、
早く脱出しなくてはいけませんっ!

おおぃ、ポットよ、明日の天気を教えてくれ!(意味不明)

というわけで、今回は(も?)
かなり本が面白く書けた(正確には書いている)と思いますので、
みなさん発売を期待していてくださいね~!

著者/竹内謙礼

記事をご覧になって下さりありがとうございます、
よかったら気軽にコメントを書き込んでくださいね!

このエントリーをはてなブックマークに追加
rss
上矢印
ページTOPへ