• 竹内謙礼のボカンと売れる講座
  • セミナー
  • 著書
  • ボカンと売れる講座(メルマガ)
経営コンサルタント 竹内謙礼 > 竹内謙礼の公式メルマガ > 経営者の自己啓発 > 年収よりも、やりがいよりも、大切なこと
  • 年収よりも、やりがいよりも、大切なこと

こんにちは! いろはの竹内です!

先日、嫁に、

「6月12日、ひま?」

と、突然、尋ねられました。

6月12日は、私の47歳の誕生日。

嫁から、何かサプライズプレゼントがあるのかと思い、
ドキドキしながら「お、おぅ、暇だよ!」と答えたところ、

「通販で買った椅子が午前中に届くから、家で受け取って」

と、想像を超えるサプライズな発言で、
再び「お、おう、任せておけ!」と答えてしまいました。

まぁ、そうはいっても、心のどこかで
「もしかしたら、サプライズなプレゼントが届くかもしれない」と、
ほのかな期待を持ちながら待っていたところ、

お昼ぐらいに嫁からLINEが入って、

「椅子が届くの午後になった。出かけていいよ」

と、ある意味、期待を裏切らないLINEが入って、
そのまま、家でやることがなくなって、

事務所に一人出社してきた次第です(→今ここ)

ということで、47歳一発目で書くメルマガは、

「仕事で幸せを感じる方法」について語らせていただきます。

あなたにとって、仕事で大切にしていることは、何ですか?

≪販促の計画を立てなければ、年末商戦がズタボロになるぞ!≫
 6月26日 【in高知】
「売上が伸びる販促計画の立て方」
http://www.cciweb.or.jp/kochi/seminar-kenshu/20170626_hansoku.html

 

お金ですか? それともやりがいですか?

仕事で大切なことは、
やっぱり「年収」だと思っている人も、多いと思います。

ですが、よくよく考えてみると、年収というのは、
その人が「幸せ」か「不幸」かということに関しては、
あんまり関係のないことだったりするんですね。

例えば、年収300万円ぐらいの人が、
めちゃくちゃ不幸かといえば、そこまで不幸なことではないと思います。

だって、その人は、年収1000万円の生活をしたことがないから、
自分の今の生活が、どれだけ不幸なのか、よくわからなかったりするわけです。

もちろん、年収が低いと、
日々、「お金がねぇなぁ」と不満に思うかもしれません。

しかし、その少ない収入の範囲内で、なんとか生活をやりくりしているわけですし、
周囲に幸せな家族がいたり、趣味に熱中していたり、楽しい友達がいたりすると、
「年収が低い」ことは、あまり気にならないことだったりするわけです。

つまり、一度、年収1000万円を体験した人が、300万円ぐらいに落ちてしまったら、
それはそれで「不幸だなぁ」と思うかもしれませんが、

実際に、そんなジェットコースターのような年収の格差を体験しているのは、
ごくわずかな人しかいませんので、一般的に、多くの人は比較対象がないので、

今の年収を受け入れて、「まぁ、仕方がない」と、
納得しながら生活しているのが現状だと思います。

そうなると、仕事で大切なのは「年収」ではなく、
「仕事のやりがい」になるのでしょうか?

実は、これも、個人差があるので、あまり仕事において、
大切な指標ではなくなってしまうところがあります。

上司にゴマをするのが「やりがい」だと思う人もいれば、
営業でバリバリ結果を出すことが「やりがい」だと思う人もいるし、
燃えるゴミと燃えないゴミを分別する仕事も「やりがい」だと思う人もいます。

つまり、「その仕事をやっているから、あなたは不幸だ」と決められないところがあるので、
仕事の内容も、実は仕事において大切な指標にはならなかったりするわけです。

では、仕事で一番大切なことは、一体なんでしょうか?

それは、「一緒に仕事をする人」なんだと思います、

一緒に仕事をする人が息の合う人だったり、
考え方が共有できる人だったら、
多少、年収が低くても我慢して働くことができます。

また、面白くない仕事でも、一緒に仕事をする人が楽しかったり、
自分を認めてくれる人が周囲にいてくれれば、
つまらない仕事の中でも、「やりがい」を見つけることができます。

このように、仕事において、「年収」や「やりがい」を超越するものが、
実は「一緒に仕事をする人」、つまり“仲間”だったりするわけです。

いいですか?

仕事の同僚、先輩、後輩、取引先・・・
仕事の“仲間”との出会いは、
非常に運の要素が大きくなります。

巡り合わせやタイミングの問題になってくるので、
自分の意思で、コントロールできるものではありません。

だから、仕事で良い仲間に出会いたければ、
ひたすら、自分自身を磨くしか方法はないのです。

自分自身の能力やスキルを磨けば、
それに見合った人が周りに集まってきます。

また、周囲の人への接し方や、奉仕の仕方によって、
集まってくる人の質が変わってきます。

自分自身が魅力ある人間になれば、
周囲にも魅力ある人間が集まるようになるので、

年収や、やりがいを超越した“仲間”と働くことができて、
最高の仕事を体験することができるようになるわけです。

そして、一緒に働く人の質が良くなれば、
それだけハイレベルな仕事ができるので、
当然、結果が生まれやすくなります。

仕事にもやりがいが出てくるようになり、
必然的に、年収も上がっていくでしょう。

しかし、一緒に働く人の質が悪ければ、
当然、仕事のモチベーションも上がりません。

結果が生まれにくくなり、やりがいもなくなってしまい、
年収も下がって、働く理由を失い、その仕事を辞めていってしまいます。

そうならないためにも、働く人は、
常に「人の巡り合わせ」をよくする努力をしなくてはいけないのです。

自分を磨く努力を怠らなければ、
あなたの才能を求めて、周りに質の良い人が集まってきます。

そして、集まってきた周りの人たちが幸せになるように、
たくさん、手を貸してあげましょう。

そうすると、自分が困ったときに、その人たちが手を貸してくれるはずです。

そうやって築き上げた“仲間”という人脈が、
あなたの人生における「宝物」になっていくんだと思います。

良い仲間を引き寄せる努力を怠らないことが、
仕事でもっとも大切なことだということを、忘れないでください。

【6月生募集開始!】

良い仲間で出会えるアドバイスをさせてください。

★月々5000円から始める会員制コンサルティング
https://e-iroha.com/kenkyukai/index.html

 

編集後記

先日、6月12日で誕生日を迎えたんですが、
Facebookのメッセンジャーで、自動的に配信されるメッセージが知人から届いたんですね。

ひとつは、結構、有名なコンサルタントさんなんですが、
まぁ、まったく私が興味のないコンサートの話をダラダラと書いていました。

もう一人は、見知らぬ議員さんからのメッセージで(いつ友達になったんだ?)、
こちらも「大阪がいい天気ですね」と、
どうでもいいメッセージを投げかけてくれていました。

明らかに自動的にFacebookで人の誕生日を見つけ出して、
事前に作成した当たり障りのないメッセージを飛ばしているようで、

しかも、見たくもないYouTubeの動画のURLを張り付けてられていて、
誕生日でありながら、なかなか朝から不愉快な気分にさせてもらいました。

この二人に共通して言えることは、

  • SNSの本質が分かっていない
  • 人とのつながりがなんなのか分かっていない

ということなので、そうそうにブロックすることにしました。

こういう質の悪い人間と繋がっていると、
質の悪い人から、質の悪い情報が流れてくるようになりますからね。

積極的に、縁を切っていくことも、
ある意味、人の巡り合わせをよくする商習慣のひとつかもしれません。

【6月生募集開始!】
★月々5000円から始める会員制コンサルティング
https://e-iroha.com/kenkyukai/index.html

※「あれ? メルマガが届かなくなったぞ」と思ったら?
もう一度、メールアドレスを登録してみましょう!
http://www.e-iroha.com/melmaga/mailmagazine2.htm

著者/竹内謙礼

記事をご覧になって下さりありがとうございます、
よかったら気軽にコメントを書き込んでくださいね!

このエントリーをはてなブックマークに追加
rss
上矢印
ページTOPへ