• 竹内謙礼のボカンと売れる講座
  • セミナー
  • 著書
  • ボカンと売れる講座(メルマガ)
経営コンサルタント 竹内謙礼 > 竹内謙礼の公式メルマガ > ネットショップ運営 > ネットビジネスだけが「売上アップ」の方法じゃない/パート1
  • ネットビジネスだけが「売上アップ」の方法じゃない/パート1

こんにちは!
いろはの竹内です。

さて、最近、大手メーカーさんからのコンサル依頼を受けて、
よく思うことなんですが・・・。

「無理してネットで商売しなくてもいいんじゃない?」

ってこと。

うーん。
ちょっとコンサルタントとしては問題発言かもしれませんが、
商材やビジネスモデルによっては、
インターネットを利用しようと焦るあまりに、
逆に複雑な迷路に飛び込んじゃっているケースって、
非常に多いと思うんですね。

加えて、質の悪いページ作成業者や、
システム開発なんかの会社につかまっちゃうと、
口車に乗せられて、永遠に儲からないネットビジネスをやらされちゃう。

今日はそんな、
ネットに向いていないメーカーのホームページ運営について、
ベラベラとお話させて頂きます。

なんのためのホームページなの?

えー、結論から言ってしまいますが、
モノを作ったりしているちょっと大きめのメーカーさんで、

社内のフットワークがあんまりよくなかったり、
卸販売している手前、お買い得商品や値引き商品が販売できなかったり、
商品点数が少なくて、なおかつ新商品が開発しづらい環境だったり、
広告費の捻出があまり大きくできなかったり、

そんな状況のメーカー企業さんだったら、

即座にネット通販は撤退した方が私はいいと思います。

これらの何をやるにしてもシガラミの大きい会社は、
小回りの利かすネット通販にはぶっちゃけ向いていません。

担当者を一人雇ったり、
外注会社にページ運営を依頼する方が、
お金をドブに捨てるようなものです。

「ネット通販をメーカーとして本気でやっていくんだ!」

っていう意気込みがなければ、
とっても無駄な投資になってしまいますので、
よほどの頭の柔らかい社長さんが運営している会社以外は、
私はインターネット事業からとっとと撤退するべきだと思います。

「それじゃあ、俺達はどうすればいいんだ!」

はい、私は「ネット通販は止めましょう」と言っただけで、
「ホームページ運営を止めよう」とは言っていません。

ホームページは情報発信やお客様の問い合わせ等に特化させて、
できるだけ人件費をかけない方法を考えましょう。
特にBtoBに力を入れたければ、そちらの商品情報などを強化させて、
「営業活動の支援型」のホームページにシフトしましょう。

確かにお金儲けには繋がるホームページにはなりませんが、
このほうが絶対にお金がかかりませんし、
「ホームページ」という役割は達成できると思います。

また、ネットでアホみたいに広告を使うぐらいだったら、
営業ツールのチラシのキャッチコピーを変えたり、
パンフレットやカタログをリニューアルさせて、
販促企画や商品企画にもっともっとお金と時間をかけたほうが、

絶対に効果が発揮されます!

実はみんな、あんまり声を大にして言っていませんが、
もう「ネット通販」ということ自体に、
そんなに魅力がなくなってきているんですよね。

広告費がかかる。
ホームページ作成代に金がかかる。
お客様のクレームは多い。
受注管理が面倒。
更新が面倒。
人件費がかかる。

現状、これだけコストパフォーマンスの悪い商売は、
メーカーにとったらないと思いますよ。

年末にもう一度、
「なぜ、ホームページを運営しているのか?」を、
考えてみる必要はあると思いますよ。

お金儲けはネットに限ったわけではないのですから。

編集後記

来年の竹内謙礼の活動としてはネット通販に留まらず、

チラシやDM成、
ニュースリリースやブランディング戦略、
BtoBや展示即売会、店頭POPなんかに、
ガンガン力を入れていく予定です!

特に長期的なキャッチコピー教育、チラシ作成の教育には、
本気で新年から取り組んでいこうかなぁと思っています!
(マジで行きますよ!)

講演会などは控えめにして、
会員限定のセミナーに力を入れていく予定ですので、
リアル店舗の運営者やキャッチコピーの上達、
社員教育に力を入れたい人は、ぜひ「タケウチ商売繁盛研究会」で、
商売のセンスをガッチリ磨いて下さいね!

会員制コンサルティングのご案内はコチラ
月々5000円~
http://e-iroha2.com/kenkyukai/

「タケウチ商売繁盛研究会」の入会者の声
http://e-iroha.com/voice/index.html

今年もあと少し!
みなさん体調を崩さず頑張って下さいね!

著者/竹内謙礼

記事をご覧になって下さりありがとうございます、
よかったら気軽にコメントを書き込んでくださいね!

このエントリーをはてなブックマークに追加
rss
上矢印
ページTOPへ