• 竹内謙礼のボカンと売れる講座
  • セミナー
  • 著書
  • ボカンと売れる講座(メルマガ)
経営コンサルタント 竹内謙礼 > 竹内謙礼の公式メルマガ > ネットショップ運営 > スマートフォンは2012年のネット通販をどう変えるのか?
  • スマートフォンは2012年のネット通販をどう変えるのか?

こんにちは。
いろはの竹内です。

ちょっと新聞で見つけた算数でいい話をひとつ。

「シクシク泣く」から4×9で「36」
「ハッハッと笑う」から8×8で「64」

涙と笑いを足したら、

「36」+「64」=「100」

この「100」が人生のすべてなんだと思います。

その人生の中で、たとえ号泣(5×9)しても、「45」ですから、
人生「100」と考えれば、半分にも達していません。
だから、人生、たくさん泣いても、大丈夫なんですよ。

はい、「だからどうした?」って話ですが、
只今、カレンダーのキャンペーン中ということもありますので、
また、2012年の話にお付き合いして頂ければと思います!

2012年
「売れる販促企画・キャッチコピーカレンダー」先行販売!

竹内謙礼のセミナーCD付きで8,800円!
http://e-iroha.com/calendar2012/

2012年のネットビジネスはどうなるのか?

さて、このメルマガの購読者の中には、
ネットビジネスの関係者が、おそらく半数以上は占めていると思います。

そうなると、やはり気になるのが、
「2012年のネットビジネスはどうなるのか?」
って言うことですよね。

で、2011年に起きたネットビジネスのニュースを、
2012年の予測を立てる際に、独自の視点でザーッと集めてみたら、
面白い事実に気づいたんですね。

ざっと列挙すると、こんな感じです。

・ヤフーロコにローソンの店舗情報を掲載
・ローソンでヤフーショッピングの人気商品を販売
・ローソンが「らでぃっしゅぼうや」と提携してネットスーパー事業に参入

・小田急百貨店で楽天市場が物産展。23店舗に対して期間中8万人が来店。
・オイシックスは都内の百貨店に実店舗を展開。
・東武百貨店がネット限定品のお歳暮を販売。

・京王百貨店がネットで訳アリ食品を常時販売開始。
・ジャパネットたかたの通販サイトの売上は対昨年で26.4%増加。
テレビから取り込んで、ネットに落とし込む手法を取り入れている。

・ニッセンや千趣会はネット経由の売上が5割に加速。
・ニッセンが大きめサイズの衣料品に特化した「スマイルランド」を出店。
・千趣会のカタログと同名の「暮らす服」を店名に掲げたショップを展開。

・千趣会がクリーニングサービス事業に参入。
・女性誌「ELLE」がネット通販で、有名ブランドと組んだコラボ商品を販売。

みなさん、お気づきになりましたか?

そうなんです。

実は、ネットとリアルのビジネスの境目が、
完全にボーダレス化しはじめているんです。

ネットビジネスは実店舗の販促力を利用して、
紙媒体の通販が実店舗を出したり、
テレビ通販会社が、ネットビジネスで集客したり、

お客さんを取り込む媒体に、垣根をとっぱらい始めているんですね。

実はこの現象、流通業界ではすでに活発になってきており、
「OtoO」(オー・トゥ・オー)という言葉で表現されています。
つまり

「オンライン・オフライン」

という意味で、
ネットビジネスとリアルビジネスのボーダレス化の販促を意味する、
2012年の重要な販促キーワードだったりするんです。

いいですか?

なぜ、ネットビジネスとリアルビジネスの融合が
こんなに勢いよく加速していくのかというと、
それは、今のネットビジネスの環境を取り巻く事情でもあるんですね。

●『ネットビジネスの集客・販売の頭打ち』
→すでにネットからお客さんを集客することが限界に達している。

●『ネットビジネスの価格競争からの脱却』
→価格が比較されやすく、値引き合戦が激しいネット通販では、
中小企業はもう勝負ができない。

●『ネットビジネスでの優良顧客獲得の難しさ』
→接触頻度が浅いので、優良顧客化しづらい。
逆に実店舗のお客さんから優良顧客を集めていった方が早い。

●『他店との差別化』
→似たようなページ、似たような商品では、ネット上では差がつけづらい。

●『リアルに触れあいたい人の増加』
→優良顧客は人と接してコミュニケーションを取ることが好き。
しかし、ネットではそれができない。

そしてそして、最大の理由としては、
やっぱり

「スマートフォン」の登場は大きいと思います。

リアルな日常生活に、ネットの世界が浸透することによって、
ネットで閲覧する行為が、屋外に飛び出してしまい、
一気に「OtoO」の世界が、加速してしまったんだと思います。

でも、この「オンライン・オフライン」の加速は、
ある意味、中小企業のネットショップにとったら、
大チャンスになると私は思っています。

インターネットからお客さんを集客して、
リアル店舗でお客さんと深いコミュニケーションを取って、
良い商品、良いサービスだと理解してもらって、

店と商品のファンになってもらい、
そして、ネットで販促の距離や時間による機会損失を防いで、
売上を着実に伸ばしていく……本来、中小企業があるべき姿が、
この2012年の「OtoO」にはあるんです。

この新しい2012年のネットビジネスの流れを、
今年のカレンダーでは、結構、突っ込んでお話させてもらっています!

この他にも、ネットビジネスの世界で、
2012年に絶対に抑えるべきこと、起こりうることを、
40ページ以上にわたるレジュメで、丁寧に説明させて頂きます!

2012年に明らかに“カギ”となる、
「スマートフォン」の販促には時間を割かせてもらっていますし、

最新のSEOの情報から、
11月10日から変更されたヤフーリスティング広告対策、
他にも、アマゾンやヤフーショッピングの2012年の流れを、
カレンダーに付属するレジュメとセミナーCDで解説しています!

特に「楽天市場」に関しては、
広告の買い方から、メルマガ、フェイスブックに至るまで、
私の持っている情報のすべてを、セミナーCDにぶつけていますので、
ぜひぜひ、ネットショップ運営者は、気合いを入れて聴いてもらえればと思います!

「カレンダーにセミナーCDがついてくる」のではなく、
「セミナーCDに、おまけでカレンダーがついてくる」と思った方が、
もしかしたら、いいかもしれませんね!

<あと3日で先行販売終了!>
※なくなり次第終了となります。

2012年
「売れる販促企画・キャッチコピーカレンダー」

詳しくはコチラ!
http://e-iroha.com/calendar2012/

編集後記

実は、このカレンダーについてくる、
私の「CDセミナー」に関しては、
ちゃんとしたスタジオで収録を行っているので、
音源はメチャクチャいいんですね。

以前は、会場でやっているセミナーを、
そのまま収録していたのですが、
クルマの中で聴いたり、ipodで通勤中に聴く人が多いことを知って、
それなら、できるだけ音声がいいほうがいいと思い、

それで、このカレンダーCDに関しては、
スタジオで音声担当者をつけて、がっちり収録させてもらっているんです。

しかも、トラックをつけているので、
ネット業界の予測、キャッチコピーの予測、2月の予測、3月の予測・・・。

という具合に、
自分の状況にあわせて繰り返し聴くことができるので、
非常に使いやすいCDに仕上がっています。

もし、4年前にカレンダーを購入してCDを聴いた人で、
「音声が悪かったなぁ」と思った方は、
ぜひもう一度、今年度のCDで試してみてください!

70分、がっちり2012年の予測をさせてもらって、
いつものセミナー以上に熱く語っていますから、
新年早々、「やる気」が欲しい人は、ぜひ聴いて下さいね!

11月30日で、先行予約販売終了!

<定価17800円⇒先行予約価格8,800円>
※なくなり次第終了となります。ご了承ください。

2012年
「売れる販促企画・キャッチコピーカレンダー」
http://e-iroha.com/calendar2012/

著者/竹内謙礼

記事をご覧になって下さりありがとうございます、
よかったら気軽にコメントを書き込んでくださいね!

このエントリーをはてなブックマークに追加
rss
上矢印
ページTOPへ