• 竹内謙礼のボカンと売れる講座
  • セミナー
  • 著書
  • ボカンと売れる講座(メルマガ)
経営コンサルタント 竹内謙礼 > 竹内謙礼の公式メルマガ > ネットショップ運営 > 限定100名。急がないと席がなくなります。
  • 限定100名。急がないと席がなくなります。

こんにちは。いろはの竹内です!

 

昨日、8月25日に開催される、
ネットショップ向けのバックヤードシステムのイベント
『ECフェス』の参加企業のサービス説明会が行われたんですね。

 

で、私、エンジニアではないので専門用が分からないので、
事前に「分かりやすく説明してくださいね」って、
参加者の企業さんにお願いしたんです。

 

そしたら、あるシステム会社の親切な担当者さんが、
気を効かせて、 身振り手振りで分かりやすく説明してくれたんですが、
だんだん、熱が入り過ぎて、擬音を多用するようになって、

 

「ズバっとデータ取り込んで、バーンと取り出して」

「ふむふむ」

「そんでもって、ドーンとデータ吐き出して、バシッと出して」

「はいはい」

「最後は、うぉぉおおおおって感じです」

 

「・・・」

 

「どうです? すごいでしょ?」

 

 

うん、あの複雑なシステムを、
ほぼ擬音だけで説明仕切ったアナタが凄いよ。

 

ということで。

今回は竹内謙礼がネットショップのバックヤードシステムで
厳選した業者だけを集めて、大阪で「ECフェス」 を開催させて頂きます!

 

おまけに、無料で聴講できる竹内謙礼のセミナー付!

 

■『人材不足解消! 最少人数で最大限の売上を叩き出すバックヤード講座』
https://ectown.jp/ecfes/ seminar_20170825.php

 

ということで。

 

今回は、 特別にECフェスに参加していただけるバックヤードシステムを、
ざっと『5分』 で理解するスピード簡単解説でご紹介させて頂きます!

 

分かりやすくまとめましたので、ぜひ、ご一読のほどを!

【目的別】お勧めの『バックヤードシステム』は、コレだ!

ネットショップ運営には、いろいろなシステムがあるのですが、

 

機能は分かるんだけど、

「うちの会社に、どんなメリットがあるんだ?」

というのが、今一つ分かりにくいところがあったりします。

 

なので、今回は、ECフェスに参加する企業さんを、
「目的別」にして、分かりやすく寸評にてご紹介させて頂きます!

 

ネットショップ以外の人が読んでも分かりやすく解説していますの で、
「へーっ、今の時代、ここまでバックヤードが進化しているんだ」
と思って、読んでもらえればと思います!

 

その1
★★『とにかく運営コストを下げたい!』★★

≪後払いシステム≫

■後払いドットコム
https://www.ato-barai.com/

【後払いサービスを昨年よりもお安く利用しませんか?】

ネットショップの後払いシステム。
他社サービスと比較してシステム使用料がかなりお得に設定されて いるのがポイント。
新たに後払いを導入したい企業はもちろん、
乗り換えてコストを大幅に下げたいネットショップは必見の価値あ り。

 

≪ネットショップ運用代行≫

■マーケティングアソシエーション
https://www.ma-inc.jp/

【社員やアルバイトの採用とはサヨウナラ】

ネットショップの代行運用サービス。
外注してくれる対応スタッフがわざわざ依頼者のところに出向き、
徹底的に対応方法をヒアリングするので、きめ細かい対応が可能。
問い合わせを受けて、 マニュアル通りにしか対応できない秘書代行システムとは違い、
売上アップへの誘導対応や顧客満足度を上げるメール、 電話対応が可能。
さらには24時間対応で、 土日だけのピンポイントの代行対応もOK。
社員数を大幅に削減できて「アルバイトを雇うより安い」 と評判のサービスだ。

 

≪発送代行≫

■スクロール360
https://www.scroll360.jp/

【『いくらなんでもそこまで』というぐらい手厚い発送代行】

自社の商品を倉庫から代行発送してくれるサービス。 きめ細かい対応が尋常ではない。
倉庫に届いた商品を撮影代行してくれるだけでなく、 コメント入りの商品アップの代行も対応。
商品の採寸やサイズ合わせ等もやってくれるので、アパレル、 雑貨を取り扱う企業にも大好評だ。
海外商品の日本語ラベルへの張替や、 飲食の賞味期限や成分表の張替え作業なども請け負う。
その他にも、手書きの挨拶状、手で折った鶴の同封、 お誕生日カードの挿入等、
自社で発送するよりも明らかにサービスの高いレベルの対応ができ るのが特徴。
安い発送代行でミスが多くて悩んでいるネットショップさんは、 ぜひ乗り換えを!

 

≪メール共有システム≫

■メールディーラー
https://www.maildealer.jp/

【週一日出社のアルバイトでもメール対応OK】

お客様から届くメールを社員やアルバイトで共有できるソフト。
週1出社のアルバイトでも、 複雑なメール対応を継続して引き継ぐことが可能。
どのスタッフがどのような返信をしているのか可視化されるので、
メール対応のフォローを上司や経営者がチェックできるのも魅力。
月額2万円からのシステムだが、
楽天市場出店のネットショップ限定で使える「楽天プラン」 を活用すれば、
月々5000円からの利用することも可能。
メール対応を社員、 アルバイト対応にしてコストを下げたいお店にお勧め。

 

≪受注管理ソフト≫

■楽楽バックオフィス
https://www.techmatrix.co.jp/ product/rakuraku-bo/index.html

【月々5000円から利用できる低価格の受注管理ソフト】

「受注管理は使いたい。だけど月々の利用金額を抑えたい・・・」
そういう初期段階のネットショップにお勧めの受注管理ソフト。
月額5000円で利用可能なシステムに乗り換えて、 月々のコストランニングを抑えてみては。
カスタマイズも可能なので、 売上が伸びてきても継続してシステムが利用できるのも魅力。

 

■テンポスター
https://commerce-star.com/ tempostar/

【開発スピードが速いので、最新のシステムを常に体感できる】

今現在、 佐川急便のベックルに対応している受注管理ソフトはこのテンポス ターのみ。
ヤマト運輸の送料アップで佐川急便に切り替えた企業にお勧め。
また、開発スタッフが多く在中していることから、
新しい機能の搭載や、お客様の要望に応える速度は業界随一。
勉強会等も大阪、東京で開催しているので、
本気で売上を伸ばしたいネットショップにはお勧めの受注管理ソフ トだ。

 

■ネクストエンジン
https://next-engine.net/

【半自動化で最少人数、超ハイスピードの受注管理ソフト】

実際にネットショップを運営している東証一部上場企業が開発した 受注管理ソフト。
楽天市場やヤフーショッピング等の仕様変更にも素早く対応するこ とが可能。
徹底して受注管理作業を簡素化したことによって、 最少人数で最大の受注件数を裁くことができる。
利用店舗数が2600社。サポートも充実しているので、
運営に不慣れなネットショップもぜひ一度お試しで使ってみては。

 

その2
★★『知識ゼロでもネットショップは運営できる』★★

≪自社サイトカート機能≫

■メイクショップ
https://www.makeshop.jp/

【「古いカートはもう卒業したい!」という方へ】

自社サイトのカート機能。 電話とメールサポートが2か月間無料なので初心者でも安心。
現状の使いづらいカートを乗り換えたい人には、
完全バックアップの「引っ越しサポート」のサービスあり(有料) 。
「カート機能が古くて使いづらい」「 スマホサイトに対応していない」 という長年の不満を抱えている人にお勧め。
LINEによる問い合わせ対応が可能なのも魅力だ。

 

 

その3
★★【競合他社を徹底的に調査したい人】★★

≪マーケティングツール≫

■プライスサーチ
https://price-search.me/

【ネット上のほぼ全ての競合の販売価格を調べて、 市場で勝ち抜く!】

インターネット上にあるネットショップの販売価格を調査するシス テム。
例えば、Aというブランドバッグがあった場合、 各社がそのAのブランドバックをいくらで売られているのか、
楽天、ヤフー、Amazon等、 約90のサイトで売られている同じ商品の販売価格を
横断的にあっという間にリサーチすることが可能。
無駄に高くて価格競争で戦えなかったり、 逆に無駄に安くしていて利益を損していたり、
自分の会社の価格戦略の立ち位置が一発リサーチすることができる 。
このシステムを用いて1時間に1回価格調査を行い、 常に価格で競り勝って売上を伸ばした企業も多い。

 

■ニント
http://www.nint.jp/

【ライバルが何の広告を使って、 どのように売上を伸ばしたか知りたくありませんか?】

今回のECフェスで竹内が説明を聞いて一番腰を抜かしたソフト。
楽天、Amazon、Yahoo! ショッピングに出店しているネットショップが、
どのタイミングでページを改善して、どれだけ売上を伸ばして、
レビューがどれだけついているのかをリサーチできる驚愕のシステ ム。
競合のネットショップがどの楽天市場の広告を購入して、
どれだけ売上を伸ばしたのかもリサーチすることが可能。
正直、このシステムさえあればコンサルは不要。ぜひ必見。

 

その4
★★【販路拡大】★★

≪ショッピングモール≫

■ポンパレモール
https://www.ponparemall.com/

【食品、お酒、美容はチャンスありのショッピングモール】

楽天市場、Amazon、Yahoo!ショッピングに次いで、 4番目のポジションを狙うリクルートのポンパレモール。
最大の特徴は2つ。リクルートのメディア媒体との連携と、 Pontaポイントが使える強みだ。
ポンタのポイント還元ページをリクルートが直運営していることも あり、
食品、美容、コスメ、 ドリンク等の貯まったポイントと還元されやすい商品を扱っている ところは大チャンス。
ポンパレモールが発行するメルマガの開封率は15%と高く、
楽天やヤフーに広告投資するなら、 費用対効果はポンパレモールのメルマガのほうが高そう。

 

その5
★★【リピート客を増やしたい】★★

≪CRM活用≫

■うちでのこづち
https://www.uchideno-kozuchi. com/

【簡単操作で、休眠客を掘り起こして売上アップ!】

自社の商品のリピート率をあげるためのマーケティングツール。
難しいLTV(ライフタイムバリュー)を、 簡単な操作で一発解析。最適な戦略を組み立てることができる。
「どういうデータを、どうやって生かせば分からない」 というマーケティング初心者企業にはお勧め。
今まで自社では分からなかった新しい優良顧客への“売り方”“ 掘り起こし方”を知ることができる。

 

 

編集後記

今回の『ECフェス』はネットショップ運営者限定となっており、
残念ながら、他業種、同業者の参加することができません。

ただ、僕が今回、ヒアリングした限りは、

 

「このサービス、リアルのビジネスでも使えるぞ」

 

と思ったりしました。

 

例えば、「メールディーラー」などのメール共有システムは、
シフト制で対応が難しいホテルや旅館、 歯科医院でのメール対応として活用できますし、

後払いシステムは税理士、会計士、 弁護士等の士業でも使えると思います。

また、リサーチ関連のシステムは、
メーカーがネット上の競合や価格を調査したり、
コンサルタント会社やページ制作会社などもリサーチで活用するこ とができそうです。

 

しつこいようですが、 今回のECフェスではネットショップ運営者以外の参加はできませ んが、
もし、ご興味がある他業種の方がいらっしゃいましたら、

「竹内謙礼のメルマガを見た」といって、
資料請求でもしてみてくださいね!

 

 

【無料】■8月25日(金) ネットショップの夏の大イベント!
「ECフェス」ついに開催!

竹内謙礼の限定セミナーに参加できる!
『人材不足解消! 最少人数で最大限の売上を叩き出すバックヤード講座』
https://ectown.jp/ecfes/ seminar_20170825.php

※「あれ? メルマガが届かなくなったぞ」と思ったら?
もう一度、メールアドレスを登録してみましょう!
http://www.e-iroha.com/ melmaga/mailmagazine2.htm

著者/竹内謙礼

記事をご覧になって下さりありがとうございます、
よかったら気軽にコメントを書き込んでくださいね!

このエントリーをはてなブックマークに追加
rss
上矢印
ページTOPへ