• 竹内謙礼のボカンと売れる講座
  • セミナー
  • 著書
  • ボカンと売れる講座(メルマガ)
  • Amazonの予測はなぜ100%当たったのか?

こんにちは。いろはの竹内です。

本日はクリスマスです。

クリスマスと言えば、サンタクロースですね。

お子さんのいる家庭では、

子どもたちが寝静まったら、そっと枕元にプレゼントを置いて、

次の日に「サンタさんがやってきたよ!」と言って、

キャッキャと子供が喜ぶ姿を見て、

気持ちがほっこりしているのではないかと思います。

ちなみに、竹内家でも、子どもたちが小さい頃は、

同じようにクリスマスの夜にプレゼントを枕元に置いて、

サンタクロースを信じ込ませていました。

例えば、朝起きたら、庭の木にサンタの帽子を引っかけて、

「あー、サンタさん、忘れてったねぇ」と言ってみたり。

夜、子供たちが寝ようと思って2階に行ったら、

部屋の窓が全開で空いていて、風がびゅーびゅー入っている中、

プレゼントがそっと置いていかれていて、

「サンタさん、今さっき来たんだよ!」と言ってみたり。

他にも、ピンポンダッシュをして玄関にプレゼントを置いたり、

白い髭っぽいものを、枕元にパラパラと置いてみたり、

ちょっと尋常じゃないぐらい、

「サンタは実在する」感満載の雰囲気を

毎年、クリスマスの夜に出し続けたんですね。

そしたら、いつまでもサンタを信じるようになってしまい

しまいには小学3年生になるまで信じてしまったので、

逆に親としては、

「いつ、サンタはいないって言えばいいんだ?」

と、恐怖を感じるようになってしまったんですね。

で、さすがに長女が小学4年生になった時に、

目をキラキラさせながらサンタの話を始めたので、

もう限界だと思って真実を告白することにしたんです。

「ちょっと大事な話がある」

「なになに!」

「サンタさんはね」

「うんうん!」

「いないんだよ」

「・・・・うそ」

「いや、マジで。サンタはパパとママなんだよ」

「・・・」

しばし、沈黙した娘。気の毒でしたね。

親のウソに付き合って、小4までサンタを信じ込まされて、

それで最後に真実を明かされる・・・。

あまりにも可哀想すぎて、動画でも取っておけばよかったと、

後悔するぐらいの落ち込みようでした。

そんな純粋さを持っていた娘たちも、二十歳になると、

「サンタ、金出せや」

と言ってくるので、時がたつのも早いものです。

僕のほうが「サンタさんはいないかな」と

思ってしまうぐらいのたかられようです。

やれやれ、みなさんもサンタの信じさせ過ぎには

くれぐれも気を付けてくださいね(なんの話だ?)

ということで。

今年最後のメルマガでは、

「お詫び」と「驚き」をダブルでご紹介。

■新春企画【静岡で予測セミナー開催】
1月24日(木)18:30~20:30
https://www.b-nest.jp/marketing/h30_08.html

Amazonの未来を100%当てた男

さて、まずお詫びから。

今回、2019年の予測カレンダーを販売させて頂きましたが、

■2019年予測カレンダー
https://e-iroha.com/calendar2019/

実は販売直後で大きなミスが発覚したんですね。

Amazonの未来を予測しているページで、

毎年、アグザルファの比良社長に

原稿執筆をお願いをしているんですが、

今年は、最後の原稿の貼り付け作業の段階で、

間違えて前年の2018年の予測を張り付けてしまったんです!

「ああああああああっあああああ!」

気づいた時にはすでに遅し!

みなさんのお手元に予測カレンダーが到着した頃だったので、

急きょ、購入者にメールで正しい2019年のAmazonの予測 データを

PDFにてお送りさせて頂きました。

なんという失態!!本当に申し訳ありませんでした!

12年間、予測カレンダーを作り続けていた初のポカミス!

で、自戒の意味も込めて、間違えて張り付けてしまった

「2018年」の比良社長の予測を、改めて読み返してみたんです 。

以下、その予測になりますが……。

●AmazonPB 商品の台頭

●ブランディングによる差別化

●Amazon の AI サービスの浸透

●商品レビューのさらなる規制強化 

●グローバル販売のため海外配送の強化

これが、比良社長が予測した、

5つの「2018年のAmazonはこうなるんじゃないか」

という内容でした。

そして、今年の2018年はどうなったか?

実は、いろいろ興味があって調べてみたところ、

比良社長の予測がドンピシャで

5つとも当たっていたことが判明したんですね。

【予測?】AmazonPB 商品の台頭

※Amazon、日本でもPB商品強化(7月13日)
 https://netshop.impress.co.jp/node/5624

【予測?】ブランディングによる差別化

※オイシックス、ブランドページ開設(6月7日)
https://www.bci.co.jp/nichiryu/article/3976

※花王、Amazonで動画広告(2月2日)
https://www.advertimes.com/20180202/article264855/

【予測?】Amazon の AI サービスの浸透

※ファッションチェックをする
「Amazon Echo Look」がアメリカで販売開始(6月7日)
https://realsound.jp/tech/2018/06/post-203582.html

【予測?】商品レビューのさらなる規制強化 

※Amazon、返品が多すぎるアカウントを停止(5月24日)
https://www.businessinsider.jp/post-168034

【予測?】グローバル販売のため海外配送の強化

※越境ECもAmazonか FBAの手数料が国内と同じに(10月11日)
https://eczine.jp/premium/detail/6004

と、こんな感じで、

5つの予測が、5つとも当たっていたんです。

これには改めて、比良社長の予測力に感心してしまいました。

いいですか?

なぜ、比良社長の予測力が高いのかというと、

アグザルファという会社が「Amazon出品代行」という、

現場に沿ったビジネスモデルだからなんですね。

これは私のような「コンサルタント業」とは大きく違うポイントで す。

クライアントの商品を、責任をもってAmazonに出品代行して いるので、

常に比良社長のところには”ナマの情報”が集まってきます。

だから、アグザルファの戦略はいつもスピード感があることで、

業界でも有名なんです。

今回の2018年の予測に関しても、

もうすでに2017年のインタビューの段階で、

比良社長はブランドページの活用方法を

クライアントに対して提案していましたし、

AmazonのPB商品の情報や動きなども逐一チェックしていた ので、

そういう自分のクライアントの脅威となる情報は、

すぐに情報を共有できる仕組みを構築しています。

そういう現場に即した人だからこそ、

今回の「Amazon予測100%」の結果を出せたのではないか と思います。

さてさて。

本当であれば、比良社長の見立てた

2019年の予測もここで発表したいところですが、

それはさすがに予測カレンダーの購入者だけに与えられた特典なの で、

ここでは伏せさせていただきます。

でも、これだけは言わせて頂きますが、

2019年のAmazonは大きく変わりますよ!

そして、予測を制した企業が、

やはり最後に売上を制するという真実は、

今後、50年、100年経っても変わらない商売の鉄則なんだと思 います。

■年内にお届けできます!
【2019年予測カレンダー】
https://e-iroha.com/calendar2019/

編集後記

前回のメルマガでお伝えした、

『楽天・Amazon・ヤフー・自社サイトの攻略法すべて教えま す! 
ガチで教える「勝てる」ネットショップの作り方』
https://peatix.com/event/566207

のセミナーですが

「あっ」

という間に予定の100名を突破して、さらに増席したにも関わら ず、

そちらもすぐに満席になってしまい、

1週間も経たないうちに受付終了となってしまいました。

本当に申し訳ありません。

ちなみに、このセミナーのスケジュールを見てもらえれば分かると 思いますが、

トップバッターは今回のメルマガでも紹介した、

アグザルファの比良社長のセミナーから始まるんですね。

なぜ、一番バッターに添えたかというと、

めちゃくちゃネタが実践的だからです。

Amazonの攻略ネタは、なかなか表に出てこない上に、

最新情報をしっかりキャッチしなければ抑えられないネタなので、

本当に比良さんしか知らないネタって多いんですね。

だから、トップバッターに持ってこれば、

遅刻する人が減るんじゃないかなと思ったんです(笑)

「そんなスゴいセミナーだったら聞きたい!」

って思われた方もいるかもしれませんが、

先述したように、セミナーは満席でもうすでに

聴講することはできません。

ですが、比良社長の運営するアグザルファは、

随時、出品代行のサービスを展開されていますので

もし、ご興味のある方いたら問い合わせをしてもらえればと思います。

https://www.axalpha.com/

2019年の新年から、いきなりAmazonで

スタートダッシュがかけられるかもしれませんよ!

新春企画【静岡で予測セミナー開催】
1月24日(木)18:30~20:30
https://www.b-nest.jp/marketing/h30_08.html

※メルマガの内容は出典とURLを明記していただけ
れば流用、拡散は大歓迎です。

※あれ? メルマガが届かなくなったぞ?
もう一度、メールアドレスを登録してみましょう!
https://e-iroha.com/melmaga/mailmagazine2.htm

著者/竹内謙礼

記事をご覧になって下さりありがとうございます、
よかったら気軽にコメントを書き込んでくださいね!

このエントリーをはてなブックマークに追加
rss
上矢印
ページTOPへ