• 竹内謙礼のボカンと売れる講座
  • セミナー
  • 著書
  • ボカンと売れる講座(メルマガ)
経営コンサルタント 竹内謙礼 > 竹内謙礼の公式メルマガ > ネットショップ運営 > ネットビジネスの「廃業率」は何パーセントか?
  • ネットビジネスの「廃業率」は何パーセントか?

さて、先日、知り合いのコンサルタントから、
とっても面白い本を勧められました!

こちら!

起業家のための「手ガネ経営」で勝ち残る法
吉澤大 著
http://item.rakuten.co.jp/book/4120186/

いやー、
最近、会計士さんが起業や経営の本をたくさん執筆していますけど、
その中でもかなり具体的な事例が出た本だと思いますよ。

ハイライトは各業種の「廃業率」

どの商売が一番成功確率が高くて、
どの商売が一番成功確率が低いのか?

それを会計士の立場で分かりやすく
一番勝ち残りやすい商売はなんなのか教えてくれるわけです。

例えば、床屋さんって、どのくらいの廃業率だと思います?
「えー、結構、乱立しているから30%ぐらいじゃないの?」
そう思っちゃいますよね?

でも、数字で表すと6.5%なんですって!

堅実な商売です。ええ。

対して。

インターネットの商売ってどのくらいの廃業率だと思います?
投資が少ないから、結構成功確率が高いと思いきや・・・。

廃業率 51.6%!

う、うわぁ・・・半分は潰れるんだ・・・。

最初から勝負は決まっている

よく、やる気やパワーで、
自分のビジネスモデルを成功させようって起業家がいますが、

それで乗り切れるほど、商売は甘いもんじゃありません。

親のあとを継いで商売を始めた人とか、
その商品やビジネスが好きで始めた人とか、
いろいろな事情で経営者になった人がいるんですが、

ハッキリ言って、そのビジネスモデルのつくり方次第で、
商売の成功は8割~9割決まってしまいます。
(小売の場合は商品で9割ぐらいは決まる)

つまり、最初のスタートダッシュで、あなたの会社の、
「生」か「死」かはだいたい決まってしまうんです。

例えば、すっごい大好きな輸入雑貨があるとして、
それを仕入れて、わざわざ売っているような商売は、
在庫リスクが増えて、仕入れの回転資金が苦しくなるから、
当然、苦境に立たされやすくなります。

逆にドロップシッピングやアフィリエイトのような商売は、
仕入れリスクが少ない反面、
スケールメリットが小さいのと広告費が捻出できないことから、
必然的に儲からないお仕事になります。

あと、最近、若い起業家に多いのが、
「うまい話」に飛びつくケースです。

「全てお任せでネットショップを作ってくれるんだよ」
「商材はプロが選んで、それを売るだけでいいんだよ」
「アフィリエイトで儲かる究極の方法が見つかったんだよ」

ええ、本当にラクして儲かる方法っていうのが、
世の中にはたくさんあると思います。

ですが、残念ながら、「コネなし」「金なし」「人脈なし」で、
お金儲けをした事例っていうのは、

『特殊例』です。

よほど、その人に「運」があったか、それとも「才能」があったかで、
「しっかり高い確率で儲かる」という方法ではありません。

いいですか?

商売っていうのは「確率論」です。
より高い確率の商売を考えて、それが成功する確率を高めるために、
あらゆる戦略を考えて、それを実行に移すのが「商売」なのです。

あなたの商売の廃業率はどのくらいですか?

参入障壁が低くて、運転資金がかかって、
なおかつ在庫リスクが高い商売は潰れやすい会社ですよ。
さらにその商売に広告費が絡んでくるんだから、
ネット通販の小売業なんて、メチャメチャ頭を使わないと、

儲かるわけないんですよ。

絶対にインターネットが一番ラクで、一番儲かる商売だとは思いませんよ。
経営者が話す成功体験談とかコンサルティングっていうのは、
得てしてその人にしか当てはまらない事例が多いんですから。

編集後記

さて、今週末の9月22日!
携帯サイトのセミナー開催が迫ってまいりました!

【残り席数わずか】
携帯サイトの運営が22時間で分かるセミナー!
http://www.e-iroha.com/seminer/blue.html

で、それにともなって、
いろいろ勉強して情報を集めているんですが・・・。

携帯サイトって面白いですよね~。
こんなに面白いんだったら、もっと早くやっているんだったぁ!

例えばですよ。

今年9月からauとグーグルが提携して、
携帯の検索機能が充実するようになりました。
今までワンクリックの「公式サイト」がアクセスでとても有利だったんですが、
この検索機能が充実したことにより、
「非公式サイト」も検索でひっかかりやすくなってきたわけです。

でね。

さらに10月からドコモも検索機能が充実してきます。

しかも驚くことに10サイトの検索機能と提携!
インフォシーク、MSN、ライブドアなどの有力な検索サイトと組んで、
検索機能をメチャメチャ充実させるようにするそうです。

そうなると、シェアの大きい、
ドコモとauが検索重視型の機能を搭載するとどうなるか?

非公式サイトにチャンスがあるだけではなく、

公式サイトが不利になっていきます。

その証拠に、ちょっと面白い数字を掴んだんですが・・・。

ドコモのMOVAユーザーのインターネット利用比率

公式サイト 60%
非公式   40%

ですが、パケット通信が有利なFOMAの場合……。

ドコモのFOMAユーザーのインターネット利用比率

公式サイト 30%
一般サイト 70%

逆転してしまっているわけです。
これで検索エンジンがフル活用されれば、
さらに公式サイトは突き放されます。

なんたって、公式サイトにはリンクも貼れなければ、
掲示板なんかも作ることができませんからね。
いわゆる権利商売で作られたサイトなんて、
面白いわけないですよね。

そー考えると、
そんな遠くない将来、携帯サイト業界っていうのは、

かなり面白くて、かつ恐ろしい現実が待っていると思います。

今回のセミナーでは、
そんな自社のオリジナルサイトの作成から、
近い将来の携帯サイトの未来予想図まで、
ばっちり公開したいと思います!

携帯サイトの運営が2時間で分かるセミナー!
http://www.e-iroha.com/seminer/blue.html

あと数席しか空いていないので、
定員になりましたら締め切りますので、
よろしくお願いしますね。

著者/竹内謙礼

記事をご覧になって下さりありがとうございます、
よかったら気軽にコメントを書き込んでくださいね!

このエントリーをはてなブックマークに追加
rss
上矢印
ページTOPへ