• 竹内謙礼のボカンと売れる講座
  • セミナー
  • 著書
  • ボカンと売れる講座(メルマガ)
経営コンサルタント 竹内謙礼 > 竹内謙礼の公式メルマガ > ネットショップ運営 > アマゾンが2014年に始めるかもしれない「凄いこと」
  • アマゾンが2014年に始めるかもしれない「凄いこと」

こんにちは。いろはの竹内です。
さて、「予測カレンダー」の先行予約発売終了まで、

残すところ、あと3日となりました!

毎年、注文の入ったデータを見ながら、
「あっ、○○社長、注文してくれたんだ、ありがとう~」
「○○さんがこのカレンダー使ったら、絶対に売上アップするだろうな」
と、1件1件、注文で入ったお名前や会社名を見ながら、
想像を膨らませている今日この頃です。

■11月30日まで17,800円から限定価格『8,800円』
≪2014年度版≫
売れる販促企画&キャッチコピーカレンダー先行予約販売開始!
詳しくはコチラ!
https://e-iroha.com/calendar2014/

ということで、やっぱりここまで来たら、
2014年のネットビジネスに関する販売予測も、
お話したほうが良さそうですよね。

ということで、今回のメルマガではネットビジネスに関するお話をひとつ

ネットビジネスの2014年は吉と出るか凶と出るか

ご存知の人もいると思いますが、
先日、アメリカのアマゾンが、決済方法をオープン化させたんですね。

■ネット通販の決済がAmazonアカウントで可能に
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20131009_618706.html

これによって、自社サイトでも、
アマゾンのパスワードで商品が買えるようになると思います。

今回、アメリカで導入されたということは、
日本のアマゾンにも来年当たりから導入されるのではないでしょうか。

そうすると、自社サイトの運営者たちにとったら朗報ですよね!

来年当たりから50%のシェア越えるといわれるスマホユーザーたちは、
端末の特性から「住所を入力するのが面倒くさい」という理由で、
自社サイトよりも楽天やアマゾンにお客さんが取られてしまうケースが多かったですからね。

その人たちが、買い慣れているアマゾンのパスワードで購入できるようになれば、
一気に、自社サイトの買い物のハードルが下がりますので、
ビジネスチャンスは大いに広がると思いますよ。

決済手数料もアメリカでは2.9%と笑っちゃう料金なので、
これが日本のネット市場に導入されたら、自社サイトの運営が面白くなりそうですよね。

加えて、日本のネット市場ではヤフーショッピングが利用料0円を打ち出して、
10月に多くの話題をかっさらいました。

詳しくは私の「予測カレンダー」のレジュメで、
3ページほどに渡って詳しくレポートをまとめていますが、

結論から言えば、

「うまくいかないだろうな」

の一言に尽きると思います。

むしろ、「出店しないほうがいいんじゃないか」という思いもありますので、
ヤフーショッピングの0円問題に関して気になる方がいれば、ぜひチェックしてみてください。

で、最後に「楽天市場」なんですが、
楽天の優勝セールや価格の二重問題等で、
ジェットコースターのような10月と11月でしたが、
やっぱり、2013年は楽天市場の販促パワーを見せつけられた1年間だったと思います。

2014年の対策としては、

・楽天スーパーセールで“確実”に売上を作る
・難易度の増した楽天内SEOの攻略法
・広告の買い方と広告文の作り方

この3点に尽きると思います。
この3つのテーマに関しても、

今回の2014年の予測カレンダーにてがっちりレポートしていますので、
楽天市場に出店している人は、ぜひチェックしてもらえればと思います。

でも、これらのEコマースの「2014年」を追いかけて、
心の底で強く思ったのは、

2014年は競争がもっと厳しくなる、という感想でした。

この「予測カレンダー」を制作するために、
この7年間、ずっとネットビジネスのノウハウの動向を追いかけて続けているのですが、
今年に限っては、ノウハウ収集するのと解釈するのが、

例年の3~4倍きつかった印象です。

今までだったら「ネットビジネスのノウハウ全般」みたいな感じで、
容易にまとめられることができたんですが、

ひとつひとつのノウハウがあまりにも奥が深くなりすぎてしまって
とてもではないですが、オールマイティで情報が集められなくなってきました。

しかも、このノウハウや情報を一般のネットショップが完全にマスターするのは、
「不可能なんじゃないか?」と思ったのが本音のところです。

なぜならば、僕は情報を収集して、それを整理するだけでいいんですが、
この情報を使う経営者やスタッフの人は、「実践」して「検証」していかなくてはいけませんから、

とてもではないですが、物理的にそれを行うだけの時間は、
今の人件費を無駄にかけられないネットビジネスでは不可能だと思います。

いいですか?

ノウハウがきつくなるということは、
イコールで参入障壁が高くなることを意味しています。
つまり、今まで過当競争だったネットショップの市場が、

僕はそろそろ終焉に近づいてきているのかなぁと思ったりしています。

ある程度、競争も鈍化して、
売れる店は売れる、売れない店は売れない、といった感じで、
2014年あたりから整理されていくと思います。

そうなると、売上も少し安定してきて、
ライバルもそんなに出てこなくなって、
厳しい価格競争も底をついてきて、

爆発的に売上は伸びないものの、
落ち着いた経営ができてくるようになると思います。

でも、そのためには、“あと少し”を戦うための、
『情報』という武器をどれだけ持っているかにかかっていると思います!

「2014年がどうなるのか?」ということを、
ほんの少し予測して、ほんの少し知っているだけでも、
臨機応変に対応することができますからね。

2014年のネットビジネス、さらに面白くなると思いますよ!

※≪注意≫

今回のカレンダーの特集企画は、
『楽天市場タイプ別売れるお店の攻略法』
について特集しています。

■11月30日まで限定価格 定価17,800円→8,800円

【2014年版】
売れる販促企画&キャッチコピーカレンダー先行予約販売開始!

詳しくはコチラ!
https://e-iroha.com/calendar2014/

編集後記

ヤフーショッピングの「利用料0円」が、
なぜ、うまくいかないのかというと、
一番大きい理由は「タダだから」だと思うんですね。

タダだから、一生懸命やらない。
タダだから、どうでもいい。
タダだから、焦らない。

つまり、「タダ」というのは、いわゆる「無価値」なので、
結果的に、その人の“やる気”も生み出さなくなってしまうんですね。

これは、みなさんの「情報」に関しても同じことが言えます。

情報が「タダ」だと、一生懸命、知ろうとはしませんよね?
情報が「タダ」だと、どうでもいい情報だと思って真剣になりませんよね?
情報が「タダ」だと、みんな知っている情報だから焦らないですよね?

このように、情報に対してお金を払わない人は、
そもそも、情報に対しての価値を見下しているから、
いつまで経っても、ヤフーニュースやフェイスブックの情報を得ただけで、
「知ったつもり」で終わってしまうんです。

でも、情報に「金」をかけると、
それだけで「損してたまるか!」と思って真剣になりますから、
まったく情報を汲み取る姿勢が変わりますよね。

特にサラリーマンの人で、
「仕事ができる人」と「仕事ができない人」の違いは、ココなんだと思います。

自分に情報という「投資」ができるか、
それとも、それができずに、いつまでも自分に投資をしないで歳を取るのか。

後悔しない2014年を送るのは、自分自身が決めることだと思いますよ。

■売り切れごめん!

11月30日まで限定価格 定価17,800円→8,800円

【2014年版】
売れる販促企画&キャッチコピーカレンダー先行予約販売開始!

詳しくはコチラ!
https://e-iroha.com/calendar2014/

【このセミナーでもちょこっと予測話を披露します!】

大阪・12月2日 14:00~16:00
【緊急開催】ドカンと儲かる「ネット通販の鉄則」セミナー
http://www.osaka.cci.or.jp/event/seminar/201310/D41131202017.html

著者/竹内謙礼

記事をご覧になって下さりありがとうございます、
よかったら気軽にコメントを書き込んでくださいね!

このエントリーをはてなブックマークに追加
rss
上矢印
ページTOPへ