• 竹内謙礼のボカンと売れる講座
  • セミナー
  • 著書
  • ボカンと売れる講座(メルマガ)
経営コンサルタント 竹内謙礼 > 竹内謙礼の公式メルマガ > ネットショップ運営 > 久しぶりに「やる気」のスイッチが入る本を読みました
  • 久しぶりに「やる気」のスイッチが入る本を読みました

こんにちは!
いろはの竹内です。

さて、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、
先日、楽天さんから電子書籍の端末が発売されました。
その名も、

「コボタッチ」
http://www.yomiuri.co.jp/net/news/20120703-OYT8T00347.htm

ええ、久しぶりに“やってくれた感”のあるネーミングです。
普及したら普及したで、
そりゃあもう、ちょっと恥ずかしい名前ですよね。

「おーい、ワシのコボタッチ取ってくれんか」
「すいません、コボタッチはどこに売ってますか?」
「バカっ、俺のコボタッチ触んじゃねーよ!」

なんだか覚えの悪いワンちゃんのような名前ですよね・・・。

そもそも「コボ」という名前だけで、
日本人の頭の中には植田まさしの漫画「コボちゃん」が思い浮かんでしまうので、
どうしても、スマートな印象が頭の中に描けません。

頭をちょっと刈り上げた男の子が、
右往左往する映像が、こびりついて離れないんです。

と、そんなちょいとバカにしているコボタッチちゃんですが……。

気がつけば楽天ランキング総合で1位!
http://ranking.rakuten.co.jp/

クリスタルガイザーよりも売れている電子書籍端末として、
おそらく末代まで語り続けられることでしょう。
いかにも楽天らしい商品のデビューで、安定感すら漂わせています。

でもでも、マジメな話・・・。

もしかして、電子書籍の端末がこの価格で普及してくれたら、
ちょっと本のマーケットも大きく変わっていくかもしれませんね。

私もケチをいろいろつけたわりには、
ちゃっかりコボタッチを予約させていただきましたので、
届いたら、このメルマガで使用感をレポートさせて頂きますね♪

ええ、おそらく事務所で遭難中のipadと同じ運命をたどるとは思いますが・・・。

そんな訳で、今回は電子書籍に絡んで、
新しい本をひとつご紹介させていただきます。
いやー、久しぶりに“やる気”のスイッチが入りました!

熟練したビジネスマンほど、読んでもらいたい。

今回の本は、テーマとしては「商品企画」の部類に入るんですが、
実は非常に気づきが多い内容の本になっているので、
ちょっと紹介させて頂きます。

タイトルは非常に長いんですが・・・。

『新潟のおせんべい屋さんが
東京の女子中学生にヒット商品づくりを頼んだら
とんでもないことが起こった!?』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4761268476

内容をざっくりと紹介すれば・・・。

新潟にある老舗のせんべい屋『岩塚製菓』さんが、
東京品川にある『品川女子学院』とコラボレーションして、
新商品のおせんべいを製作するという奮闘記です。

で、なんで、これを多くのビジネスマンに読んでもらいたいかというと、
全ては、『この1行』に詰まっているんです。
岩塚製菓の開発スタッフの人が言った言葉の

「できない理由を考えて、二の足を踏んでいたんだと思います」

女子中学生たちが、次から次へと出してくるアイデアを聞いて、
自分たちが、いつの間にか日常の業務に慣れてしまって、
「これはできない」「あれはできない」と“できない理由”から考えて、
売れない商品ばかりを作ってしまったことに気づかされるというシーンがあるんです。

会社の予算や人員を考えてから商品を作ってしまうので、
当然、「お客さん」のことを考えた商品など、できるはずがありません。

業界の常識にいつの間にか染まってしまって、
常に考え方が「守り」になってしまっているところに、
消費者目線の斬新な女子中学生の考えが飛び込んできて、

さらに、自分たちの想像を超えるようなアイデアを出してくれる彼女たちに
10歳以上も年上の大人の社員たちが振り回される話は、

「仕事の原点」を思い返させてくれて、非常に刺激的でした。

いいですか?

私はこの本を読んで、自分たちが“大人”であり、“社会人”であり、
そして仕事の“プロ”であることから、
ちょっと思い上がっていたところがあったのではないかと思いました。

実際、この本に出てくる品川女子学院の中学生たちは、

フェイスブックやツイッターを使って販促したり、
文化祭で1200人ものモニタリング調査を行ったり、
企業と協力してプレスリリースを配信したり、
地元のスーパーマーケットにプレゼンしに行ったり、

心の底から、
「この商品を売ってやる!!!」

という、大人顔負けの行動に出て、
自分たちの商品を売ろうと頑張るんです。

なんだか、今の「なぁなぁ」になっている自分が
ちょっと恥ずかしくなってしまうぐらい、
パワフルな女子中学生達から教えてもらったことが多かったです。

また、本書はちょっと構成が変わっていて、
女子中学生の目線、岩塚製菓の目線、
そして今回のコラボ企画に対してダメ出しやアドバイスをする、
本職のプロデューサーの“辛口”のツッコミが入ったりして、

それぞれの立場で、面白く読めるので、
ただのノンフィクションのビジネス書よりも、
実践で使えるネタの多い本になっていると思います。

最初はこの3部構成に違和感を覚えるかもしれませんが、
後半からエンジンがかかったようにズルズルと話に引き込まれていくので、
おそらく1時間ぐらいでサラッと読めてしまうと思いますよ。

最近、仕事に気合が入らない人には、
お勧めの一冊ですよ!
「やる気」が欲しい人はぜひご一読のほどを!

■『新潟のおせんべい屋さんが
東京の女子中学生にヒット商品づくりを頼んだら
とんでもないことが起こった!?』

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4761268476

編集後記

さて、前回のメルマガで紹介した、
「就活に負けない子供の育て方」のセミナーですが、
なんと

即日で全席完売してしまいました!

参加を希望されていたみなさん、
大変申し訳ございません・・・。

一応、お問い合わせが非常に多かったセミナーということもありますので、
後日、DVDにて販売することも予定しております。

その際は、このメルマガにて告知させていただきますので、
よろしくお願いします!

あと、もうひとつ告知を!

今まで東京でしか開催していなかった、
受注管理ソフト「ネクストエンジン」と、
問い合わせ管理ソフト「メールディーラー」の合同説明会が、
7月18日、大阪で開催されるそうです。

■詳しくはコチラ
https://fs222.formasp.jp/u439/form12/

今回、私は説明会に参加することはできませんが、
実際にこれらのソフトはネットショップの売上アップには
絶対に欠かせないソフトになりますので、

大阪のネットショップさんで、もし興味がある方は、
ぜひ一度、直接、説明を受けられることをお勧めしますよ!

今のネットショップ運営は、
戦略やクリエイティブな能力以上に、
システム運営のテクニックが重要になってきていますからね。

ネットショップ運営の“今”が知りたい人は、ぜひご参加のほどを!

著者/竹内謙礼

記事をご覧になって下さりありがとうございます、
よかったら気軽にコメントを書き込んでくださいね!

このエントリーをはてなブックマークに追加
rss
上矢印
ページTOPへ