• 竹内謙礼のボカンと売れる講座
  • セミナー
  • 著書
  • ボカンと売れる講座(メルマガ)
経営コンサルタント 竹内謙礼 > 竹内謙礼の公式メルマガ > 楽天市場攻略 > ショッピングモールの担当者とうまく付き合う方法
2007/04/27
  • ショッピングモールの担当者とうまく付き合う方法

こんにちは!
いろはの竹内です。

さて、あっという間に、
「絶対に失敗しないモール広告の買い方、つくり方」のDVDの
「集中メルマガ講座」の最終日!

最終日のお題は・・・。

「モール担当者との付き合い方」です。

「絶対に失敗しないモール広告の買い方、つくり方」
時間がない人はまずコチラから!
https://e-iroha.com/mall_ad/index.html

相手も人間です

先日、とあるモールに出店している、
ネットショップの店長さんに会った時のこと。

私にこんなことを言ってました。

「タケウチさん、この間さぁ、モールの担当者がすすめた広告がさ、
エライ大はずしの広告でさぁ。頭が来ちゃったから怒鳴ってやってよー。
『てめぇなんかより優秀な担当者に変えろー!』って、
わめいてやったんだよ。へへっ。
たまにこうやってプレッシャーかけないと、
相手もやる気なんねぇからね、カツを入れてやったのさ」

あっちゃー。

これは最悪なケースですよね。
当たるかハズレるか分からない「広告」というジャンルで、
広告を販売した人を怒鳴るのは、ある意味「ご法度」ではあります。

特にモール広告の場合、
「モール担当者」との付き合い方が、
売上に大きく左右するんですね。

オーバチュアやアドワーズなどの
自社サイトの検索連動型広告の場合は、
相手にするのは検索エンジンや市場マーケットなので、
自分のビジネススキルが高ければ充分勝負できます。

しかし、モール広告の場合、広告を買うのも、勧めるのも、
すべての情報は『モール担当者』の経由ということになります。

つまり、「モール担当者」次第で、
広告で成功するのも失敗するのも、
大きく変わってきてしまうんです。

だから、モール担当者は絶対に敵に回しちゃダメ!

味方につけていなきゃいけないし、
怒鳴ったり、罵声を浴びせたりすると、
やはり相手も人間ですから、気分を害すると、

大切なパートナーとして仕事をしてはくれません。

出店者は「金払ってんだら、言いたいことを言わせろ!」
っていう気持ちになるかもしれませんが、
残念ながら、現状、今、モール出店者は、
ショッピングモールの広告によって売上を伸ばしているのが現状ですから、
力関係は5:5ではなくて、10:0ぐらいの関係なんです。

「えー、でも、俺、ひとこと言ってやりたいよー」

はいはい、その気持ちも分かります。
でも、アナタがもし、モール担当者だとして、
怒鳴り散らして罵声を浴びせるショップ運営者が
自分の担当だったらどうします?

質の良い広告をちゃんと勧めますか?
広告や販売の対策を真剣に考えますか?
親身に相談にのってあげられますか?

おそらく、「ちょっと嫌だなぁ」という心理が働いて、
良い広告の話も
ライバルの店舗に振ってしまう可能性だってありますよね。

それにモール担当者だって鬼や悪魔じゃないんですから、
別にアナタのお店を地獄の底へ落としいれようとして、
ハズレの広告を売っているわけではありません。
戦略に誤差があったから失敗しただけなんです。

また、毎日「広告買え!広告買え!」って電話をするのも、
別にお金を搾り取ろうとしているわけでもなく、
自分のノルマで追い詰められているのではなく、
広告を使わないとモール店舗の売上が伸びないから、
伸ばすためにセールス電話をかけているんですね。

他のメディア広告と違って、モール広告の一番難しいところは、

「人」と「人」との付き合い方という、
実に基本的なところにポイントがあるんです。

そんな「モール担当者」との付き合い方の
ポイントまで詳しく解説しています!

「絶対に失敗しないモール広告の買い方、つくり方」
本日終了!【早期割引価格】今だけ3万2000円

コチラをクリック!
https://e-iroha.com/mall_ad/index.html

編集後記

さて、今回のメルマガを持ちまして、
モール広告の「メルマガ集中講座」はオシマイです!

そして、本日を持ちまして、
早期割引価格『3万2000円』で販売するのも終了。

明日からは定価4万2000円での販売となります。

今回のDVDに関しては、約半年ぐらいのデータ収集を元に、
「モール広告の法則」というのを
独自の視点と経験で見出した内容になっています。

おそらく世界中の誰もが真似できないノウハウですし、
今後、このノウハウに勝てる
「モール広告」の戦略を生み出せるコンサルタントは、

おそらく出てこないと思います。

なぜならば、

ホント、面倒くさいんです! このノウハウは!(泣)。

たぶん、人脈と経験だけではなく、
実証と検証を根を詰めてやれるコンサルタントじゃないと、
このノウハウパッケージは作れないと思いますよ。

その努力の結晶をぜひご覧下さいね!

本日最終!
コチラをクリック!
https://e-iroha.com/mall_ad/index.html

著者/竹内謙礼

記事をご覧になって下さりありがとうございます、
よかったら気軽にコメントを書き込んでくださいね!

このエントリーをはてなブックマークに追加
rss
上矢印
ページTOPへ