• 竹内謙礼のボカンと売れる講座
  • セミナー
  • 著書
  • ボカンと売れる講座(メルマガ)
2007/04/20
  • ぶっちゃけ、楽天市場ってどうよ?

いろはの竹内です。

さて、先日セミナーが行なわれました
「絶対に失敗しないモール広告の買い方、つくり方」のDVDが、

いよいよ来週の月曜日から発売開始されます!

すでに「タケウチ商売繁盛研究会」の会員さんには、
先行販売を開始しているのですが、

大反響です!

おそらく過去に出したDVDの中で、
一番、レスポンスがいいと思います!

ということで。

今回はそのDVDの発売を記念しまして、
久しぶりに楽天市場の話をひとつ。

楽天の犬?

私、ネット関連のコンサルタントをやって
かれこれ3年ぐらい経つんですが、

「楽天市場」ってモールはあんまり好かれていないですよね~。

いや、別にお客様の立場で嫌われているとかじゃないんですよ。
もうちょっと詳しく言えば、
ネットの「コンサルタント」の中では評判がよろしくないって感じです。

「楽天に出店したら広告費で利益でないでしょ?」
「安売りばっかりになっちゃうんでしょ」
「どんどん課金で釣り上げられていくよ」

などなど、
二言目には楽天は「金がかかる」って言い方しますよね。

特に自社サイトでちょっと有名な店長さんや、
カリスマとか言われちゃっている店長さんなんかは、
親のカタキのように楽天はダメだぁって言いますよね。

で、もちろん、その火の粉は僕の方にも降りかかってきて、

「タケウチさんは楽天ビイキのコンサルタントだ」
「タケウチさんは楽天のことしか分からない」
「タケウチさんは楽天の方が売れるってすぐ言う」

などなど、
やっぱり楽天のショップオブザイヤー受賞を
経歴に掲げているだけあって、
楽天色の強いコンサルタントとしてイメージが植えつけられています。

この間なんか、酒の席で某経営者に

「楽天の犬!」

なんて、言われちゃって、
いやー、もう言われ放題って感じですよね。

だけど。

実際、僕に取ったら楽天市場は販促ツールのひとつでしかなくて、
ネットもリアルも万遍なくノウハウは積み重ねています。

楽天も
ヤフーも
自社サイトも
紙媒体も
アフィリエイトも
卸販売も、

ハッキリ言って、僕にとったらなんだっていい。

売れりゃあ、いいってだけですから。

何度もこのメルマガで言っているとおり、
そのお店、その店舗にとって、
ベストな販促方法を探すのが僕の仕事なんですよね。

だから、特に何かに偏ったノウハウがあるわけではありません。
ただ、楽天のノウハウも自社サイトのノウハウも、
紙媒体のノウハウも実店舗のノウハウも、
すべてを把握していないと、

「この販促ツールがいい!」と自信を持ってすすめられないから、
頑張って勉強して、情報を集めて、検証して、
いろいろな販促ツールのノウハウに強くなっている状態なんですね。

ぶっちゃけた話。

先月はドレッシング屋さんの商品展示会で
BtoBの卸先をゲットするための実践コンサルティングをしてきたし、

来週はラーメン屋さんの立て看板の
デザインとキャッチコピーを指導しにいくし、

来月はアパレルメーカーの社員教育の合宿で
2日間ホテルに缶詰になりにいきます。

実はネット関連のコンサルティングも、
意外に自社サイトの指導が多かったりして、
最近では「楽天市場のタケウチさん」ってイメージどころか、
クライアントに「インターネットもできるんですか?」って言われることが、
とっても増えてきました。

それに執筆している本だって、
実はネット関連の本って8冊中3冊しか出していないし、
僕にとったら、本当に「ネット」っていう、
ただの販促ツールの一部でしかないんですよね。

で、で、で、で。

そこまで幅広い販促方法をフォローした経験から、
ひいき目なしで言わせて頂きますが、

やっぱり「楽天市場」は売れますよ。はい。

一番、売りやすいし、一番、見込み客を集めやすし、
一番、売上を伸ばしやすいし、一番、ラク。

ただし、そのためには、
ちゃんと

「楽天市場向きか?」
「自社サイト向きか?」

という選択のところで、
ちゃんと判断をしなきゃいけないことがあるし、

「どの広告を使えば売上が伸ばせるのか?」

というノウハウがないと、
ちゃんとした売上指導はできないわけですよね。

どの広告が反応良くて、
どの広告が買いで、その広告を買っちゃいけないのか?
どんなメルマガで、どんなキャッチコピーでアタックをかければ、
一番コンバージョンが高いのか?

このノウハウがないと、
絶対に楽天市場の売上を伸ばす指導はできるわけがありません。

だから、他の販促ツールと同じように、
「広告戦略」っていうのは、しっかりノウハウとして、
身につけていないとダメなんですよね。

ただ感情に任せて、
「楽天はダメだ」というようではコンサルタントや店舗運営者は、
いつまで経っても偏見的な指導しかできないんだと思いますよ。
それに楽天の売上アップのノウハウが分からないだけなのに、

「楽天は儲からないよ」

って言っている、
コンサルタントや店舗運営者は多いですからね~。

よく「楽天市場は金がかかる」と言う人がいますが、

金をかけて売上が伸びる商売っていうのはまだマシなんです。

実は広告を使っても売上が伸ばせない商材が、
ネットショップには非常に多いことに、

気が付いている人って少ないんですよね。

著者/竹内謙礼

記事をご覧になって下さりありがとうございます、
よかったら気軽にコメントを書き込んでくださいね!

このエントリーをはてなブックマークに追加
rss
上矢印
ページTOPへ